マンネとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > マンネの意味・解説 

マンネ

別表記:막내

マンネの意味

マンネ(막내)は韓国語で「末っ子」を意味する語。家族末っ子に使う場合組織最年少者に対して親しみ愛情をこめて使う場合がある。マンネッタル(막내딸)末娘、マンネアドゥル(막내아들)末息子など「マンネ」を変化させた使い方一般的である。

マンネの語源

韓国では血縁関係無くても年上のものが年下の人に対して愛情ををこめて「マンネ(末っ子)」と呼ぶことがあるチームグループメンバー家族の一員のように呼ぶのは、韓国特有の文化からきている。

≪韓国語≫マンネ

別表記:マンネ、막내manne

韓国語「マンネ」とは、「マンネ」の意味

3人以上兄弟・姉妹における、一番下末っ子意味する単語両親が、他人に子供話をするときなど、あえて末っ子性別明確にたい場合は女の子は娘という意味タル(딸)をつけて「マンネタル(막내딸)」、男の子息子という意味のアドゥル(아들)をつけて「マンネアドゥル(막내아들)」と呼ぶことがある近年ではK-POPをはじめ韓国芸能界グループ最年少メンバーを指す言葉として日本人ファンの間で定着している。

韓国では、芸能界に限らず年齢異な友人関係学校職場などにおけるグループ先輩後輩間柄おいても最年少者および後輩に対して使われる一方グループ内の年長者仲の良い年上友人に対して、「お兄さん「お姉さん」という意味の「ヒョン(형、男性が呼ぶ場合)、オッパ오빠女性が呼ぶ場合)」「ヌナ누나男性が呼ぶ場合)、オンニ언니女性が呼ぶ場合)」と呼ぶことがあり、年少者年長者敬い年長者年少者かわいが文化がある。このような実際の血縁関係に関わらず家族のような絆を大切にする背景には上下関係重んじる儒教文化影響があるという説もある。

日本ではK-POP用語として用いられることも多く、マンネに関係する言葉として、「マンネライン(막내 라인)=グループの中の年下メンバーグループ」や、「ウリマンネ(우리막내)=私たち末っ子親しみ込めた最年少メンバー呼び方)」なども広まりつつある。各グループのマンネは、グループ内の年長者ファンから、いわゆる愛されキャラ」として可愛がられる存在となっている。

韓国語「マンネ」のハングル表記

막내

韓国語「マンネ」の発音

막내/mangne(マンネ)」

ハングル表記通りに一文字ずつ発音すると、「makne(マクネ)」となるが、「막(マク)」のパッチムハングル文字において、子音母音下に表記される子音最後の音を表す)である「ㄱ(k)」は直後に「ㄴ(n)」がくると、「ㅇ(ng)」の音に変化するという発音ルールがある。これを鼻音化といい、パッチム種類によって変化する音は異なる。したがって、「막내」を単語として発音すると、鼻音化により「망내(マンネ)」となる。なお、会話中に相手同意する際に合っているね、そうだねという意味で使う「맞네」の発音は、日本語表記では「マンネ」となり「막내」と同じだ誤解与えてしまうが、実際の発音異なるため、注意が必要である。

マンネ

名前 Manne

「マンネ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

マンネのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マンネのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS