杞憂とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 故事成語 > 出典別 > 列子 > 杞憂の意味・解説 

杞憂

読み方:きゆう

「杞憂」とは、心配する必要のない事や、心配してどうしようもない事を、あれこれ考えて悩むこと、要するに「無用の心配」「考え過ぎ」「取り越し苦労」を意味する表現である。

杞憂の語源と由来

「杞憂」は中国古典文献列子」の記述由来する故事成語である。

古代、杞の国に住む男が、「この天地崩落するようなことがあったらどうしよう」という不安に駆られ、心配のあまり寝食ままならず憔悴していた。周りの者は、そんなこと起こらないと言い聞かせて男を安堵させたという。

この「杞人の憂い」の話が、「心配する必要のないことを心配する」こと、または「心配してもしょうがない(心配したとてどうこうできるものではない)ことを心配する」こと、要するに「無駄に心配すること」「取り越し苦労」を端的に示す話として今日伝わっているわけである。

杞憂の類語、対義語

「杞憂」の類語としては、「取り越し苦労」、あるいは文脈によっては「悲観」などが挙げられる

取り越し苦労」は、確実に起きかわからないことを心配するという意味であり、「杞憂」とほど同義である。「杞憂」は中国由来故事成語、「取り越し苦労」は日本語表現である。

悲観」は、「悪い結果予想して気を落とすという意味においては「杞憂」と相通じる

「杞憂」の対義語反対語としては「楽観」や「呑気」などが挙げられる楽観は、物事良いように考える、という意味であり、呑気心配事がなく気楽であるという意味である。

杞憂の例文、使い方

杞憂の使い方を示す例文には、「胸騒ぎがするが、杞憂であってほしい」や「心配していたが杞憂に終わった」などがある。杞憂は、心配事実際には心配に及ばないことであってほしいと希望込めて言う場合や、心配していた物事何事もなく終わった安堵を表す際に使うことができる。

杞憂には、「杞憂かもしれないが、顔色が悪いようだ」のように、「余計なお世話かもしれないが」や「不要な心配かもしれないが」といった意味を持たせることもある。

杞憂を表す英語表現

「杞憂」に相当する1単語英語表現存在しないが、意訳するであれば「groundless apprehensions」「absurd fears」「groundless fears」といった具合表現することはできる。またお化けどのように根拠のなく漠然と怖いもの心配の種、などを表す語としては「bugbear」という単語挙げられる。「bugbear(バグベア)」は、イングランドウェールズ地方伝わゴブリン一種で、行儀よくない子供食べてしまうと言われており、転じて漠然と怖いものを表すときに比喩的に用いられる

き‐ゆう〔‐イウ〕【×杞憂】

読み方:きゆう

中国古代の杞の人が天が崩れ落ちてはしないかと心配したという、「列子」天瑞の故事から》心配する必要のないことをあれこれ心配すること。取り越し苦労杞人の憂え。「―に終わる」


杞憂

読み方:キユウ(kiyuu)

あれこれと無用な心配をすること


杞憂?

作者金堀常美

収載図書モカコーヒーを、ブラック
出版社新風舎
刊行年月2004.5
シリーズ名新風舎文庫


杞憂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 08:57 UTC 版)

故事」の記事における「杞憂」の解説

wikt:杞憂」も参照 杞の国に、天地崩れ堕ちて身の置き場無くなるのではないかと、夜も眠れぬほど心配した人がいた。このことから無駄な心配取り越し苦労のことを指して杞憂という。

※この「杞憂」の解説は、「故事」の解説の一部です。
「杞憂」を含む「故事」の記事については、「故事」の概要を参照ください。


杞憂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/04 01:15 UTC 版)

「杞」の記事における「杞憂」の解説

ウィクショナリー関連の辞書項目あります。杞憂 あり得ない事に極端に心配になったり取り越し苦労をすることを杞憂と言うが、これは杞に住むある男が、「いつか天が落ち、地が崩落して身の置き所無くなってしまうのではないだろうか」と心配して、夜も眠れ食事もとらなかったという故事由来する中国では昔、大地正方形で、四隅天柱という支えていると考えられていた)。杞人之憂。杞人憂天(中国語版)。出典『列子』。 表 話 編 歴 春秋戦国時代春秋時代戦国時代国 春十二列侯 斉(姜斉) 晋 秦 宋 衛 鄭 陳 蔡 曹 燕 呉 戦国七雄 斉(田斉) 燕 趙・代 魏 韓 他越 中山 杞 曾 邾 滕 唐 栄 単 沈 頼 英 六 庸 邢 萊 古蜀 西周公 東周公 戦闘 春秋泓水の戦い 城濮の戦い 邲の戦い 鄢陵の戦い 柏挙の戦い 晋陽の戦い 戦国桂陵の戦い 馬陵の戦い 鄢・郢の戦い 閼与の戦い 長平の戦い 統一戦争韓攻略 趙攻略 魏攻略 楚攻略 燕・代攻略 斉攻略 諸子百家 諸子孔子 老子 荘子 墨子 孟子 荀子 韓非子 孫子 列子 楊朱 百家陰陽家 儒家 墨家 法家 名家 道家 縦横家 雑家 農家 小説家 兵家 関連項目史記 春秋左氏伝 戦国策 春秋五覇 戦国四君 注釈^ 代は趙の亡命政権であり、秦に滅ぼされた。

※この「杞憂」の解説は、「杞」の解説の一部です。
「杞憂」を含む「杞」の記事については、「杞」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「杞憂」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

杞憂

出典:『Wiktionary』 (2019/11/06 00:26 UTC 版)

名詞

(きゆう)

  1. 将来のことについて、する必要のない心配をすること。根拠のない心配取り越し苦労。杞人憂天。

由来

関連項目

訳語


「杞憂」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



杞憂と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「杞憂」の関連用語

杞憂のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



杞憂のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの故事 (改訂履歴)、杞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの杞憂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS