ゲゲゲの鬼太郎_(テレビアニメ第2シリーズ)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ゲゲゲの鬼太郎_(テレビアニメ第2シリーズ)の意味・解説 

ゲゲゲの鬼太郎 (テレビアニメ第2シリーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/22 21:28 UTC 版)

ゲゲゲの鬼太郎』(ゲゲゲのきたろう)は、1971年10月7日から1972年9月28日までフジテレビほかで全45話が放送された、東映アニメーション制作のテレビアニメ。水木しげる漫画ゲゲゲの鬼太郎』を原作とする、妖怪アニメ作品のテレビシリーズとしては2シリーズ目に当たる。




注釈

  1. ^ 内訳は1972年3月16日に第2話「妖怪反物」、5月18日に第6話「死人つき」、6月8日に第10話「アンコールワットの亡霊」、7月6日に第15話「牛鬼」、8月3日に第23話「逆餅殺し」、8月31日に第8話「マンモスフラワー」、9月14日に第22話「地獄の水」の計7話分。
  2. ^ 第4話のみ大竹宏が代役したが、クレジット表記では「田の中勇」のまま、大竹はゲストとして表記された。
  3. ^ 初登場の第2話のみ前作に続いて小串容子が猫娘と二役で砂かけ婆を担当したが、本作で小串は猫娘役がメインになったため、砂かけ婆は第3話から新たに山本が引き継いだ。
  4. ^ 第19話は永井一郎が代役出演。永井は第1、第3シリーズではメインで担当しているが、本作ではこの19話のみゲストキャラと兼務し、他の回もゲストで全て違う役を担当している。また、はせさん治も第29話のみ代役出演した。
  5. ^ 本作では設定資料に新たに「やまびこ」という呼称も付けられている。
  6. ^ 前作同様に台詞無しでの登場が多く、台詞があるのは第30話のみ。他に12話で鬼太郎たちの仲間とは別の呼子が敵として登場し、声は富田耕生がゲスト出演で担当した。
  7. ^ ただし、第3・第4シリーズも劇場版では効果音が入ってる場合もあった。
  8. ^ 前作同様、実際に使用されているにもかかわらず曲の存在自体がクレジットされていない。

出典

  1. ^ 北海道新聞』(縮刷版) 1972年(昭和47年)3月 テレビ欄。
  2. ^ 『北海道新聞』(縮刷版) 1972年(昭和47年)4月 テレビ欄。
  3. ^ 河北新報』1972年7月11日 - 1973年7月3日付朝刊、テレビ欄。
  4. ^ 『河北新報』1972年1月6日 - 9月28日付朝刊、テレビ欄。
  5. ^ a b c 『河北新報』1971年10月7日 - 9月28日付朝刊、テレビ欄。
  6. ^ 福島民報』1976年1月8日 - 3月10日付朝刊、テレビ欄。
  7. ^ a b 北國新聞』1971年11月4日付朝刊テレビ欄より。


「ゲゲゲの鬼太郎 (テレビアニメ第2シリーズ)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ゲゲゲの鬼太郎_(テレビアニメ第2シリーズ)」の関連用語

ゲゲゲの鬼太郎_(テレビアニメ第2シリーズ)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ゲゲゲの鬼太郎_(テレビアニメ第2シリーズ)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのゲゲゲの鬼太郎 (テレビアニメ第2シリーズ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS