鈴木明子とは?

鈴木明子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/30 15:22 UTC 版)

鈴木 明子(すずき あきこ、1985年3月28日[3] - )は、日本の元フィギュアスケート選手(女子シングル)。




  1. ^ a b ソチオリンピック2014 鈴木 明子 (スケート・フィギュアスケート) プロフィール - JOC
  2. ^ a b c d 『フィギュアスケート日本女子ファンブック2009』扶桑社、2008年12月、p.40
  3. ^ a b c d e 『フィギュアスケート選手名鑑 2006』新書館、2005年12月、p.26
  4. ^ 『ファンブック2009』p.40
  5. ^ a b c プロフィール|鈴木明子 -Akiko Suzuki- Official Web Site
  6. ^ 続ソチ思”. 鈴木明子オフィシャルブログ「shantiな日々」 (2014年3月2日). 2020年11月2日閲覧。
  7. ^ “鈴木明子さん 笑顔で婚約報告 お相手は小学校時代の同級生”. スポニチアネックス. (2016年6月20日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/20/kiji/K20160620012817401.html 2016年6月20日閲覧。 
  8. ^ “鈴木明子さん結婚生報告 お相手は小学校時代の同級生「ゆっくりやっていこうと」”. スポニチアネックス. (2017年2月6日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/02/06/kiji/20170206s00079000244000c.html 2017年2月6日閲覧。 
  9. ^ “元フィギュア選手の鈴木明子さん、スピード離婚…結婚生活1年7カ月で”. サンスポ・コム. (2018年10月12日). https://www.sanspo.com/geino/news/20181012/div18101205040002-n1.html 2018年10月12日閲覧。 
  10. ^ “鈴木明子さん、トルコでスケート教室 日本人会の親善大使就任”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年3月8日). https://www.sanspo.com/sports/news/20180308/fgr18030809180002-n1.html 2020年11月2日閲覧。 
  11. ^ a b c “【鈴木明子のHAPPY SKATING】すっかり長いお付き合い”. SankeiBiz. (2013年9月18日). オリジナルの2014年3月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140130142420/http://www.sankeibiz.jp:80/express/news/130918/exe1309181701004-n1.htm 2020年11月2日閲覧。 
  12. ^ 変遷(長野県スケート連盟)
  13. ^ 日本スケート連盟 フィギュアスケート平成13年度強化選手一覧
  14. ^ 日本スケート連盟 フィギュアスケート平成14年度強化選手一覧
  15. ^ a b 『日本女子フィギュアスケートキャラクターブック 2008-2009』マガジンハウス、2008年10月、p.29、p.27
  16. ^ a b 田村明子著『パーフェクトプログラム 日本フィギュアスケート史上最大の挑戦』新潮社、2010年3月、p.87
  17. ^ “摂食障害で「幽霊みたい」…鈴木明子、集大成へ”. yomiDr. (読売新聞社). (2014年2月20日). http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=93264 2014年2月20日閲覧。 
  18. ^ 『ファンブック2009』p.38
  19. ^ 日本スケート連盟 フィギュアスケート平成16年度強化選手一覧
  20. ^ 日本スケート連盟 フィギュアスケート平成17年度強化選手一覧
  21. ^ 「邦和スポーツランドを経営している、東邦不動産の社員」と記す資料もあるが(『フィギュアスケートDays Plus 2008-2009女子シングル読本』ダイエックス出版出版、2008年9月、p.30)、勤務先が邦和スポーツランドであることについては一致している。
  22. ^ “鈴木明子、世界選手権に繰り上げ出場…フィギュア”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2010年3月3日). オリジナルの2010年3月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100305075552/http://hochi.yomiuri.co.jp:80/sports/winter/news/20100302-OHT1T00261.htm 2020年11月2日閲覧。 
  23. ^ ストレートボディ
  24. ^ “明子引退 2度の五輪ともに8位入賞「悔しいところもある」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年3月29日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/03/29/kiji/K20140329007874850.html?feature=related 2020年11月2日閲覧。 
  25. ^ “鈴木明子さん 引退届提出を報告 プロとして「表現者に」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年4月4日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/04/04/kiji/K20140404007909860.html 2020年11月2日閲覧。 
  26. ^ “フィギュア:選手から職人へ…鈴木明子さん、振付師の道に”. 毎日新聞. (2015年11月4日). オリジナルの2015年11月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151107040907/http://mainichi.jp/sports/news/20151104k0000e050150000c.html 2020年11月2日閲覧。 
  27. ^ “JOCアスリート委員にフィギュア・鈴木明子さんら指名”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017年7月4日). https://www.sanspo.com/sports/news/20170704/spo17070419150006-n1.html 2020年11月2日閲覧。 
  28. ^ 斎藤貴子編『フィギュアスケート07-08シーズンフラッシュバック』実業之日本社、2008年3月、p.38
  29. ^ 『ワールド・フィギュアスケート 35』新書館、2008年12月、p.76
  30. ^ プログラム”. 鈴木明子オフィシャルブログ「shantiな日々」 (2013年7月1日). 2020年11月2日閲覧。
  31. ^ 『フィギュアスケートDays Plus 2009-2010女子シングル読本』ダイエックス出版、2009年9月、pp.16-19
  32. ^ 『2008-2009女子シングル読本』p.30
  33. ^ a b 『日本女子フィギュアスケートキャラクターブック 2008-2009』pp.27-29
  34. ^ 『ファンブック2009』p.90
  35. ^ 『2008-2009女子シングル読本』pp.30-32
  36. ^ a b 「フィギュアスケート振付師ファイル」『フィギュアスケートDays vol.8』ダイエックス出版、2009年2月、pp.76-77
  37. ^ 境田優「2006全日本フィギュアスケート選手権レポート」『フィギュアスケートDays vol.2』DAI-X出版、2007年3月、pp.36-47
  38. ^ 第75回全日本フィギュアスケート選手権パンフレット
  39. ^ 青嶋ひろの「振付師に聞く 第4回 阿部奈々美」『フィギュアスケートDays vol.3』DAI-X出版、2007年5月、p.66-69
  40. ^ a b 「スタンダードナンバー大比較 アランフェス協奏曲」『フィギュアスケートDays vol.9』ダイエックス出版、2009年4月、pp.54-57
  41. ^ 『ファンブック2009』p.85


「鈴木明子」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鈴木明子」の関連用語

鈴木明子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鈴木明子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鈴木明子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS