カテコールアミンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > アミン > カテコールアミンの意味・解説 

カテコールアミン [6] 【catecholamine】

分子内にカテコール構造をもつ生体アミン総称。ドーパミン・ノルアドレナリン・アドレナリンなどがあり,副腎髄質細胞,脳または末梢神経細胞生合成される。ホルモンとしてはたらくほか,神経伝達物質としても重要。

カテコールアミン

【仮名】かてこーるあみん
原文catecholamine

神経ホルモン神経細胞と他の細胞との間での信号伝達に用いられる化学物質)の一種。カテコールアミンはストレスへの反応に重要な物質である。分泌量が多くなると、血圧上昇することによって、頭痛発汗動悸胸痛、不安などが生じる。カテコールアミンの例としては、ドパミンエピネフリンアドレナリン)、ノルエピネフリンノルアドレナリン)などが挙げられる。

カテコールアミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/08 03:29 UTC 版)

カテコールアミン (Catecholamine) とは、一般にチロシンから誘導された、カテコールアミンを有する化学種である。レボドパや多くの神経伝達物質等(ドーパミンノルアドレナリンアドレナリン)及び関連薬物の基本骨格になっている。カテコラミンとも呼ばれる。




「カテコールアミン」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「カテコールアミン」の関連用語

カテコールアミンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

名古屋コーチン

訓練支援艦「てんりゅう」型

モノロフォサウルス・ジャンギ

三大始祖

探偵・映画

カロフィルム

京うちわ

300C





カテコールアミンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2018 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカテコールアミン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS