鬼瓦とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 家屋 > > 鬼瓦の意味・解説 

おに‐がわら〔‐がはら〕【鬼瓦】

大棟(おおむね)や降(くだ)り棟の端に飾る瓦。獣面のほか蓮華文(れんげもん)などがあり、鬼面がなくてもいう。

[補説] 狂言曲名別項。→鬼瓦

鬼瓦の画像

おにがわら〔おにがはら〕【鬼瓦】

狂言都に出てきた大名訴訟に勝って因幡(いなば)堂へお礼参りに行ったとき、鬼瓦を見てもとの妻の顔を思い出して泣くが、太郎冠者慰められて、笑う。


おに‐がわら ‥がはら 【鬼瓦】

1 〔名〕

屋根の棟(むね)のはしに置く大きな瓦。昔は魔よけのために鬼の面をかたどったものを用いたが、今はいろいろな意匠ものがある大棟では両端用い降棟(くだりむね)、隅棟などでは一端用いる。

鬼瓦&bc一;&wc1;の画像

*虎明本狂言・鬼瓦(室町末‐近世初)「『いやあの屋根にある物は何ぞ』『あれはおにがはらといふ物でござる』」

② こわく醜い顔

雑俳軽口頓作(1709)「あるものじゃよい衆の奥に鬼がはら」

紋所の名。

2 狂言。各流。在京中の某が訴訟もかなって帰国することになり、暇乞い太郎冠者伴って因幡堂参詣に行く。そして、屋根の鬼瓦を見て女房の顔にそっくりだと思い出して泣くが、もう間もなく会えると太郎冠者にいわれて、主従二人で笑う。


鬼瓦 (おにがわら)

屋根のもっとも高いところの端につける鬼の顔をかたどった瓦のことです。鬼の顔がなくても、鬼瓦と言います。

関連項目

鬼瓦

読み方:オニガワラonigawara

鬼面獣面蓮華文などのある飾瓦。

別名 鬼板(おにいた)


鬼瓦(おに がわら)

建物シンボルで、また古くから棟端を神聖な霊所として守護してもらう事を目的に据える。厄災よけのデザインや、家紋を入れるものが多い。 棟の両端用い鬼の面を形どった瓦。また鬼の面でないものも鬼瓦と呼ぶ。わが国で最も古い鬼瓦は、奈良奥山久米寺のもので、蓮華文が使われており、飛鳥時代後期のものと推定されている。
白鳳時代には獣面、さらに奈良時代には鬼面の鬼瓦が作られるようになった鎌倉時代になると平面的であった鬼面立体的になってきた。

鬼瓦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/27 13:48 UTC 版)

鬼瓦(おにがわら)は、瓦葺きの屋根の端などに設置される装飾性のあるの総称[1]。略して「鬼」とも呼ばれる。厄除けと装飾が目的とされるものも多い。


  1. ^ a b c 大宰府式鬼瓦 九州歴史資料館、2020年4月10日閲覧。
  2. ^ 近藤豊著『古建築の細部意匠』大河出版 1972年
  3. ^ 2009年10月24日TBS日立 世界・ふしぎ発見!より


「鬼瓦」の続きの解説一覧



鬼瓦と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鬼瓦」の関連用語

鬼瓦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鬼瓦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2021,Hofu Virtual Site Museum,Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2021 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
愛知県陶器瓦工業組合愛知県陶器瓦工業組合
Copyright (C) 2021 愛知県陶器瓦工業組合 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鬼瓦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS