裳階とは? わかりやすく解説

も‐こし【×階/×層】

読み方:もこし

仏堂仏塔などの軒下壁面に取付けた庇(ひさし)状の構造物法隆寺金堂五重塔の初層、薬師寺三重塔各層などにみられる雨打(ゆた)。裳階(しょうかい)。


裳階

読み方:モコシ(mokoshi)

仏堂・塔などで、本来の屋根下につけた差しかけ屋根


裳階

読み方:モコシ(mokoshi)

建物軒下壁面のひさし風にさし出した部分

別名 裳層


裳階

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/30 21:40 UTC 版)

裳階(もこし)は、仏堂天守等で、軒下壁面に付いた庇状構造物。別名:雨打(ゆた)。通常、本来の屋根の下にもう一重屋根をかけるかたちで付ける。裳層とも書く。元来は風雨から構造物を保護するために付けられたもの。構造は本屋より簡素であり、建物を実際より多層に見せることで外観の優美さを際立たせる効果があるため、特に寺院建築で好んで利用された。




「裳階」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

裳階のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



裳階のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの裳階 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS