日本の超高層建築物とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本の超高層建築物の意味・解説 

日本の超高層建築物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/22 02:14 UTC 版)

日本の超高層建築物(にほんのちょうこうそうけんちくぶつ)では、日本にある超高層建築物(以下超高層ビル)について説明する。2018年現在、日本一高いビルは高さ300mあるあべのハルカス大阪府大阪市阿倍野区)である。




注釈

  1. ^ 市街地建築法施行令
    第四条 建築物の高は住居地域内に於ては六十五尺を住居地域外に於ては百尺を超過する事を得ず但し建築物の周囲に広闊なる公園広場道路、其他の空地ある場合に於て行政官庁が交通上衛生上及び保安上支障なしと認むる時は此限りにあらず
    第五条 煉瓦造り建築物及び石造建築物は高六十五尺軒高五十尺を木造建築物は高五十尺軒高三十八尺階数之を木骨煉瓦造建築物及び木骨石造建築物は高三十六尺軒高二十六尺を超過する事を得ず
    前項の石造には人造石造及び混凝土造を木造には土蔵造を包含す
    第一項の木骨煉瓦造の建築物とは厚三寸以上の煉瓦積を以て木骨被覆又は填充して外壁を構成するものを云い木骨石造建築物とは厚さ三寸以上の石人造□又は混凝土を以て木骨を被覆又は填充して外壁を構成するものを云う
  2. ^ 建築基準法
    第五十七條 建築物の高さは、住居地域内においては二十メートルを、住居地域外においては三十一メートルをこえてはならない。但し、左の各号の一に該当する場合において、特定行政庁の許可を得たときは、この限りではない
    一 建築物の周囲に広い公園、広場、道路その他の空地があつて、通行上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認める場合
    二 工業用の建築物その他の建築物でその用途によつてやむを得ないと認める場合
    2 特定行政庁は、前項但書の規定による許可をする場合においては、あらかじめ、建築審査会の同意を得なければならない。
  3. ^ ただし、硫黄島ロランC主局、南鳥島ロランC局はアメリカ沿岸警備隊が竣工したものであり、竣工当時はアメリカ合衆国の施政下に置かれていた。
  4. ^ その後に続く数え歌を考慮すると、高さの順を表したものではなく、神社(神)、寺院(仏)、住宅(人)の順との説もある。
  5. ^ 公式発表では247mである。

出典



「日本の超高層建築物」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本の超高層建築物」の関連用語

日本の超高層建築物のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本の超高層建築物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の超高層建築物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS