4組とは? わかりやすく解説

4組


4組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/17 04:17 UTC 版)

UEFA EURO '92予選」の記事における「4組」の解説

順位チーム勝点試合勝利引分敗戦得点失点1 ユーゴスラビア3 14 8 7 0 1 24 4 2 デンマーク3 13 8 6 1 1 18 7 3 北アイルランド 7 8 2 3 3 11 11 4 オーストリア 3 8 1 1 6 6 14 5 フェロー諸島 3 8 1 1 6 3 26 試合結果 1990年12月9日 フェロー諸島 1 - 0 オーストリア 1990年9月12日 北アイルランド 0 - 2 ユーゴスラビア 1990年10月10日 デンマーク 4 - 1 フェロー諸島 1990年10月17日 北アイルランド 1 - 1 デンマーク 1990年10月31日 ユーゴスラビア 4 - 1 オーストリア 1990年11月14日 デンマーク 0 - 2 ユーゴスラビア 1990年11月14日 オーストリア 0 - 0 北アイルランド 1991年3月27日 ユーゴスラビア 4 - 1 北アイルランド 1991年5月1日 ユーゴスラビア 1 - 2 デンマーク 1991年5月1日 北アイルランド 1 - 1 フェロー諸島 1991年5月16日 ユーゴスラビア 7 - 0 フェロー諸島 1991年5月22日 オーストリア 3 - 0 フェロー諸島 1991年6月5日 デンマーク 2 - 1 オーストリア 1991年9月11日 フェロー諸島 0 - 5 北アイルランド 1991年9月25日 フェロー諸島 0 - 4 デンマーク 1991年10月9日 オーストリア 0 - 3 デンマーク 1991年10月16日 フェロー諸島 0 - 2 ユーゴスラビア 1991年10月16日 北アイルランド 2 - 1 オーストリア 1991年11月13日 デンマーク 2 - 1 北アイルランド 1991年11月13日 オーストリア 0 - 2 ユーゴスラビア 註3 ユーゴスラビア本大会進出決めたが、同国に対して内戦激化により世論非難強まっていた。1992年5月30日国際連合安全保障理事会決議757号が採択されユーゴスラビアスポーツ含めたあらゆる国際交流禁止したことを受けて欧州サッカー連盟 (UEFA)は同国大会出場禁止し代替として2位となっていたデンマーク大会出場する事になった。

※この「4組」の解説は、「UEFA EURO '92予選」の解説の一部です。
「4組」を含む「UEFA EURO '92予選」の記事については、「UEFA EURO '92予選」の概要を参照ください。


4組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/07/15 04:01 UTC 版)

UEFA欧州選手権1980予選」の記事における「4組」の解説

順位チーム勝点試合勝利引分敗戦得点失点1 オランダ 13 8 6 1 1 20 6 2 ポーランド 12 8 5 2 1 13 4 3 東ドイツ 11 8 5 1 2 18 11 4 スイス 4 8 2 0 6 7 18 5 アイスランド 0 8 0 0 8 2 21 試合結果 1978年9月6日 アイスランド 0 - 2 ポーランド 1978年9月20日 オランダ 3 - 0 アイスランド 1978年10月4日 東ドイツ 3 - 1 アイスランド 1978年10月11日 スイス 1 - 3 オランダ 1978年11月15日 ポーランド 2 - 0 スイス 1978年11月15日 オランダ 3 - 0 東ドイツ 1979年3月28日 オランダ 3 - 0 スイス 1979年4月18日 東ドイツ 2 - 1 ポーランド 1979年5月2日 ポーランド 2 - 0 オランダ 1979年5月5日 スイス 0 - 2 東ドイツ 1979年5月22日 スイス 2 - 0 アイスランド 1979年6月9日 アイスランド 1 - 2 スイス 1979年9月5日 アイスランド 0 - 4 オランダ 1979年9月12日 アイスランド 0 - 3 東ドイツ 1979年9月12日 スイス 0 - 2 ポーランド 1979年9月26日 ポーランド 1 - 1 東ドイツ 1979年10月10日 ポーランド 2 - 0 アイスランド 1979年10月13日 東ドイツ 5 - 2 スイス 1979年10月17日 オランダ 1 - 1 ポーランド 1979年11月21日 東ドイツ 2 - 3 オランダ オランダ本大会進出

※この「4組」の解説は、「UEFA欧州選手権1980予選」の解説の一部です。
「4組」を含む「UEFA欧州選手権1980予選」の記事については、「UEFA欧州選手権1980予選」の概要を参照ください。


4組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 14:16 UTC 版)

アホリズム」の記事における「4組」の解説

朝長出(ともなが いづる) 「盗」 4組の生徒。「襲撃時に日向存在気づいた、4組の異様な集団性作り上げた「首謀者」入学初日文字得た力を試すため、担任眼球奪い窓の外転落させ殺害その後担任代わって4組を支配すること宣言し生徒自身への絶対服従を迫る。見せしめとして逃げようとした者の足を奪いその後「始」の怪物食わせる。その他、逃げよう迷っていた女子生徒の脳を奪い殺害。現在、その恐怖政治のもと、4組を支配している。人を殺すこと何の躊躇いもなく、自身背いた裏切ったりした者は躊躇なく始末する。4組の秘密日向ばらした辰巳声帯奪い喋れなくしてしまう同時に辰巳と共に朝長から離反した尊川の眼球奪い辰巳のことを見ることができなくした。 その目的は、兄を殺した学校に対する復讐である。9歳離れた兄「悟(さとし)」が鹿に進学したまま、卒業した後も帰って来ず、たまに家にかかる電話の兄が大好きだった野球のことも忘れてしまったため、違和感持ちインターネット図書館使って兄の行方真相探し始める。この時掲示板書き込みに「決起」というタイトル発見し遺族集会参加し鹿の犠牲になった生徒たち死体集められる巨大遺棄場を発見する。それからは、学校にも通わず、遺棄施設毎日侵入し7年もの歳月経て兄の遺骨発見する。それが丁度高校進路決め時期であり、学校への入学、そして復讐決意する。 実は鹿での凶行は、学園管理を担う人間へのアプローチでもあり、非道に走ることで学校上層部動かすことが狙いだった(この場合日向が行った管理官である姉への報告協力要請である)。 非道で冷酷抜け目ない性格だが、自分の思い通りにならないことに対して癇癪起こしたり自分以外の人間見下し自分の絶対性を信じるなど、幼稚とさえ言える身勝手さを持つ。また、自分見下してる「他のゴミ」たちが自分に怯えて踊り争い合うのを楽しんでいる節もある。しかし、どれだけ歪んでいても、兄に対する気持ち本物である。 入学当初から様々な非道尽くし自分に有利な展開を作ってきたが、隔離型「夢」もう一人の黄葉戦い右腕斬り飛ばされる一時はりょうが庇ったため逃げることができたものの、すぐに倒れたりょうを保護した黄葉追いつかれ、「夢」支配者成り代わっ黄葉「夢」中に幽閉される。その後現実では黄葉心臓奪い自分の物としたが、「夢」閉じ込められる際に「まだ終わらない」ことを叫び続けた文字は額(左目の上)に「盗」。能力は、選んだ対象から朝長望んだ部分手中瞬間移動させること。範囲広く教室前から一番後ろまで届くほど。使用はいくつ制限があり、視認出来対象にしか発動できない。ただし、見えずとも対象の持ち物であれば発動可能(臓器手の中隠したものなど)。また、日向曰く、必ず射程距離がある模様。さらに「盗」むものは手で掴むことができるものに限り、「盗」むというイメージ必要なため、手が無いもしくは何らかの理由で使えない状態だと、能力発動は困難。 辰巳大助(たつみ だいすけ) 「戟」 4組の生徒で、朝長取り巻き一人。4組では「朝長に最も忠実と言われており、自己保身のために積極的に朝長協力していた。が、それはあくまで朝長に対する恐怖心からであり、内心では朝長支配、または朝長強要される卑劣非道を非常に嫌っており、罪の意識苛まれる。 「」の一件で、志絵と早乙女行った仕打ち日向目を付けられ脅迫めいた尋問をされ、4組の実情一部話してしまったために、朝長に喉を潰されてしまう。これ以降完全に4組(朝長派閥)とは離反し朝長討伐のために日向たちと行動を共にする基本的に保身的な性格で、朝長密告バレるまでは自分の優先行動していた。一方で大切なもののために死の恐怖抗っ立ち向かう勇敢さ持っており、単純に臆病者とも言い切れない本人秘密にしているが、可愛いもの好きでペンギン化した黄葉のことを非常に気にしている。 尊川のことが好きらしく、4組にいた頃から能力使えない彼女を守って戦い普段の生活でも一緒にいることが多い。朝長との抗争でも、何かと彼女の身を気遣っており、信頼は厚い。尊川も辰巳想って行動することが多く相思相愛と思われる文字は「戟」。能力は戟を出現させる。この戟はハルバードのような形状しており形状的にかなり重量ありそうなのだが、それを片手軽く扱う大多数武器使い能力者出現させるのは1振りなのに対し辰巳は2振り出現させる。 尊川しずな(みことがわ しずな) 「正」 4組の生徒で、朝長取り巻き一人。しかし、朝長に従っているというよりは朝長に従う辰巳ついていると言った方が印象的に適切だと思われる入学前鹿の実態知らなかった下記に詳細しているが、能力使えず暴力好まない性格のために、蝕や他の生徒に対して無力有事の際には辰巳守られてここまで生き残ってきたため、辰巳慕い献身的に接する。一方で脅威に対し辰巳に頼るしかない自分恥じてもいる。辰巳朝長裏切った際には、心から辰巳を心配し、彼とともに日向たちについた争いごと向かない穏やかな性格だが、辰巳のためにもなると思い朝長支配下行動していた。愛称は「ミコ」「ミコちゃん」。大沢を始めとした4組女子の中でそれなりに友好関係築き好かれていた模様辰巳離反後はアイラたちに保護されることになるが、朝長取り巻きたちに護衛となっていた1組メンバー連れ出されその間朝長眼球奪われ失明する文字は「正」。文字決め儀式の際「戦うための文字聞いて、「正」しいことをすればいいのかな」という理由で決めたが、「正」という文字になんのイメージ持てなかったために、能力使用ができなかった。しかし、もう一人の黄葉の助言によって、イメージ得て能力使えるようになる。「正」は「征」の原字であり、元は征圧の意を持つ。このことから命令した事柄相手強制させる、行動強制の帳と同じ系統の力を使えるようになった後に義眼入れるようになる向井りょう(むかい りょう) 「囮」 4組の生徒朝長に従う生徒一人のはずだが、唯一朝長のことを「イヅルくん」と親密そうに呼び朝長も彼女に対しては少し気にかけたような態度を取る。 実は朝長幼馴染朝長少年期鹿で死んだ兄の遺骨探していた時に世話になっていた「向井先生」の姪で、毎日叔母の元へ通う朝長に何かを思ったのか、朝長協力して遺骨探し手伝ようになった。 骨探し手伝ううちに、どのようなことがあったのかは不明だが、朝長力に屈して力を貸す他の4組の生徒とは違い唯一朝長のことを大切に思い朝長純粋に想って行動する「夢」もう一人の黄葉朝長戦った際には、黄葉の剣撃から朝長庇って重傷負い朝長逃がしたこの時黄葉朝長助けること懇願している。 文字は「囮」。能力対象の腕に腕輪付け、その腕輪対象に付いている間は対象周辺にいる者の攻撃全て対象に向かう。これは触でも人間でも同じで無作為に投げたゴミですら対象に向かう攻撃力持たないが、発動すればあらゆる攻撃自分襲わなくなるため、袴田の「」に匹敵するほどの防御性能見せる。腕輪複数出すことが可能のようで、さらに地面打ち込んだ腕輪を繋ぐ鎖とセットで出現させるともできる効果数時間経つと自動的に解かれる模様。 帳秀人(とばり ひでひと) 「操」 4組の生徒で、朝長取り巻き一人性格は非常に保身的で卑屈言うことさえ聞いていれば、殺されいどころ守ってもらえることから脅えながらも朝長に従っている。 袴田曰く、「どっかに消えたバカ思い出す(久我のこと)」「お前のことスゲー嫌い」。朝長との抗争終盤では、尊川と鉢合わせ、「役立たず」と下に見るが、「正」の力で下される「夢」では、ノア、尊川と組になるが、直前に尊川が朝長からの制裁覚悟自分巻き添えにしようとしたために、尊川に恐怖狂乱する。その後「夢」本体能力使おうしたためノアに手を射抜かれる。自業自得でしかも情けない面が目立ち中々吉事恵まれない文字は「操」。能力対象の人の意識奪い意のままに操ること。しかし操る対象一人に限られているらしい。 朝永がいなくなった後も、朝永に対して非常に怯えている様子で、教室で「待機」していたり、朝永幻覚見て、「変」の能力をもつ潤目迫ったりと、普通に戻ったクラスにも馴染めないでいた。そんな最中の「国」出現において、朝永幻覚受け入れようとした結果、「国」の住人に文字繋いだ兵器改造されてしまい、辰巳によって絶命した。 潤目春臣(うるま はるおみ) 「変」 日向同じく政府調査員温厚そうな雰囲気だが、徹底的な合理主義者で人の感情などを軽視して人間性がないとも評される日向以上の知識持ち主だが、立場日向予備人員でそのこと不満に感じており、宝来抗議して日向と同じ権限手に入れた。 元々鹿の卒業生だった母親遺志継いで、人の役に立つことを望んでいたが、空の島見える人間として政府による行動規制差別遭って歪んでしまった。管理官弟という立場から優遇されているにもかかわらず不満ばかり口にする日向嫌っている。朝長のことは気に入っていた。文字黄葉同じく、「変」。文字に対する知識黄葉以上なため物を変化させる死体変るなど多彩な使い方をする。広末信也(ひろすえ しんや) 4組の生徒で、朝長取り巻き一人他の生徒違い好きで朝長協力している。入学式の日、朝長服従迫った際、最初に名乗りを上げた。同じ4組の生徒でも、未だに彼が文字使っているところを見たことはないらしい。また、朝長の死後意味ありげなシーンがあり、日向も彼を疑っている。実は潤目変身した姿で本物広末鹿の生徒ではない。 大沢チサト(おおさわ チサト) 「刀」 ツインテール特徴少女文字アイラ同じく、「刀」。ただし形状異なっており、2本小太刀である。 朝長命令により、同じ文字を持つアイラ朝長立ち会いのもと一騎討ち行い経験をイメージ補った戦いで勝利するかに思われたが、アイラ経験には敵わず、敗退した。その直後朝長殺されになった所をアイラ救われ「夢」後に和解した。 尊川とは友達同士であり、離反した時も気に掛けていた。本来は面倒見の良い性格ある様子。 香田(こうだ) 「壁」 文字「壁」日向曰く朝長腰巾着だったが、彼の死後今後どうやって自分達の罪を償っていくか考えていたり、朝長庇って重傷負ったりょうを看病したりと、根は真面目な様子

※この「4組」の解説は、「アホリズム」の解説の一部です。
「4組」を含む「アホリズム」の記事については、「アホリズム」の概要を参照ください。


4組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 15:02 UTC 版)

ぼくはガリレオ」の記事における「4組」の解説

4つクラスの中で一番待遇悪く落ちこぼればかりが連なり他のクラスからはダメクラスだと馬鹿にされている。しかし実際には個性的な生徒多く揃っており、神からも面白クラスだと期待されている。 ガリレオ〔ガリレオ・ガリレイ〕 本作主人公神になるという夢を実現するため、山頂にあるガウディ神様学校目指そう冒険出かける少年。頭に角が生えており、角がなくなると死んでしまうという噂があるが、その真偽不明な上に本人すら知らない極度の天然ではある純粋な心を持ち正義感はかなり強い。身体能力の高さは凄まじく、第1話ではほぼ垂直となっている崖を駆け降りていた。裏拳を得意とし、必殺技両手使って裏拳正拳連続攻撃与える「うらうら拳」。好きで、たとえ誤ってでも踏み潰そうとした人間には容赦しない。そしてとても寝相悪くイビキもかなりうるさいため、同じ部屋のツナヨシは半ば迷惑がっている。 両親悪魔殺された過去持ちその場駆けつけた際に悪魔から襲われかけたところを神に助けられたことで神を目指すうになる入学1次試験では、合格の鍵であるリンゴ食べてしまい非常に不利な状況での開始となるが、ツナヨシとの協力でなんとか合格する2次試験では学校側不手際で失格にされるも、神の用意した敗者復活試験唯一合格して神様学校へと舞い戻った1組シゴキと思われる光景目撃しイッサにG技を食らわそうとするゴーギャン止めようとGの能力目覚めたクラス3番目)。 拳を巨大な鋼鉄の拳に変化させて攻撃する「Gーパン」というG技を使う。これの応用技として2つの拳を使う「W・Gーパン」も使えるまた、ゴーギャンのGの力を受け継いだ際に背中光の翼生え、「神のGーパン(ゴッドのGーパン)」という合体技繰り出した。その威力狙った相手だけでなく、周囲の地面クレーター状に吹き飛ばすほど凄まじい(しかしドラクロアはそれを受けても物ともしなかった)。 どういう訳か悪魔としての能力同時に併せ持っており、その技は「Dーパン」。技自体はGーパンと殆ど同じだが、威力遥かに上。更にD技とG技を同時に出した時にのみ発動可能なGODパンチ」により、悪魔王ドラクロア勝利した最後に繰り出した必殺技ゴッドG」は、手刀を払うことによって対象一刀両断にできる。 時折一度スイッチが入る性格変わる。髪の毛全体逆立ち悪魔のように好戦的な性分変貌する。この状態では悪魔の能力・D技を使え全体的な能力パワーアップするものの人として心を失ってしまい、見境無く人を襲う野獣と化すまた、通常以上に体力を消耗するのか、元に戻った際に気を失ってしまうことも多い。実は「ツノ一族の子孫で古代の昔、悪魔の女人間の男が禁断の恋落ちた結果生まれた半族であり、特殊な頭を持つツノ一族片割れ1人ドラクロアとの戦い制したガリレオ新し神の青年になったツナヨシ〔徳川綱吉〕 サングラス頭の上にかけているのような生き物実家相当な金持ちで、生徒手帳は父にオークション買ってもらった入学試験は金で解決しようとしていたが、ガリレオの心に触れて改心したずる賢い所こそあるが根はいい奴。力は弱く結構な鈍足らしい。神になるには「力以外に優秀な頭脳も必要」というのが持論だがこれといって優秀という訳ではない。4組の授業についていけず落ちこぼれとなっているが、徹夜で勉強に励むなど努力家一面もある。また、彼のオナラの臭いは強烈実家世界屈指の超大企業・イエヤスカンパニー。父・イエヤスから甘やかされていたがそのせいでワガママになってしまい、「会社継がせるのは無理」とイエヤス見放されていた。家で自分中心に動いている環境全て虚像で、自分は父の権力ワガママ振舞っているだけのダメな奴という現実に気づき打ちひしがれていたがふとテレビで神の活躍を目の当たりにしたことで影響されダメな自分変えるために神様学校入学したクラス分けでは唯一ゲームを行うことなく終了してしまい(マグリット曰く1人余った)、どのクラスに入るか選択できる権利与えられたため迷うことなく1組選ぼうとするも1組面々の圧に怖気づき自主的に4組を選んだクラス対抗能力テストの代表に自分絶対に選ばれないという安心感から、偶然クラス5番目にGの能力目覚めたシューベルト曰くGは身も心もリラックスをしている状態こそ、発動する可能性が高い)。 Gの能力オナラのように、お尻からその場にいた全員倒れてしまうほどの強烈な悪臭を放つ女神吐息にぎりっぺバージョンもある)」。また、応用技としてオナラ噴射攻撃を仕掛ける女神くしゃみ」がある。 車の運転をすることも出来、「峠のクロヒョウ」と呼ばれてたらしいが、真偽不明1組半数入れ替わってガリレオたちと同行した悪魔軍討伐遠征でもバス運転していた。 第1回人気投票では連載第1話から登場していたにも拘わらず、第11位という結果終わったちなみに10位はリンゴ)。 アシモフ〔アイザック・アシモフ〕 北のプーシキン王国から来た剛腕持ち主初対面ガリレオから、危うくてんとう虫踏みかけたことで吹っ飛ばされるもてんとう虫踏もうとしたことを謝罪し、すぐに和解身体も心も大きく分析力が高い。スキンヘッドサングラスヘッドホン装着している。 クラス分けの「大岩宝探し」で偶然にも因縁の相手だったパブロフ当たり、その際にガイアモンド鉱山事故両親失った過去明らかにされる慎ましく正直に生きる者たちが幸せになれない悲し世界変えることをその時に誓ったパブロフに対し「お前など殴る価値もない!」「もし故郷兄弟手を出した絶対に許さないと言い放ち1組カード譲って自ら4組を選んだ譲った直後セルバンテス3組カード取られてしまった)。沢山の弟や妹がいて、家族全員が彼と同じくサングラスをしている。 最初のGのテストでは壁の反射利用してアガサヒットさせ、5人目合格者となった理論的な考え挟みながらGの自主トレ励んだ結果クラス4番目にGの能力目覚めた全身頑丈な岩へ変化させる巌窟王」という攻撃・防御共に優れたG技を使う。 クラス代表能力テスト・4組代表に選ばれた1人1回戦3番目で同じく頭脳派キュリー対戦するも、一枚上手だった女に敗北作者曰く当初キャラ設定はオカマキャラだった。 オキタ〔沖田総司〕 左の目に傷があり、頭に手拭巻いている。常にチュッパチャプス咥えていて、腕を組むのが癖。入学第1試験一瞬クリア気性荒く力持ちだがガリレオ同様頭は弱いものの(ガリレオよりは常識人)、真っ直ぐな性格道理に合わない事が大嫌い当初はガリレオバカにしていたが、ある一件を境に友情生まれる。小さい頃悪魔から攫われた妹・ヒミコ取り返そう神様学校入学したそのため女子優し一面見受けられるクラス分け競技は「瓦割り」。だがガリレオとの戦いで右手ダメージ残っていたことで全力出せず、下の瓦を2枚割るのが精一杯だったため4組となった最初のGのテストでは何をやるにも空回り最終的にユングから一撃当てられてしまい、失格クラス対抗能力テストでは他の生徒と共に応援回っていた。 悪魔ダヴィンチによって(妹に変身していた事で)騙され学校の門を開けて侵入させるきっかけ作ってしまった。これに激怒してGの能力目覚めるクラスで6番目)。しかしあっけなく弾き返され敗北。 Gの能力は拳に炎の力を宿らせて発動するパンチ技「炎ボンバイエ(バーニングボンバイエ)」。千年バトルアンデルセン対戦中に彼女の正体洗脳された妹のヒミコである事を知って戦意喪失し完全に主導権握られる。だが必死で彼女を自分の妹だと信じ続けた末に洗脳が解かれ、ヒミコとの再会果たしたベル〔アレクサンダー・グラハム・ベル〕 羽をつけたニット帽で右の目を隠している不良っぽいが、本当は優しく真っ直ぐでとても熱い性格。裏をかくセコい戦法を嫌い、神様になるならたとえ負けていいから正々堂々と戦うべきと考えているシャガールとはピサロという同じ国の出身で、幼馴染間柄だった。国自体貧しかったものの彼自身領主の家に生まれていたため、何不自由無く暮らしていたがある日貧しい者の現実知り不平等な世の中変えよう神になる決意を固めた一族刃向かう事が多かったため、一族からは面汚し馬鹿にされていた自身の一族起こした乱開発によってシャガールの家と家族奪ったことに、強い負い目罪の意識抱いている。 最初のGのテストではグリム狙い定め一瞬クリア1人目の合格者となったシューベルトに対する怒りからクラス最初にGの能力目覚めた。Gの能力は、殺傷能力が高い翼であらゆる物を切り裂きながら飛び回る「光る翼(シャイニングウイング)」。 クラス対抗能力テスト・4組代表に選ばれた1人1回戦始めゴーギャン対戦するも、行動全て読まれてしまい敗北作者曰く当初は「4組に在籍している生徒1人」ぐらいにしか考えてなかったらしい。 シャガール〔マルク・シャガール〕 黄緑帽子チョッキ白い手袋をはめている。大人しい性格戦い苦手だが、本当は芯の通った心の強さ備えているとても心の優しい少女ゲーテ仲が良い様子ベルとはピサロという同じ国の出身で、幼馴染間柄だった。国自体が非常に貧しかったため病気の母を抱えながら、貧相な暮らし送っていた。 しかしベル一族による乱開発によって立退き強制されベルの兄・バスキア無茶苦茶建物取り壊し行ったことで逃げ遅れた母が建物下敷きにされてしまい、家と家族同時に失った最初のGのテストでは注意散漫になっていたレンブラントの隙を見て簡単にヒットさせ、7人目の合格者となったシューベルトから刺激を受け、襲いかかるに対する恐怖心によりGの能力目覚めたクラスだと2番目)。Gの能力敵の攻撃防御するための壁を出す防御技ピサロ壁」また、派生技としてドミノ状に並べた壁を連鎖的に倒す「ピサロの壁の崩壊」もある。 クラス対抗能力テスト・4組代表に選ばれた1人1回戦2番手でワシントン対戦し機転利かせて勝利を収めた登場初期地味な存在だったが、作者曰く元々活躍させる予定だった(担当からは最初男の子勘違いされた)。 ゲーテ〔ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ〕 生真面目性格争い好まない美しい心を持っている少女力でねじ伏せることが神になる近道なのかを悩み、主に強さ求められている神様学校やり方に対して疑問感じている節がある最初クールな性格だったがガリレオたちと関わっていく中で段々と笑うようになり、感情豊かになった。金髪のショートヘアー碧眼で、右目前髪隠しているクラス分け遊びのような競技決めていいのかと疑問抱いていたが、「この程度勝負勝ち抜けなければ神になるのは不可能だと言うことだ」とアシモフに諭された。 クラス分けの「リンゴ大食い勝負」で何とか4組に食い込めたものの、体型太っちょ変わってしまった(すぐ元に戻った)。 こちらも頭脳派1人最初のGのテストではミレーの隙を突き簡単に合格した2人目の合格者となった)。 イソップ〔イソップ〕 大き眼鏡をかけ、顔が描かれている帽子被った少年魔法を得意とする未熟な面も多い。第1試験リンゴ魔法で2個に増やし戦わずしてクリアした。物を宙に浮かべ魔法大幅に体力を消耗するため、使用後ヘトヘトになる。 クラス分けでは魔法で「走り幅跳び」をしてわずか80cmしか跳べなかった。だが踏み切りミスがいたことで何とか4組になれた。 最初のGのテストでは魔法の力サルトルの頭にボール当て4人目合格者となったモリエール〔モリエール〕 青色の髪で左目を髪で隠しているインテリ系な青年挑発的な性格頭の悪いガリレオオキタ馬鹿にしているが、神を目指す気持ち他の同級生負けておらず熱い心の持ち主。また共に戦った者を労うスポーツマンシップ則った礼儀弁えているなど口は悪いが良い一面もある。 最初のGのテストではガリレオ最後の2人まで残って1対1戦いとなるも、ガリレオ裏の裏かかれて失格になったイモコ〔小野妹子〕 両サイドシニヨン円らな瞳大きな顔小太り体型身長低さなどバランスの悪い体型持った少女普段はぶりっ子だがキレる途轍もない力を発揮するかなりの不細工で鼻が強調されており、鼻息は荒い。赤いセーラー服着ている。アガサとは相部屋で、よく行動を共にしている。 最初のGのテストではロッシーニとツナヨシを同時に倒し、9人目合格者となったムサシ〔宮本武蔵〕 体格のよいリーゼントトレードマークチンピラ風な男。パワー抜群で良いフットワーク持ち主だが、うっかり屋で不注意が多い。顎がややしゃくれていて下睫毛特徴的最初のGのテストではボール真っ先に失い焦り原因でポーボール当てられ失格になった能力テスト頑張ってくれた5人に対してつい(負けてしまった事で)暴言吐きオキタ殴り飛ばされた。 サルトル〔ジャン=ポール・サルトル〕 小太りおかっぱ。髪から全身にかけ緑色衣装ピンクはらまき巻いているマグリット担当した試験会場試験を受けていた(クラス分け際は徒競走」だった)。一人称は「ワシ」。 他人バカにしたり能力テスト頑張った5人にダメ出しするなどどちらかと言えば嫌な奴。しかし根は優しい一面もある。 最初のGのテストではイソップ魔法気づけず、頭にボール当てられ失格ロッシーニ〔ジョアキーノ・ロッシーニ〕 小麦色の肌が特徴で、インド僧侶思い出させるような風貌持った少年無表情に見えて外そうでもなく、フットワーク抜群クラスの中だと台詞は多い。モリエールとはよく行動を共にしている。 最初のGのテストではイモコ相手に、ツナヨシと同時に倒され失格になったアガサ〔アガサ・クリスティ〕 両サイドパーマかかったシニヨン、左に生やした小さ前歯トレードマーク小柄な女子だが性格生意気。柔らかい体を持ち俊敏性がある。チャイナ服着ている。 最初のGのテストではアシモフ裏の裏をかかれ、ボール当てられ失格レンブラント〔レンブラント・ファン・レイン〕 大柄な体型で顔全体が岩でできている。プリン大好物プリン1つ癇癪を起こすほど短気だが、倒れたベル抱きかかえるなど優し一面もある。 最初のGのテストではプリン間違って食べてしまったガリレオへの怒り我を忘れ周り見えていなかったことでシャガールから容易くヒットされて失格になったアリストテレス〔アリストテレス〕 グルグルメガネに、様々な武器飛び出すよう仕掛けられ帽子被った少年。本が大好きでいつどこでも本を手放さず戦いの時も本広げている。マグリット担当した試験会場試験を受けていた。なお、新生コンテスト読者考えたキャラクター最初のGのテストではリキュウから当てられそうになるも、逆に倒して8人目合格者となったポー〔エドガー・アラン・ポー〕 2足歩行イルカのようなピンク色をした謎の生き物。「ポー」「きゅー」としか喋らない最初のGのテストでは隙を突いてムサシボール当て3人目合格者となったユング〔カール・グスタフ・ユング〕 水色の肌に白目。そのガタイ良さからパワー抜群無口で無表情だが冷静。 最初のGのテストではオキタ一撃当て、6人目合格者となったミレー〔ジャン=フランソワ・ミレー〕 牛の着ぐるみサングラスという怪し風貌小太りな男。語尾に「モー」と付け癖がある最初のGのテストではゲーテに隙を突かれボール当てられ失格グリム〔グリム兄弟〕 アフロ両目隠している小柄な少年で、頭の上目つきの悪いしき物乗っているのんびりしていて非常にトロ鈍臭い最初のGのテストではオキタベルから狙われベルボール当てられ失格リキュウ〔千利休〕 つなぎがトレードマーク小柄な少年で、どちらかと言えば頭脳派装っている。しかし戦いで相手出し抜かれる事が多いなど詰めが甘い所がある。 最初のGのテストではアリストテレスを狙うも、返り討ち遭って失格

※この「4組」の解説は、「ぼくはガリレオ」の解説の一部です。
「4組」を含む「ぼくはガリレオ」の記事については、「ぼくはガリレオ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「4組」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

4組のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



4組のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのUEFA欧州選手権1988予選 (改訂履歴)、UEFA EURO '92予選 (改訂履歴)、UEFA欧州選手権1980予選 (改訂履歴)、アホリズム (改訂履歴)、ぼくはガリレオ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS