辰野金吾とは?

辰野金吾 たつの きんご

辰野金吾の肖像 その1
安政元年8月22日大正8年3月25日18541919

佐賀生まれ建築家。父は唐津藩士。明治12年(1879)に工部大学校家学科第1期生として卒業翌年イギリス留学ロイヤル=アカデミー=アーツなどで建築設計を学ぶ。16年(1883)帰国、翌17年(1884)工部大学校(後に東京大学工科大学教授となり、35年(1902)まで建築設計教育にあたる。退官後は36年(1903)葛西万司辰野葛西建築事務所38年(1905)片岡安辰野片岡建事務所創立し、もっぱら民間建築家として活動現存する代表作日本銀行本店東京駅などがある。

キーワード 学者
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 用器画法. [1], [2], [3], [4] / 竹下次郎著 敬業社, 明27-28 <YDM66044>
  2. 家屋建築実例 第1巻. [1], [2] / 辰野金吾, 葛西万司須原屋, 明41.9 <YDM66430>
  3. 和洋建築工事仕様設計実例. [1], [2] / 田中豊太郎建築書院, 明38, 41 <YDM66582>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

辰野金吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/28 06:49 UTC 版)

辰野 金吾 (たつの きんご、1854年10月13日嘉永7年8月22日〉- 1919年3月25日) は、日本建築家である。位階勲等従三位勲三等工学博士




  1. ^ 『官報』第354号「叙任及辞令」1884年9月1日。
  2. ^ 『官報』第907号「賞勲叙任」1886年7月10日。
  3. ^ 『官報』第4302号「叙任及辞令」1897年11月1日。
  4. ^ 『官報』第4051号「叙任及辞令」1896年12月28日。
  5. ^ 『官報』第5548号「叙任及辞令」1901年12月28日。
  6. ^ 九州工業大学”. 北九州市. 2019年2月19日閲覧。
  7. ^ 辰野金吾のレリーフ、十二支そろう 東京駅と佐賀に”. 日経アーキテクチュア (2013年4月19日). 2017年4月29日閲覧。
  8. ^ 東京駅の謎が解けた? 武雄温泉楼門を保存修理”. 日経アーキテクチュア (2013年8月1日). 2017年4月29日閲覧。


「辰野金吾」の続きの解説一覧



辰野金吾と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「辰野金吾」の関連用語

辰野金吾のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



辰野金吾のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2019 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの辰野金吾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS