平成教育委員会とは?

平成教育委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/03 05:36 UTC 版)

平成教育委員会』(へいせいきょういくいいんかい、英字表記:HEI!SAY!A BOARD OF EDUCATION)は、1991年10月19日から1997年9月27日まではレギュラー番組として、2000年1月3日からは年数回の特別番組としてフジテレビ系列で放送されている、教育クイズバラエティ番組である。略称は一定しないが「平成教育」とする場合が多い。




  1. ^ それまではモノラル放送(モノステレオ放送)を実施した。
  2. ^ もともと土曜19時代が30分枠の2本立てであったため、前半は前番組『ツムラTIME 所さんのただものではない!』からの引き継ぎに相当する。また製薬会社のため、業界の紳士協定で30分を超えた一社提供ができない。
  3. ^ 。フジテレビ系列ではカンテレ制作の月曜22時枠(現『SMAP×SMAP』 かつては水曜22時、火曜22時であった時期もある)でも同様の処置として2010年3月まで、前半がロート製薬単独、後半はロート以外の複数協賛社提供としていた(特番など例外的に1時間を通してロート製薬を含めた複数協賛扱いとなる場合もあった)が、2010年4月からはロートは冠協賛から外れて複数協賛社(各社扱い)の一つに降格。
  4. ^ 事実上、『ビートたけしのつくり方』までの木曜夜8時枠の提供枠(6分)と同番組枠(4分30秒)の交換
  5. ^ ツムラなどの複数社(3分)と全て30秒の複数社(3分)と毎週入れ替え。この体制は2011年3月5日の「(株)世界衝撃映像社」まで続いた。
  6. ^ 朝日新聞より[信頼性要検証]
  7. ^ まれに「音楽・家庭科・道徳」などもあった
  8. ^ 『たけし・逸見の平成教育委員会 2』 - 株式会社フジテレビ出版(平成4年12月20日 初版第1刷) ISBN 4594010768 p.201・p.204より
  9. ^ 『朝日新聞』1993年10月2日付東京版朝刊、テレビ欄。
  10. ^ この日の番組冒頭に北野が登場し、「逸見君が旅行に行った」と話した後に中井が登場。
  11. ^ 逸見の死後も『たけし・逸見の-』という番組名で続行されていたのは、「逸見とその家族への配慮があったこと、何よりたけしが逸見の回復・復帰を願っていたからである」と、週刊誌などで伝えられている。
  12. ^ [1]
  13. ^ 1992年7月19日放送の平成教育テレビ「カルトQ」スペシャルから
  14. ^ ウィルソン・ピケットの楽曲『ダンス天国』(Land of 1000 Dances)をアレンジしたもの。後継番組の『熱血!平成教育学院』では、原曲のほうをテーマ曲としていた。
  15. ^ a b 2010年9月まではフジテレビ・イーストエンターテインメントは2社共同制作の形を取っており、クレジットも「制作」(著作表記はなし)でくくられていたが、2010年10月以後、著作権は外部制作プロダクションのみの表示に改められている。
  16. ^ 2番目に高かったのは、ゴールデン洋画劇場ダイ・ハード」の22.6%。
  17. ^ ネット打ち切りまではフジテレビ系列で、その後1993年4月よりテレビ朝日系列。
  18. ^ テレビ朝日系列へのネットチェンジにより打ち切り、以後4年間山形県では本番組は未放送となった。ただし、ケーブルテレビなどで近隣のフジテレビ系列局(仙台放送・福島テレビ・秋田テレビ・新潟総合テレビ)を受信できた場合は4月以降も引き続き視聴可能であった。
  19. ^ 番組開始当初は不定期放送。1992年は小学校の夏休み及び冬休みに平日の午前10:00から3ヶ月〜9ヶ月遅れで毎日1放送分が放送されていた。1993年4月頃から遅れネットで週1回放送になる。
  20. ^ 土曜16:00から放送されていたが、高知さんさんテレビの開局内定に伴う系列番組移行準備の為途中打ち切り。
  21. ^ 当該放送時間帯が日本テレビ系列の同時ネット枠であった関係で、番組終了まで平日夕方に遅れネットで放送。開局から1993年9月30日まで、テレビ朝日系列にも加盟。
  22. ^ ネット開始はキー局よりも半年遅れの1992年4月から。1994年3月までの2年間は当該放送時間帯が日本テレビ系列の同時ネット枠であった関係で、日曜正午に遅れネットで放送(但し、クロスネット期間中の1992・1993年の『FNSの日 平成教育テレビ』は同時ネット)。その後、鹿児島読売テレビ(KYT)開局に伴い、1994年4月から同時ネット化。開局から1994年3月31日まで、日本テレビ系列にも加盟。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「平成教育委員会」の関連用語

平成教育委員会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



平成教育委員会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの平成教育委員会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS