大学入試センター試験とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 資格 > 試験 > 大学入試センター試験の意味・解説 

だい がくにゅうしセンター しけん -にふし- [13] [14] 【大学入試センター試験】

大学入学者の選抜に関し,志望者の学習達成度判定するため大学共同して実施する試験。各大学ごとの学力検査先立って行う。それまで共通一次試験代わるものとして1990年平成2)から実施センター試験

大学入試センター試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/12 06:12 UTC 版)

大学入試センター試験(だいがくにゅうしセンターしけん、英語: National Center Test for University Admissions)とは、独立行政法人大学入試センターによって[1]、例年1月13日以降の最初の土曜日・日曜日の2日間にわたって行われる、日本の大学の共通入学試験である。かつての国公立大学共通第1次学力試験が大学共通第1次学力試験と改められ、さらに改称して現在に至る。




  1. ^ 厳密には、独立行政法人大学入試センター法第13条第1項によって、大学入試センター試験は「大学に入学を志願する者の高等学校の段階における基礎的な学習の達成の程度を判定することを主たる目的として大学が共同して実施することとする試験」と定義されているため、実施主体は参加各大学となる。大学入試センターは「問題の作成及び採点その他一括して処理することが適当な業務」を行うこととなっている。
  2. ^ 平成21年告示高等学校学習指導要領に対応した大学入試センター試験の数学、理科の出題科目等について 大学入試センター、2015年1月19日閲覧。
  3. ^ a b c d 平成27年度大学入試センター試験出題教科・科目の出題方法等 大学入試センター、2015年1月19日閲覧。
  4. ^ 平成28年度センター試験からの出題教科・科目について(最終まとめ) 大学入試センター、2015年4月27日閲覧。
  5. ^ 外部リンク
  6. ^ a b 第1期中期目標期間業務実績報告書大学入試センター
  7. ^ 大学入試センターは報道機関に対して、正式に追試験の問題非公表に関して発表していない。しかし、予備校や出版社、教育関係者のWebサイトに加え、センター試験過去問題集のページなどでは、問題が非公表になった旨が記載されている。ところが、時が経つにつれて、追試験の実施から1年あまり経過すると続々と出版物に掲載される傾向が明らかになってきている。これに関して、2009年度受験用の黒本の各問題集では「追試験問題は、大学入試センターの方針により試験実施の1年後に公表されるようになりました」との記述がなされている。
  8. ^ 理科は2011年度迄は数学と同様だった。
  9. ^ 地理歴史・公民は2013年、理科は2015年より。2012年の地理歴史・公民においては地理歴史の科目数と公民の科目数をそれぞれ指定しなければならなかった。2012年 - 2014年の理科は、現在の地理歴史・公民と同じ方法だった。
  10. ^ 2015年度は、地理歴史、公民、理科(2)に加えて、数学(1)、数学(2)も実施対象となった。
  11. ^ a b c 理科で得点調整=17年ぶり2度目、新旧課程で差-最大8点を加点・センター試験時事通信、2015年1月23日閲覧。
  12. ^ 平成27年度大学入試センター試験の得点調整について 大学入試センター、2015年1月26日閲覧。
  13. ^ 「センター試験 超ラクラク突破法」(エール出版社、福井一成著)
  14. ^ 英語は不利? センター試験外国語 平均点8年連続で最低
  15. ^ [1] - 登大遊による解説
  16. ^ 本人に係る大学入試センター試験答案等の不訂正決定に関する件
  17. ^ センター試験Q&A - 大学入試センター
  18. ^ プレーヤーの確認ボタンと再生ボタンは、長押しによりランプが点灯すれば正常であるが、受験者が長押しではなく短く押したために再生されないなど
  19. ^ もっとも、メーカー名の開示を求めた情報公開請求に対し、情報公開・個人情報保護審査会は採択されたメーカー名を開示するよう大学入試センターに求める答申を出している(答申番号平成18年度(独情)答申第46号)。
  20. ^ ただし英語に関しては、英語(筆記)とリスニングとの合計点(250点満点)を素点とする。
  21. ^ a b 大学受験パスナビ(蛍雪時代). “複雑なセンター試験「理科」の選択方法を把握しよう!/2016年大学入試まるごとガイド”. 旺文社. 2015年12月21日閲覧。
  22. ^ 2chのセンター試験問題“予言”で調査 ITmedia News 2005年1月18日
  23. ^ 外部リンク
  24. ^ 入試センター再試験「配布ミスの報告ない」 読売新聞 2012年1月21日
  25. ^ 当初断った受験生を車で迎えに…センター再試験 読売新聞 2012年1月21日
  26. ^ 英語リスニング遅れ、被災受験生はうんざり 読売新聞 2012年1月15日
  27. ^ 英語リスニング中、スピーカーからカラオケ音 読売新聞 2012年1月17日
  28. ^ 大学入試:センター試験 佐賀大、難病「特別措置」で不手際 受験生、別教室に放置 1時間遅れ、休憩短縮 毎日新聞 2012年1月17日
  29. ^ 「センター試験:女子受験生が社会の問題冊子持ち出す 長崎」 毎日新聞 2013年1月20日
  30. ^ センター試験:成績データ送付遅れ 早大など5大学12人 毎日新聞 2013年2月6日
  31. ^ センター試験中、監督者いびき?…苦情受け交代 読売新聞 2017年1月19日
  32. ^ 外部リンク
  33. ^ 読売新聞 2001年1月27日
  34. ^ 大学入試センター試験問題 新しい歴史教科書をつくる会
  35. ^ センター試験 英語の正解 理科なら× 東京新聞 2005年1月19日
  36. ^ 田村秀行『田村のセンター国語ポイント講義』栄光2002年、p.8
  37. ^ 大学入試センターへの質問書提出について 「地学I」(2014年01月19日)
  38. ^ センター試験1日目終了 志願者55万人、世界史Bで出題ミス 日本経済新聞 2015年1月17日
  39. ^ 平成27年度大学入試センター試験(本試験)数学②「数学Ⅱ・数学B」及び「旧数学Ⅱ・旧数学B」の正解の訂正について
  40. ^ 大学入試センター試験で出題ミス NHK 2015年1月20日
  41. ^ センター試験、数学でも出題ミス…正解が二つ 読売新聞 2015年1月20日
  42. ^ センター試験に55万人 初日終了、リスニング不具合も 朝日新聞 2011年1月15日
  43. ^ a b c センター試験:再試験対象者1200人超える 試験中に携帯鳴動も - 毎日.jp(毎日新聞)
  44. ^ 「センター試験 リスニング2時間遅れ 気仙沼会場に機器届かず」 河北新報 2012年1月15日
  45. ^ センター試験廃止へ…2段階「達成度テスト」に 読売新聞 2013年10月22日
  46. ^ 年中テストで大混乱!? 大学センター試験廃止へ…「達成度テスト」に異論噴出 zakzak 2013年10月22日
  47. ^ 外部リンク
  48. ^ センター試験の日は、雪の特異日 という都市伝説。 - 大学受験の桔梗会
  49. ^ 今年のセンター試験、冬将軍も受験する!?”. 日経ウーマンオンライン (2014年1月16日). 2015年7月21日閲覧。
  50. ^ 外部リンク
  51. ^ 外部リンク







大学入試センター試験と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

大学入試センター試験に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大学入試センター試験」の関連用語

大学入試センター試験のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アネモネ・ナルキシフローラ

ベス鉱

返信ハガキの書き方

アフロモジア

地方自治法施行60周年記念 宮城県分 1,000円銀貨幣

高士隠棲図鐔

深野のだんだん田

TH3000型





大学入試センター試験のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大学入試センター試験 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS