機転とは?

き‐てん【機転/気転】

その場に応じた、機敏な心の働かせ方。「—がきく」「—をきかす」


機転

作者森銑三

収載図書新編 物いう小箱
出版社講談社
刊行年月2005.3
シリーズ名講談社文芸文庫


機転

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/07 03:31 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「機転」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「機転」を含むページの一覧/「機転」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「機転」が役に立つかも知れません。


機転

出典:『Wiktionary』 (2018/10/16 18:40 UTC 版)

名詞

(きてん)

  1. その場状況をよく見極め臨機応変な対応ができる心遣い雰囲気察して適切に判断できる才智気転とも。
  2. (主に医学分野で)ある現象の元となる要因経緯。あるいはその仕組み[1]

関連語

翻訳

形容動詞

活用

ダ型活用
機転-だ
  1. 名詞語義1の転成。機転がきくさま。近世用法

機轉

出典:『Wiktionary』 (2011/01/12 06:24 UTC 版)

名詞

(きてん)

形容動詞

活用

ダ型活用
機轉-だ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「機転」の関連用語

機転のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



機転のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの機転 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの機転 (改訂履歴)、機轉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS