宇治原史規とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 芸能人 > 芸人 > お笑い芸人 > 宇治原史規の意味・解説 

宇治原史規

以下の映画宇治原史規関連しています。
イエス・ビジョンズ


宇治原史規

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/25 07:13 UTC 版)

宇治原 史規(うじはら ふみのり、1976年4月20日 - )は、日本お笑いタレントであり、ロザンツッコミ担当。クイズを得意としている。立ち位置は向かって右。2014年9月から追手門学院大学客員教授に就任。




  1. ^ ウチくる!? 2010年12月12日放送、フジテレビぶらぴ 2007年6月20日放送、中国放送
  2. ^ 帝京メイト | 青春のころ Vol.13
  3. ^ 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部「ロザン・宇治原 第1子誕生 相方・菅がツイッターで発表「とんでもなく賢そうな顔でした」 - スポニチ Sponichi Annex 芸能」『スポニチ Sponichi Annex』。2018年8月3日閲覧。
  4. ^ ロザン菅 on Twitter」『Twitter』。2018年8月3日閲覧。
  5. ^ 菅広文『京大少年』[要ページ番号]
  6. ^ ロザン菅が明かす 宇治原がセンター試験で失神した“まさかの理由”スポーツニッポン、2014年1月19日記事。
  7. ^ ちなみに宇治原が受験した1995年センター試験でこの点数だと、京大法学部のセンターリサーチはボーダーラインより9点上(京大法学部は前期・後期とも710点がボーダー。おそらくB判定)だったことになる。1995年国公立文系ランク
  8. ^ 高学歴就任ロザン、歴史的学校で1日校長”. 日テレNEWS24 (2013年1月31日). 2018年11月17日閲覧。
  9. ^ 高学歴コンビ ロザンが追手門学院大学客員教授に就任!”. よしもとニュースセンター (2014年9月15日). 2018年11月17日閲覧。
  10. ^ 【広島V】ロザン宇治原「安部に活躍してほしいと思って今シーズンが始まった」”. 東京スポーツ (2016年9月10日). 2018年11月17日閲覧。
  11. ^ 阪急うめだ本店で「新春よしもとオモシロ物産展」開催!”. よしもとニュースセンター (2013年1月9日). 2018年11月17日閲覧。
  12. ^ ごきげんライフスタイル よ〜いドン! 2016年2月26日放送回”. gooテレビ (2016年2月26日). 2018年11月17日閲覧。
  13. ^ “ロザン宇治原、IQ158以上で測定不能”. デイリースポーツ. (2016年6月14日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/06/14/0009184561.shtml 2016年6月14日閲覧。 
  14. ^ ひょっこりはん ロザン宇治原とはとこだとTVで告白も宇治原「ただの吉本の後輩」”. デイリースポーツ (2018年11月17日). 2018年11月17日閲覧。
  15. ^ a b 『QUIZ JAPAN』vol.2(セブンデイズウォー)2-26ページ「宇治原史規ロングインタビュー」
  16. ^ ロザン宇治原 猛特訓フィギュア大成功”. デイリースポーツ (2013年11月16日). 2015年1月3日閲覧。
  17. ^ ロザン・宇治原「アタック25」参戦!京大卒芸人が予選から一般枠でガチンコV宣言(デイリースポーツ)-Yahoo!ニュース2017年9月29日記事、2017年9月29日閲覧。


「宇治原史規」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宇治原史規」の関連用語

宇治原史規のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



宇治原史規のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2020 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宇治原史規 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS