VS嵐とは?

VS嵐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/07 10:00 UTC 版)

VS嵐』(ブイエスあらし、: VS ARASHI)は、フジテレビ系列2008年平成20年)4月12日から放送されているゲームバラエティ番組冠番組でもある。




  1. ^ 2015年5月7日より実施。それ以前は『FNS26時間テレビ』内のスペシャルを除き、モノラル放送(モノステレオ放送)を実施した。
  2. ^ 一部の回は除く
  3. ^ 櫻井がゲストとして登場する場合(後述)は、オープニングのみ大野や相葉が代行。
  4. ^ 過去に2度、スタジオに実況席が設けられた。
  5. ^ a b 左記期間以外にも、特別編を数回担当した。
  6. ^ この3回は天野が不在だったため、代理で担当。
  7. ^ a b 番組内でのクレジットなし。不在時は中村が代理。
  8. ^ 2010年5月6日・2011年12月8日・2016年11月3日放送分、初期のSPはプラスワンなし。一部の回は交代制であったり、一部のゲームのみ加わったケースもある。
  9. ^ 実例は2012年12月6日・2015年11月26日放送分の2回。
  10. ^ 過去一度、1ゲームだけチームを移動したケースがある。
  11. ^ 第10回:2名+第3ゲームから交代で2名。 第11-14回:交代で2名。 第15回以降:1-2名。
  12. ^ 基本、ローリングコインタワーとフォーリングパイプが毎回登場。
  13. ^ a b HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』にてダウンタウンと当ゲームで対決した。
  14. ^ 1人目の場合は強制的に2人目に交代、2人目の場合はゲームオーバーとなる。開始直後に落下した場合は、登り直す事が認められる場合がある。
  15. ^ 点数は回によって異なり、初回は30点、2009年10月29日(2回目)-2010年3月11日・2015年と2017年の新春スペシャル・2017年4月13日は20点、2010年4月8日-2014年1月3日・2018年4月12日は10点。
  16. ^ 実例は1度のみ。
  17. ^ 実例は、ゴールデン進出の記者会見時(オブジェは金色のライオン)と2011年1月27日放送分のみ。
  18. ^ パックはスタッフが撤去する。
  19. ^ 東山紀之挑戦時には『仮面舞踏会』を使用。
  20. ^ 背景色は最高点が金(2011年12月8日放送分以前は赤)、マイナスは黒(初登場時のみ青)、その他は青。
  21. ^ 2012年8月2日-2013年6月6日放送分は−50点、2013年6月13日-2015年9月3日放送分は−30点(連敗続きを理由に緩和)、2015年10月15日放送分以降は-20点。
  22. ^ 以前は−30点。2015年3月5日-19日放送分、2018年5月3日放送分は落下時の減点無し。
  23. ^ 開発期間は2011年8月からの約半年。2012年3月8日放送分にてドキュメントを放送。
  24. ^ これら2つの禁止ルールは、初登場時のゲスト全員との話し合いにより追加。
  25. ^ 2013年1月3日:『Happiness』(1回戦)・『必殺仕事人(野球応援曲)』(2回戦)/同年1月17日:『ゆけゆけ飛雄馬』
  26. ^ 斜体が赤(右サイド)。
  27. ^ 初回は特別企画として実施。
  28. ^ チーム広島カープファンとの対戦時は赤い風船。
  29. ^ 初回は、『追いかけっこJAPAN』というゲーム名で実施。
  30. ^ 同年1月3日放送の正月特番『コレカツ嵐』にて先行実施。
  31. ^ a b 後に通常放送の特別企画にて実施。
  32. ^ 2018年3月まで美術進行と表記







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「VS嵐」の関連用語

VS嵐のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

式年祭

ランプワークビーズ

新同期 光伝送システム

なた

ヨシキリザメ

越前和紙

ニコラシカ

トリットボール





VS嵐のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのVS嵐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS