矢田耕司とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 芸能人 > 声優 > 日本の声優 > 矢田耕司の意味・解説 

矢田耕司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/04 05:40 UTC 版)

矢田 耕司(やだ こうじ、1933年4月15日[2] - 2014年5月1日[4])は、日本声優俳優東京都出身[2]青二プロダクション最終所属[3]。本名:矢田 弘二[1](やだ ひろじ)。


注釈

  1. ^ 海賊無双』(2012年)、『海賊無双3』(2015年)

出典

  1. ^ a b 『声優名鑑』、665頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  2. ^ a b c d e 矢田耕司(やだこうじ)の解説”. goo人名事典. 2020年1月20日閲覧。
  3. ^ a b c 矢田 耕司|株式会社青二プロダクション”. 2020年1月20日閲覧。
  4. ^ a b 声優・矢田耕司さんが死去 『ONE PIECE』ゼフ役などで活躍”. オリコン (2014年5月1日). 2014年5月2日閲覧。
  5. ^ 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、107頁。
  6. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集「激録!コメント星矢」『聖闘士星矢 アニメ・スペシャル』集英社、1988年7月13日、雑誌29939-7/13、120頁。
  7. ^ 声優・矢田耕司さんの追悼番組の放送が決定。5月19日20時30分~21時(Wayback Machineによる2014年5月13日時点のアーカイブ)”. アニメイトTV. 2019年1月10日閲覧。
  8. ^ ミュンヘンへの道”. メディア芸術データベース. 2016年8月8日閲覧。
  9. ^ ラ・セーヌの星”. メディア芸術データベース. 2016年9月27日閲覧。
  10. ^ 宇宙戦艦ヤマト2”. メディア芸術データベース. 2016年10月8日閲覧。
  11. ^ 宇宙空母ブルーノア”. メディア芸術データベース. 2016年11月27日閲覧。
  12. ^ フーセンのドラ太郎”. 日本アニメーション. 2016年8月2日閲覧。
  13. ^ 浮浪雲”. マッドハウス. 2016年5月20日閲覧。
  14. ^ 『第一部・英雄たちの夜明け』(1992年)、『第二部・長江燃ゆ!』(1993年)、『完結編・遥かなる大地』(1994年)
  15. ^ 『ブライ 八玉の勇士伝説』(1991年)、『ブライII 闇皇帝の逆襲』(1992年)
  16. ^ デッド オア アライブ』(1996年)、『++』(1998年)、『ULTIMATE』(2004年)
  17. ^ 『第1話 パレス陥落』、『第3話 正義の盗賊団』、『第4話 始まりのとき』
  18. ^ 『さらば宇宙戦艦ヤマト』(2000年)、『特打ヒーローズ 宇宙戦艦ヤマト タイピング拡散波動砲』(2001年)、『イスカンダルへの追憶』(2004年)、『暗黒星団帝国の逆襲』(2005年)
  19. ^ 『クイズマジックアカデミー』(2003年)、『2』(2004年)
  20. ^ 『テイルズ オブ グレイセス』(2009年)、『エフ』(2010年)
  21. ^ 『ドラゴンボールヒーローズ』、『ドラゴンボールヒーローズ アルティメットミッション』シリーズ(無印、2、X)、『スーパードラゴンボールヒーローズ
  22. ^ トランスポーター2”. 日曜洋画劇場. 2016年9月6日閲覧。
  23. ^ ハイブリッド給湯・暖房システム ECO ONE|CM&MAKING”. 2014年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月10日閲覧。


「矢田耕司」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「矢田耕司」の関連用語

矢田耕司のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



矢田耕司のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの矢田耕司 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS