無作為にとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 人口統計学辞書 > 無作為にの意味・解説 

無作為に

要素偶然的過程によって選択された標本は、無作為標本 1ないし確率標本 1呼ばれる標本抽出単位の完全なリスト利用可能な場合、これは抽出枠 3呼ばれる単純無作為抽出 4では、ある割合抽出単位抽出枠から無作為に 2選択される。この割合抽出率 5呼ばれる系統抽出標本 6抽出単位連続的番号付けられているから系統的に抽出される 7標本はn番目、(n+s)番目、(n+2s)番目、・・・といった単位をとることによって選択される。この場合nはsより大きくなく、無作為に選択される。集落抽出法 8では、母集団要素個別抽出されるのではなく集落 9呼ばれる集団単位抽出される。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「無作為に」の関連用語

無作為にのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



無作為にのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。

©2021 Weblio RSS