GetBackers-奪還屋-とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > アニメ作品 > TBS系アニメ > GetBackers-奪還屋-の意味・解説 

GetBackers-奪還屋-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/11 14:30 UTC 版)

GetBackers -奪還屋-』(ゲットバッカーズ だっかんや)は、『週刊少年マガジン』に1999年から2007年まで連載された漫画作品。原作は青樹佑夜、作画は綾峰欄人である。当初は一年程度で連載を終える予定だったが、最終的に約8年間連載が続くこととなった。全39巻。話数カウントは本編は「ACT-」、番外編は「REST-」。裏新宿を中心に依頼者の奪われた物を取り返す裏稼業・奪還屋『GetBackers』の美堂蛮と天野銀次のコンビの活躍とバトルを描いた少年漫画。2014年6月時点で累計発行部数は1800万部を突破している[1]


注釈

  1. ^ 『無限“Il,,奪還作戦』以降、現実世界投影型のバーチャルリアリティや、無重力合金などのSF設定が、出てくる。
  2. ^ 本編完結後にマガジンSPECIAL2009年3月増刊号で読み切りが掲載された。
  3. ^ これは、公式ガイド『THE LAST PEACE』の蛮の製作秘話のコラムで、最初『GB』を漫画『GTO』のような学園漫画にしようとしたかったらしく(蛮の夏着が学生の夏服のようであるのは、そのときのなごりである)、そのためそのときの設定がでたようである。
  4. ^ 花月は「戦慄の貴公子」と呼ばれ、花月と和解後の夜半の瞳からは、聖痕は消えていた。

出典

  1. ^ あの大人気マンガ「GetBackers-奪還屋-」がアプリで全巻無料!AppStore無料総合3位ランクイン!”. PR TIMES (2014年6月6日). 2020年9月23日閲覧。
  2. ^ アニメディア』2003年6月号の『TV STATION NETWORK』(p109 - 111)より。
  3. ^ 『富山新聞』2002年10月13日、2003年9月28日付各付朝刊、テレビ欄。
  4. ^ 『北國新聞』2002年11月3日付、2003年10月26日付各朝刊、テレビ欄。
  5. ^ 2002年10月18日、2003年10月10日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  6. ^ ボーダフォンライブ!向けに「Get Backers 奪還屋」のアクションゲーム 2024年6月11日閲覧。


「GetBackers-奪還屋-」の続きの解説一覧




固有名詞の分類

TBS系アニメ 笑ゥせぇるすまん  B''T-X  GetBackers-奪還屋-  無敵王トライゼノン  科学少年J.Q
2002年のテレビアニメ ヒートガイジェイ  HAPPY★LESSON  GetBackers-奪還屋-  フォルツァ!ひでまる  朝霧の巫女
毎日放送のテレビアニメ アニメ浪曲紀行 清水次郎長伝  三丁目の夕日  GetBackers-奪還屋-  無敵王トライゼノン  愛の戦士レインボーマン
アニメ作品 け 絢爛舞踏祭 ザ・マーズ・デイブレイク  ゲートキーパーズ  GetBackers-奪還屋-  源氏物語千年紀 Genji  幻影闘士バストフレモン
日本の漫画作品一覧 叫んでやるぜ!  桜蘭高校ホスト部  GetBackers-奪還屋-  アカギ  おきらく忍伝ハンゾー
漫画作品 け 幻想曲芸団  ゲートキーパーズ  GetBackers-奪還屋-  ケッチン  警視正 椎名啓介
東京を舞台にした漫画作品 東京アンダーグラウンド  三丁目の夕日  GetBackers-奪還屋-  アキハバラ@DEEP  八百八町表裏 化粧師

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「GetBackers-奪還屋-」の関連用語

GetBackers-奪還屋-のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



GetBackers-奪還屋-のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのGetBackers-奪還屋- (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS