鶴岡一人とは?

つるおか‐かずと〔つるをか‐〕【鶴岡一人】


鶴岡一人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/07 08:17 UTC 版)

鶴岡 一人(つるおか かずと(かずんど)、1916年大正5年〉7月27日 - 2000年平成12年〉3月7日)は、広島県呉市東二河通(現:西中央)出身[1]プロ野球選手内野手)・監督野球解説者。位階は従五位1946年から1958年までは「山本 一人(やまもと かずと)[2]」。


注釈

  1. ^ 鶴岡は日本経済新聞社の連載『私の履歴書』でも「私は大正五年七月二十七日、呉市東二河通六丁目で生まれた」(『私の履歴書 プロ野球伝説の名将』、日本経済新聞社、2007年、13頁、同書著者略歴(鶴岡 一人 つるおか かずと |日本経済新聞出版社))と書いている他、『御堂筋の凱歌』(奥付)や、『わしの野球』(206頁)といった鶴岡の自著全てで「広島県呉市生まれ」と書いている。またボーイズリーグの公式ホームページでも「呉市の生まれ」と話している(鶴岡一人記念大会 | 財団法人日本少年野球連盟 | ボーイズリーグ)。呉市にある「鶴岡一人記念展示室」内の略歴でも「呉市生まれ」と記載(呉市スポーツ会館、鶴岡一人記念展示室・鶴岡一人略歴)。一部の文献に「山口県出身」、あるいは「山口県大島郡生まれ」などと書かれた物があるが、山口県大島は両親の出身地(『私の履歴書 プロ野球伝説の名将』12、13頁)ではあるが、鶴岡一人自身は広島県呉市の生まれ育ちであるため、生活実態を出身地の基準とすればこれは誤りとなる。ただし、鶴岡自身の本籍が両親と同じ山口県のままであるかどうかは不明である(大相撲番付では、生活実態のない本籍地や父親の出身地などを力士自身の出身地として届け出る例もあるため)。
  2. ^ この海外遠征は、主催新聞同士の競争から、選抜優勝チームを夏の全国中等学校野球選手権大会に出させないための方策であった。原田の回想は著書『太平洋のかけ橋』からの引用。
  3. ^ 現在では当たり前となっている「大学出身」選手のプロ入りもこの当時は存在したが、多くは大学を中退、あるいは卒業後に必ず一度は実業団を経由しており、大学を卒業してそのままプロ入りした者は誰もいなかった(別冊週刊ベースボール冬季号「さらば!南海ホークス〜永久保存版」、ベースボール・マガジン社、1988年、62頁)。
  4. ^ 「鶴岡親分」の名付け親は別所毅彦である(近藤唯之『プロ野球監督列伝』、103頁)。
  5. ^ 1950年から2リーグ制、南海ホークスはパシフィック・リーグに所属。
  6. ^ 尾張久次は、自身の推測として真偽のほどは定かではないことと前置きした上で、「野村が選手兼任監督に就任した1970年、ヘッドコーチのドン・ブレイザーは妥当にしてもその他の一軍コーチに旧南海OBが誰もいない組閣をしてOBを激怒させたのが遠因」と述べているが(尾張久次『「尾張メモ」の全貌』、157-158頁)、1970年には生え抜きの穴吹義雄が一軍の外野守備コーチを務めており、明確な誤りである。
  7. ^ 「がめつい」という言葉はもともと関西にはなく、菊田一夫が執筆して1959年に初演された戯曲『がめつい奴』での造語とされる(同項目参照)。また、鶴岡の著書において「グラウンドにゼニが落ちている」という言葉は、監督在任中に刊行した『南海ホークスとともに』(1962年)では前面に出ていないという指摘がある(『南海ホークスがあったころ』P180)。鶴岡は監督退任後の1969年に『ゼニになる野球』という著書(永井正義との共著)を刊行した。
  8. ^ 坂井保之は「鶴岡氏は外国人選手のハンドリングでも、傑出した手腕を発揮した(中略)鶴岡氏の教えをいつも頭の中に置くようにしてきた。おかげで、延べにして40名ほどの外国人選手を出し入れしたが、トラブルらしいトラブルは遭遇しないで来た」などと話している(坂井保之『波瀾 興亡の球譜 失われたライオンズ史を求めて』160-16頁ベースボール・マガジン社、1995年 ISBN 4-583-03258-7 )。
  9. ^ 南海が地方に遠征に行くと鶴岡は一番早く起きて、地元の高校球児の品定めをやっていたという(豊田泰光『プロ野球を殺すのはだれだ』ベースボール・マガジン、2009年、139頁)。
  10. ^ 田淵の最初の結婚は鶴岡夫妻が媒酌(週刊サンケイ 1981年2月19日号、168頁)。
  11. ^ これに関して大沢は著書『球道無頼』(講談社、1996年)において独自の判断で動いたと記している。また、スポニチアネックスの記事でも同様の見解を述べているほか、同記事ではメモの指示したシフトと大沢の動きが異なることも指摘されている(職業野球人・大沢啓二4.尾張メモ)。大沢の著書『OBたちの挑戦X』74-75頁では「オレからすれば(スコアラーのデータは)それほどのものだとは思わなかった」「日本シリーズで大胆に守備位置を変えてプレーすることが出来たのは鶴岡さんの教え」「マスコミは色んなことを言ったが、オレはプロとして何をすれば良いのか考え、実行しただけ。初代親分(鶴岡)の教えを忠実に守っただけ」などと話している。
  12. ^ 同様の記述(スポーツニッポン、2008年7月10日、4面)、【タイガース血風録 猛虎水滸伝】野村と木戸 ハワイC意外な共通点【二十歳のころ 野村克也氏(3)】ハワイで門限破り鶴岡監督からビンタ

出典

  1. ^ 『私の履歴書 プロ野球伝説の名将』、日本経済新聞社、2007年、13頁、同書著者略歴(鶴岡 一人 つるおか かずと |日本経済新聞出版社)。
  2. ^ a b c 日刊スポーツ連載《LEGEND伝説》栄枯盛衰〜消滅球団の光と影⑥(南海編①)2010年4月6日5面
  3. ^ 殿堂一覧|財団法人野球体育博物館 鶴岡一人
  4. ^ a b 【タイガース血風録 猛虎水滸伝】サンケイスポーツ、2009年6月3日。
  5. ^ 永井良和、橋爪紳也『南海ホークスがあったころ』51-52頁。
  6. ^ a b ジーン・スタンカ・池井優『熱投スタンカを憶えてますか』中央公論新社、1985年、109-112、175-176頁
  7. ^ a b #尾張、138-142頁
  8. ^ a b c d #ホークスの70年、38-47、110頁
  9. ^ a b c 井上章一『阪神タイガースの正体』、太田出版、2001年、200-204頁
  10. ^ 別冊週刊ベースボール冬季号「さらば!南海ホークス〜永久保存版」、ベースボール・マガジン社、1988」、62頁
  11. ^ a b c 新宮正春『プロ野球を創った名選手・異色選手400人』 246-247頁、講談社、1999年 ISBN 4062645211
  12. ^ ただし、中島に到っては1938年の春季リーグと合算した場合11本塁打となり、事実上単独での戦前のシーズン最多本塁打となる。
  13. ^ 『日本プロ野球偉人伝 1934-1940編プロ野球誕生期の37人の豪傑たち』、ベースボール・マガジン社、2013年、100-101頁
  14. ^ a b #監督列伝、106-107頁。
  15. ^ a b 「さらば!南海ホークス」、71頁
  16. ^ 「さらば!南海ホークス」、74頁
  17. ^ 鶴岡一人が養子となり「山本一人」であった時 サインは「山本」と書いていたか
  18. ^ a b 「さらば!南海ホークス」、10、74頁
  19. ^ NHKアーカイブス NHK映像ファイル あの人に会いたい
  20. ^ 【スポーツ異聞】 名将・鶴岡一人は言った…「グラウンドには銭が落ちている」 神聖な職場を「賭場」にした残念な選手たち
  21. ^ 「名将の言葉に見る美学、哲学」週刊ベースボール、2013年9月30日号、30頁
  22. ^ 東京スポーツ・2013年2月6日付「マネー金言珍言」
  23. ^ a b c d e f 日刊スポーツ連載《LEGEND伝説》栄枯盛衰〜消滅球団の光と影⑧(南海編③)2010年4月8日7面
  24. ^ a b c #鶴岡一人の生涯、42-52頁。
  25. ^ 別所毅彦『剛球唸る!』ベースボール・マガジン社、55頁
  26. ^ 別所毅彦『勝て 男なら』有紀書房、106頁
  27. ^ a b 【大阪の20世紀】(18)南海ホークスと大阪球場 巨人に圧勝「御堂筋パレード」
  28. ^ a b #鶴岡一人の生涯、79頁。
  29. ^ キャピー原田『太平洋のかけ橋 戦後・野球復活の裏面史』ベースボール・マガジン社、1980年、71頁、72頁、「さらば!南海ホークス」、80、81頁
  30. ^ 「さらば!南海ホークス」、10、94頁
  31. ^ a b 「さらば!南海ホークス」、106頁
  32. ^ 『週刊ベースボール』1965年11月12日号、61頁
  33. ^ 福本豊『阪急ブレーブス 光を超えた影法師』60-61頁
  34. ^ 『週刊ベースボール』1965年12月8日号、13頁
  35. ^ 『週刊ベースボール』1965年12月8日号、14頁
  36. ^ 『週刊ベースボール』1965年12月8日号、15頁
  37. ^ 一度もグラウンドに立つことなく去った蔭山監督
  38. ^ 大阪南海ボーイズ|チームページ
  39. ^ スポーツ報知、2007年8月21日、6面
  40. ^ #鶴岡一人の生涯、12-13頁。
  41. ^ 手束仁『プロ野球「もしも」読本』イーストプレス、2012年、60-61頁
  42. ^ Newsletter Vol.17 / No.2 コラム/博覧・博楽(23)島村俊治 - ニュースレター|公益財団法人野球殿堂博物館
  43. ^ 野村克也『あぁ、監督』、96-99頁
  44. ^ 東京スポーツ、2010年6月8日、3面
  45. ^ 呉市に「鶴岡一人記念球場」 呉二河球場の愛称に名将の名 - スポニチアネックス、2019年4月26日、19時16分配信。
  46. ^ サンケイスポーツ内コラム「猛虎水滸伝(310)」、2010年4月6日
  47. ^ 『九州ライオンズ激闘史―1950ー1978 (B・B MOOK 1123)』ベースボール・マガジン社、2014年、82頁。
  48. ^ 記録の周辺 47年前のヤクルト16連敗を振り返るとIZa
  49. ^ 徳永喜男著『ヤクルトスワローズ球団史』、ベースボールマガジン社、P198
  50. ^ 中日・水原茂前監督の後任は日系二世のウォーリー与那嶺に/週べ回顧1971年編週刊ベースボール
  51. ^ 広島・根本陸夫監督は、なぜ解任されたのか/週べ回顧1972年編
  52. ^ a b c d e #ホークスの70年、169-175頁。
  53. ^ a b 石埜三千穂「因縁渦巻く天敵たち・恩師も天敵に!?野村克也の愛憎にまみれた野球人生」『プロ野球情念の天敵対決』宝島社別冊宝島1517〉、2008年、100-101頁。ISBN 978-4-7966-6289-5
  54. ^ 江本孟紀『野球バカは死なず』157-158頁
  55. ^ 浜田昭八『監督たちの戦い 決定版 下』16頁
  56. ^ スポニチアネックス・大沢啓二、第1回-13・日本ハム監督就任
  57. ^ a b 「監督」鶴岡一人編 第2回日刊スポーツ』2021年1月6日(2021年1月29日閲覧)
  58. ^ 浜田昭八『監督たちの戦い 決定版 下』374-375頁
  59. ^ a b 「監督」鶴岡一人編 第3回日刊スポーツ』2021年1月7日(2021年1月29日閲覧)
  60. ^ 日本経済新聞私の履歴書・鶴岡一人』1984年4月
  61. ^ 浜田昭八『監督たちの戦い 決定版 上』114頁
  62. ^ 『週刊文春』1977年10月13日号、154-161頁
  63. ^ スポニチアネックス・日めくりプロ野球、一体何が?野村克也監督兼任捕手、電話で解任通告
  64. ^ 「「好きな道」輝く 日本画家・岡本さんと元南海ホークス・鶴岡さんに秋の叙勲」『読売新聞』1991年11月3日朝刊
  65. ^ #鶴岡一人の生涯、10頁。
  66. ^ 豊田泰光『星野仙一の「GM型」常勝革命』159-160頁 講談社、2003年 ISBN 4062120739
  67. ^ #鶴岡一人の生涯、58頁。
  68. ^ 『「文藝春秋」にみるスポーツ昭和史 第三巻』、文藝春秋、1988年、169、170頁(外人選手は「鬼畜米英」か 深田祐介
  69. ^ a b c 野球小僧』2011年6月号、白夜書房、144頁
  70. ^ 「さらば!南海ホークス」、95頁
  71. ^ 関三穂『プロ野球史再発掘(6)』ベースボール・マガジン社、1987年、144頁、145頁
  72. ^ 「さらば!南海ホークス」、96、130頁
  73. ^ 「さらば!南海ホークス」、96頁
  74. ^ a b 親分のダミ声Column No.107 (2004/12/22デイリースポーツ掲載分) 島村俊治
  75. ^ 1・くたばれジャイアンツ~59年・日本シリーズ~(野球) スポニチ [リンク切れ]時事ドットコム:プロ野球「もしも、もしも・・・の物語」 - 時事通信社 長嶋茂雄〔1〕杉浦忠『僕の愛した野球』、海鳥社、1995年、122-126頁、「さらば!南海ホークス」、102頁
  76. ^ 「さらば!南海ホークス」、102頁
  77. ^ 東京スポーツ・2010年8月13日、17日付「柴田勲 怪盗紳士の告白」、別所毅彦『勝て 男なら』有紀書房、75頁-78頁、『プロ野球史再発掘(6)』112頁-114頁
  78. ^ 【1960年代の3選手】山本 一義(やまもと・かずよし)(71) - 中国新聞
  79. ^ CONNOTE-ものづくり名手名言 第16回-
  80. ^ 阿部牧郎『われらのプロ野球』1996年、中央公論社、133頁
  81. ^ 永井正義『勇者たち=人物阪急球団史=』1978年、現代企画室、255頁-258頁
  82. ^ 週刊朝日」1981年12月4日号28頁
  83. ^ スポーツニッポン、2011年7月8日、「高田繁 我が道(8)」
  84. ^ #尾張、138-142頁
  85. ^ #尾張、69頁。
  86. ^ 時事ドットコム:波乱万丈 野村克也【3】、野村克也、『あぁ、監督』 角川書店、2009年、77、78、106頁、『野球を愛した男 鶴岡一人の生涯』日本少年野球連盟、2000年8月、42頁、「さらば!南海ホークス」、20、93、96頁
  87. ^ 大沢啓二『OBたちの挑戦X』、マガジンハウス、2001年、73-75頁
  88. ^ a b 「監督」鶴岡一人編 第7回日刊スポーツ』2021年1月13日(2021年1月29日閲覧)
  89. ^ a b c d 戸部良也「名将と日本プロ野球〈サイン〉黎明期」『野球小僧』2012年8月号、白夜書房、134-139頁。
  90. ^ 三原脩『勝つ 戦いにおける“ツキ”と“ヨミ”の研究』サンケイ新聞社、1973年、114-116頁。
  91. ^ 田口晃也 (2007年8月23日). “今日のノート 指導者の心得”. 読売新聞: p. 14 
  92. ^ #鶴岡一人の生涯、51頁。
  93. ^ a b 浜田昭八『監督たちの戦い 決定版 上』108頁
  94. ^ 永井良和、橋爪紳也『南海ホークスがあったころ』87頁
  95. ^ 野村克也『運鈍根』206頁
  96. ^ a b 「監督」鶴岡一人編 第14回日刊スポーツ』2021年1月22日(2021年1月29日閲覧)
  97. ^ 浜田昭八『監督たちの戦い 決定版 上』115頁
  98. ^ 鈴木良治「真剣勝負の世界に秘められた驚愕の真実を解き放つ!・天敵にまつわる知られざる裏事情 鶴岡一人×野村克也 無視・賞賛・非難の元祖は鶴岡だった!!」『プロ野球情念の天敵対決』宝島社〈別冊宝島1517〉、2008年、16-17頁。ISBN 978-4-7966-6289-5
  99. ^ スポーツニッポン』2008年7月10日
  100. ^ Sports Graphic Number 722、2009年2月19日、31-32頁
  101. ^ 文藝春秋 2009年11月号、308頁
  102. ^ 野村の著書『あぁ、監督』 角川書店、2009年、77、78頁に似た内容の記述。
  103. ^ 岡本伊三美 (2011). 岡本、少しは野球 面白ぅなってきたか―名将・鶴岡一人に学んだこと. SIC. ISBN 978-4904955079 
  104. ^ 広瀬叔功『南海ホークス ナンバ栄光と哀しみの故郷』95頁
  105. ^ 週刊朝日』1981年12月4日号、185頁
  106. ^ 『南海ホークスがあったころ』P78,80 - 81
  107. ^ 時事ドットコム:プロ野球2世代写真展 「野球一族」いにしえ編 鶴岡一人、山本泰(親子)


「鶴岡一人」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鶴岡一人」の関連用語

鶴岡一人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鶴岡一人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鶴岡一人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS