打出の小槌とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 打出の小槌の意味・解説 

うちで‐の‐こづち【打(ち)出の小×槌】

それを振ればなんでも思いどおりの物が出てくるという小さな


うちでのこづち

(打出の小槌 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/24 22:38 UTC 版)

うちでのこづち(打ち出の小槌、打出の小槌)は、振ることにより様々なものが出てくるとされる伝説上の(つち)。日本説話昔話に登場している宝物のひとつである。の持つ宝物であるとされるほか、大黒天(だいこくてん)の持ち物であるともいわれ、富をもたらす象徴として描かれている。


補注

  1. ^ 『日本大百科全書』(1985年版)では「鎌食初期」とあるが、後の版では「康頼宝物集〔1197年頃〕上」を挙げる

出典

  1. ^ a b 島津久基校編『お伽草子』岩波文庫 1936年 156頁
  2. ^ 平康頼撰宝物集(平康頼撰)、足立四郎吉編 『大日本風教叢書』 第1輯巻、342–3頁、1919年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/957220 
  3. ^ 高橋, 亨「無名草子における引用関連文献の総合的調査と研究」2004年。
  4. ^ 川口謙二 『日本の神様読み解き事典』 柏書房 1999年 ISBN 4-7601-1824-1 387頁
  5. ^ a b 権田雷斧 『仏像図鑑』上巻<復刻版> 八幡書店 2000年 ISBN 4-89350-283-2 136頁
  6. ^ 宮崎市定「古代大和朝廷」筑摩書房、1988年収録の「打出の小槌考」(P268~277)
  7. ^ 関敬吾『日本昔話大成』第6巻 角川書店 1978年 14頁  竜宮童子の話型に分類されている。
  8. ^ 有馬英子 『かごしま・民話の世界』春苑堂出版 2003年 24-25頁
  9. ^ a b 井乃香樹 『紀記の神話と桃太郎』 建設社出版部、1941年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1439690 
  10. ^ 『江戸のメルヘン 絵本とおもちゃ絵展 目録』 くもん子ども研究所 1988年 12頁
  11. ^ 高橋貞一編 「巻6「祇園女御の事」」 『平家物語』 上巻 講談社、1972年、376-頁。 
  12. ^ a b 志田義秀 「下篇 2 桃太郞槪論」 『日本の伝説と童話』 大東出版社、1941年、305–6頁https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1453466 
  13. ^ 井乃香樹 『紀記の神話と桃太郎』 建設社出版部、1941年。169頁
  14. ^ 『津軽の民俗』 吉川弘文館 1970年 246頁


「うちでのこづち」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「打出の小槌」の関連用語

打出の小槌のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



打出の小槌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのうちでのこづち (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS