永瀬拓矢とは?

永瀬拓矢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/09 07:22 UTC 版)

永瀬 拓矢(ながせ たくや、1992年9月5日 - ) は、将棋棋士安恵照剛門下。棋士番号は276。神奈川県横浜市出身。




  1. ^ a b 阿部健治郎・永瀬拓矢 新四段誕生のお知らせ(日本将棋連盟)
  2. ^ 第29回小学生将棋名人戦(日本将棋連盟)
  3. ^ 2011年6月5日放送NHK杯テレビ将棋トーナメントにて、司会・聞き手役の矢内理絵子談。
  4. ^ 永瀬拓矢四段が五段に昇段(日本将棋連盟)
  5. ^ 永瀬拓矢五段が六段に昇段(日本将棋連盟)
  6. ^ 将棋電王戦FINAL 第2局――人間側の連勝なるか Selene VS. 永瀬拓矢六段の見どころはねとらぼ2015年03月19日
  7. ^ 事前に研究し、プログラムの不手際でソフトが対応できない可能性があった「△2七角不成」を指した。なお、局面自体は成・不成を問わず永瀬勝勢であった。
  8. ^ Seleneが角成らず王手にまさかの放置で投了、第2局も人類・永瀬拓矢六段の勝利となる|将棋電王戦FINAL週アスplus 2015年3月21日
  9. ^ ただし第27期で3組から4組に降級しているため、昇段はしていない(昇段規定 日本将棋連盟。このケースは永瀬が初の適用となる
  10. ^ 2011年6月5日放送NHK杯テレビ将棋トーナメントにて、解説役の鈴木大介談。その後2012年10月7日放送のNHK杯テレビ将棋トーナメント、対木村一基戦でも千日手指し直し局が発生し、解説役の広瀬章人から「期待通りですね」と言われた。
  11. ^ a b 『永瀬流 負けない将棋』p.218
  12. ^ 研究をともにしている鈴木大介八段が、電王戦のニコニコ生中継で「ボーイ」と度々呼び、勝又清和六段もtwitterで「永瀬ボーイ」とつぶやいている(2015.3.21)。
  13. ^ a b c 努力に終わりはない/インタビュー 永瀬拓矢六段(第87期棋聖戦挑戦者) - マイナビ将棋情報局・2016年6月10日
  14. ^ 第87期棋聖戦中継ブログなど
  15. ^ 【棋聖戦】冷えピタ、スポーツドリンク20本も…舞台の島根・隠岐で大盤解説会 産経WEST(産経新聞社)、2016年7月14日(2017年8月14日閲覧)。
  16. ^ 東竜門〜関東若手棋士〜‏ @wakate_shogi 2017年9月6日付 (永瀬拓矢による)”. Twitter (2017年9月6日). 2017年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月20日閲覧。
  17. ^ a b 永瀬拓矢七段、ストイックな「軍曹」の原点はラーメン店の父…棋王戦5番勝負12日開幕”. スポーツ報知 (2018年2月6日). 2018年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月7日閲覧。
  18. ^ チョコレートにケーキ。「おやつ」で読み解く棋聖戦 《 前編 》 - 日本将棋連盟・2016年9月12日
  19. ^ 「バナ永瀬」「永瀬バナナ段」永瀬拓矢七段の圧倒的な“バナナ推し”に異名が続出 - AbemaTIMES・2018年3月29日
  20. ^ 棋士が一番怖いものとは? ~将棋年鑑2018 棋士名鑑アンケートより - マイナビ将棋情報局・2018年6月8日


「永瀬拓矢」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「永瀬拓矢」の関連用語

永瀬拓矢のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

山根ことみ

北村昌男

島朗

賀集正三

中村桃子

藤井猛

田中悠一

甲斐智美





永瀬拓矢のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本将棋連盟日本将棋連盟
Copyright(C) 2018 Shogi Association, All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの永瀬拓矢 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS