昇天とは? わかりやすく解説

しょう‐てん【昇天】

読み方:しょうてん

[名](スル)

天高くのぼること。「旭日(きょくじつ)—の勢い

キリスト教で、イエス=キリスト復活後40日目に天にのぼったこと。転じて、人が死んでその魂が天にのぼること。「安らかに—する」


昇天

作者内田百閒

収載図書旅順入城式
出版社福武書店
刊行年月1994.3
シリーズ名福武文庫

収載図書内田百閒
出版社国書刊行会
刊行年月1994.12
シリーズ名日本幻想文学集成

収載図書内田百閒集成 3 冥途
出版社筑摩書房
刊行年月2002.12
シリーズ名ちくま文庫


昇天

作者クリス・カーター

収載図書THE X-FILES STORIES 4
出版社徳間書店
刊行年月1996.8


昇天

作者志波乃香

収載図書あこといお
出版社新風舎
刊行年月2006.4


昇天

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 08:11 UTC 版)

昇天(しょうてん)




「昇天」の続きの解説一覧

昇天

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/01 10:08 UTC 版)

ロック・ボトム」の記事における「昇天」の解説

ブレーンバスター体勢担ぎ上げた相手の体を振り子のように旋回させながら、ロック・ボトム形で叩き付ける

※この「昇天」の解説は、「ロック・ボトム」の解説の一部です。
「昇天」を含む「ロック・ボトム」の記事については、「ロック・ボトム」の概要を参照ください。


昇天

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 16:34 UTC 版)

刀羅ナツコ」の記事における「昇天」の解説

ブレーンバスター体勢抱えてから前方落としつつ、ロック・ボトム形で首をフックして前方倒れ込みマット叩きつける技。

※この「昇天」の解説は、「刀羅ナツコ」の解説の一部です。
「昇天」を含む「刀羅ナツコ」の記事については、「刀羅ナツコ」の概要を参照ください。


昇天

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 15:19 UTC 版)

後藤洋央紀」の記事における「昇天」の解説

ブレーンバスター体勢担ぎ上げた相手の体を振り子のように旋回させながら、ロック・ボトム形で叩き付けるこちらの初期型の昇天は、マット・モーガン使用するマウント・モーガン・ドロップと同型で、振り子のように前に落下させた相手ロック・ボトムの様にマット叩き付ける。こちらは凱旋帰国当時フィニッシャーとして用いられたが、いつしか使用頻度減少し改良版主流化した

※この「昇天」の解説は、「後藤洋央紀」の解説の一部です。
「昇天」を含む「後藤洋央紀」の記事については、「後藤洋央紀」の概要を参照ください。


昇天

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/14 21:22 UTC 版)

イスラームにおけるイーサー」の記事における「昇天」の解説

イスラーム記述では、ローマ人ユダヤ人の手によるイーサーの磔と死を、明確に否定している。クルアーンでは、ユダヤ人イーサー殺そうとしたが、殺しはせず磔にもしなかった、しかし同様のものが彼らに示されたという。代わりにイーサー生き延びて神のもとに昇ったという。 「 "「わたしたちアッラー使徒マルヤムの子マスィーフ(メシア),イーサー殺したぞ」という言葉のために(心を封じられた)。だがかれらがかれ(イーサー)を殺したのでもなく,またかれを十字架にかけたのでもない。只かれらにそう見えたまでである。本当にこのことに就いて議論する者は,それに疑問抱いている。かれらはそれについて確かな知識はなく,只臆測するだけである。だが実際にはかれを殺したのでもなく,いや,アッラーはかれを,御側召されたのであるアッラー偉力ならびなく英明あられる。"[Quran 4:157158] 」 ムスリムの伝承によればイーサー替え玉とすり替わったのだという。その替え玉キレネのシモンだったのではないか、またイスカリオテのユダのような弟子ひとりであったのではないかとする説がある。イスマーイール派解説書一部合理主義者 (falāsifa) は、イーサーの体は磔にあったが、イーサー精神引き上げられたと主張する。しかし通常、この解釈否定されるイスラーム百科事典によれば、磔を主張する説は満場一致で否決されたという。M.ハイエクのような現代注釈者は、韻文解釈し、磔が「彼ら(つまりユダヤ人)にはこのように思えた」のだと述べている。 ムスリムであるイラン人映画監督が「イエス十字架つるされず、イエス裏切ったイスカリオテのユダ代わりに十字架掛けられ死んだ」という設定映画作り話題になることもあるなど、イスラム教徒の間で「イーサーは磔にあっておらず、代わりにユダ処刑された」という話は広く信じられている。

※この「昇天」の解説は、「イスラームにおけるイーサー」の解説の一部です。
「昇天」を含む「イスラームにおけるイーサー」の記事については、「イスラームにおけるイーサー」の概要を参照ください。


昇天

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 02:24 UTC 版)

山崎竜二」の記事における「昇天」の解説

アッパーカットを出す。攻撃判定が2回出現する。『餓狼3』ではしゃが強パンチだった。

※この「昇天」の解説は、「山崎竜二」の解説の一部です。
「昇天」を含む「山崎竜二」の記事については、「山崎竜二」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「昇天」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

昇天

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 04:43 UTC 版)

名詞

しょうてん

  1. 昇ること。天界旅すること。
  2. 死ぬこと。死亡召天
  3. 性的絶頂達すること。

発音(?)

しょ↗ーてん

動詞

活用

サ行変格活用
昇天-する

派生語


「昇天」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

昇天のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



昇天のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの昇天 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのロック・ボトム (改訂履歴)、刀羅ナツコ (改訂履歴)、後藤洋央紀 (改訂履歴)、イスラームにおけるイーサー (改訂履歴)、山崎竜二 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの昇天 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS