マンネリズムとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > マンネリズムの意味・解説 

マンネリズム [4] 【mannerism】

思考行動表現などが型にはまり,新鮮さや独創性がなくなること。マンネリ。 「 -におちいる

マンネリズム

作者宮崎誉子

収載図書世界の終わり
出版社リトル・モア
刊行年月2002.7


マンネリズム

読み方:まんねりずむ

  1. 一定の癖を固く守ること。旧形式墨守し新鮮味欠けてゐる事。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

マニエリスム

(マンネリズム から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/31 15:32 UTC 版)

マニエリスム (: Manierismo ; : Maniérisme ; : Mannerism) とはルネサンス後期の美術で、イタリアを中心にして見られる傾向を指す言葉である。美術史の区分としては、盛期ルネサンスバロックの合間にあたる。イタリア語の「マニエラ(maniera:手法・様式)」に由来する言葉である[1][2]。ヴァザーリはこれに「自然を凌駕する行動の芸術的手法」という意味を与えた[1]




  1. ^ a b 美術出版社; 美術出版社編集部; 藤原えりみ; 高階秀爾 『西洋美術史: カラー版』 (7版) 美術出版社、2008年2月10日、93頁。ISBN 4568400643NCID BA60025262 
  2. ^ ヤマザキマリ 『ヤマザキマリの偏愛ルネサンス美術論』 集英社2015年、101頁。ISBN 978-4-08-720815-3
  3. ^ a b c d Brill, Paul; Goya, Francisco; Greco; 愛知県美術館, 東武美術館, 横浜美術館, 横浜美術館学芸部 『バロック・ロココの絵画 : ヴェネツィア派からゴヤまで リール市美術館所蔵』 朝日新聞社、1993年、31頁。 NCID BN09889898 
  4. ^ ハウザー 1990b , pp. 274-275.
  5. ^ a b ハウザー 1990b , p 275.
  6. ^ 八代 1965, p. 308.
  7. ^ 美術検定実行委員会 『美術検定過去問題集:四択マークシート』 美術出版社2008年7月、186頁。ISBN 978-4-568-24024-5NCID BA88611716 
  8. ^ 八代 1965, p. 309.
  9. ^ ハウザー 1990a , p 28.
  10. ^ ハウザー 1990a , p 31.
  11. ^ ハウザー 1990a , p 35.
  12. ^ ハウザー 1990a , p 36.
  13. ^ 美術用語詳細情報 マニエリスム”. 徳島県立近代美術館 (2006年). 2016年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月18日閲覧。
  14. ^ 三宅雅明「詩におけるマニエリスムとT・S・エリオットの詩 : その二」、『大阪府立大学紀要』第20巻、大阪府立大学、大阪、1972年3月30日、 106頁、 ISSN 04734645NAID 400003064502016年7月31日閲覧。


「マニエリスム」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「マンネリズム」の関連用語

マンネリズムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マンネリズムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマニエリスム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS