主要作品とは? わかりやすく解説

主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/20 09:33 UTC 版)

セルゲイ・エセーニン」の記事における「主要作品」の解説

ロシア語版ウィキソースに本記事関連した原文ありますセルゲイ・エセーニン作品 The Scarlet of the Dawn /《Выткался на озере алый свет зари...》(1910) The high waters have licked /《Дымом половодье...》(1910) The Birch Tree / БЕРЁЗА (1913) Autumn / ОСЕНЬ (1914) A Song About a Dog / ПЕСНЬ О СОБАКЕ (1915) I'll glance in the field /《Гляну в поле, гляну в небо...》(1917) Wake Me Up Early Tomorrow /《Разбуди меня завтра рано...》(1917) Green Hair /《Зелёная причёска...》(1918) Inoniya / ИНОНИЯ (1918) 革命による農村救済空想し作品との解釈一般的だが、「預言者エレミヤ捧ぐ」に始まり旧新約聖書表象伝統的祈禱句が多用される。 The Cantata / КАНТАТА (1918) I left the native home /《Я покинул родимый дом...》(1918) Hooligan / ХУЛИГАН (1919) 後に連作自堕落者の懺悔』(1924)にも収録Hooligan's Confession / ИСПОВЕДЬ ХУЛИГАНА (1920) 後に同一タイトル連作自堕落者の懺悔』(1924)にも収録Prayer for the First Forty Days of the Dead / СОРОКОУСТ (1920) 後に連作自堕落者の懺悔』(1924)にも収録I am the last poet of the village /《Я последний поэт деревни...》(1920) I don't pity, don't call, don't cry /《Не жалею, не зову, не плачу...》(1921) 詩集酒場モスクワ」(1924)にも最終位置作品として収録今日でも愛誦される作品一つPugachev / ПУГАЧЁВ (1921) 「プガチョーフの乱」を題材とした台詞劇形式長詩Land of Scoundrels / СТРАНА НЕГОДЯЕВ (1923) 戯曲形式長詩農民圧倒的な支持集めた無政府主義者マフノの革命後の反乱着想を得る(主人公匪賊ノマフ)。 One joy I have left (1923) Homecoming / ВОЗВРАЩЕНИЕ НА РОДИНУ (1924) 革命後の故郷へ微かな失望描かれるLenin / ЛЕНИН (1924) 1924年1月レーニンの死を受けて書かれる長詩 Wander-the-Field /《Гуляй-поле》の一部。 A Letter to Mother / ПИСЬМО МАТЕРИ( ПИСЬМО К МАТЕРИ と表記された版も有り) (1924) Russ of the Soviet / РУСЬ СОВЕТСКАЯ (1924) A Gold Grove Ceased Chatting /《Отговорила роща золотая...》(1924) The Ballade About Twenty Six Men / БАЛЛАДА О ДВАДЦАТИ ШЕСТИ (1924) Confessions of a Hooligan / ИСПОВЕДЬ ХУЛИГАНА (1924) 全9作から成る連作同一タイトルの詩『ИСПОВЕДЬ ХУЛИГАНА(自堕落者の懺悔)』(1920)を始め、『自堕落者』(1919)、『ソロコウスト』(1920)などを収録Tavern Moscow / МОСКВА КАБАЦКАЯ (1924) 全6作から成る連作同一タイトル詩集МОСКВА КАБАЦКАЯ(酒場モスクワ)」(1924)に、『自堕落者の恋』『私は嘆くまい』などと共に収録された。 A Hooligan's Love / ЛЮБОВЬ ХУЛИГАНА (1924) 全7作から成る連作。アウグスタ・ミクラシェフスカヤに捧げられる詩集酒場モスクワ」(1924)に収録Russ Passing Away / РУСЬ УХОДЯЩАЯ (1924) A Letter to a Woman / ПИСЬМО К ЖЕНЩИНЕ (1924) The Persian Motifs / ПЕРСИДСКИЕ МОТИВЫ (1924-1925) 全15から成る連作Anna Snegina / АННА СНЕГИНА (1925) 長編物語詩革命後の激動農村を描く。 Desolate and Pale Moonlight /《Неуютная жидкая лунность...》(1925) To Kachalov's Dog / СОБАКЕ КАЧАЛОВА (1925) Flowers Whisper "Farewell" to Me /《Цветы мне говорят - прощай...》(1925) The Black Man / ЧЁРНЫЙ ЧЕЛОВЕК (1925脱稿) ダンカンとの結婚生活行き詰まり強く反映され作品日本語では『不吉の人』と訳されることが多い。 O My Bare and Icy Maple Tree /《Клён ты мой опавший, клён заледенелый...》(1925) この詩による歌曲は、作曲者不明民謡旋律よるものが最も有名。 You Neither Love nor Pity Me /《Ты меня не любишь, не жалеешь...》(1925) Goodbye, my friend, goodbye /《До свиданья, друг мой, до свиданья...》(1925) (辞世の詩

※この「主要作品」の解説は、「セルゲイ・エセーニン」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「セルゲイ・エセーニン」の記事については、「セルゲイ・エセーニン」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 15:56 UTC 版)

エイトル・ヴィラ=ロボス」の記事における「主要作品」の解説

詳細ヴィラ=ロボスの楽曲一覧参照12曲の交響曲17曲の弦楽四重奏曲といった古典的な形式によった作品から9曲の「ブラジル風バッハのような実験的な性格を持つ作品まで、実に1,000近くに及ぶ膨大な作品を遺した作曲家であり、その全貌捉えることは容易なことではない。以下、主な作品列記する

※この「主要作品」の解説は、「エイトル・ヴィラ=ロボス」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「エイトル・ヴィラ=ロボス」の記事については、「エイトル・ヴィラ=ロボス」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/11 09:05 UTC 版)

三輪眞弘」の記事における「主要作品」の解説

作曲家がゆく――西村朗対話集』(春秋社巻末掲載された、主要音楽作品表に基づく。

※この「主要作品」の解説は、「三輪眞弘」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「三輪眞弘」の記事については、「三輪眞弘」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/27 14:47 UTC 版)

リン・ウッツン」の記事における「主要作品」の解説

ロイヤルコペンハーゲン装飾シリーズ スウェーデン・ボルボ本社ビルの大装飾 コペンハーゲン空港新国ターミナル陶器壁画 コペンハーゲンチボリ公園12棟の磁器ドーム その他バレエのステージデザイン・コスチューム 建築家ジョイント室内装飾教会デザイン等 この項目は、人物関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(プロジェクト:人物伝Portal:人物伝)。

※この「主要作品」の解説は、「リン・ウッツン」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「リン・ウッツン」の記事については、「リン・ウッツン」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/02 10:13 UTC 版)

アンドレ・ヴォルムゼル」の記事における「主要作品」の解説

ヴォルムゼルは合唱曲管弦楽曲オペラ器楽曲歌曲などに作品を遺した。 バレエパントマイム『L'étoile』 2幕 (1897年ピアノオーボエのための『Ballada』 (1909年カンタータ『クリテムネストラ』(Clytemnestre) (1897年パントマイム放蕩息子』(L'enfant prodigue) (1890年ヴァイオリンピアノのための『Reverie』(ジプシー組曲オペラAdèle de Ponthieu』 (1887年オペラRivoli』 (1896年

※この「主要作品」の解説は、「アンドレ・ヴォルムゼル」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「アンドレ・ヴォルムゼル」の記事については、「アンドレ・ヴォルムゼル」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/28 23:23 UTC 版)

アレクサンドル・ル・ブロン」の記事における「主要作品」の解説

ホテル・ド・ヴァンドーム (Chaulnesとも呼ばれるRue D'Enfer、1706年から1707年。現在は国立高鉱山学校パリ校に) デュラスホテル・サン・トーギュスタン再建デュラス公爵未亡人から依頼1708年) オテル・ドゥ・クレルモン(69 RUE DEレンヌ、ジャンヌテレーズアルバート・デ・ルイネ、Saissac、1713年) ハウス・ムードン(ジャンヌ・バティスト・ド・アルバート・デ・ルイネ 、コンテス・ド・ワート、1714年夏の離宮1714年完成 サンクトペテルブルクオーシュ大司教宮殿 カネ庭園ナルボンヌ近郊) ルニョー家シャティヨンオー=ド=セーヌ) Apraxine宮殿サンクトペテルブルク1717年から1718年コンスタンティン宮殿ゴフ1717年から1719年ペテルゴフ公園1717年から1718年

※この「主要作品」の解説は、「アレクサンドル・ル・ブロン」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「アレクサンドル・ル・ブロン」の記事については、「アレクサンドル・ル・ブロン」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/14 08:36 UTC 版)

クロード・トーマス・スミス」の記事における「主要作品」の解説

フェスティヴァル・ヴァリエーションFestival Variations20世紀吹奏楽作品中でも記念碑的な作品と表現される。アメリカ空軍ワシントンバンドと当時隊長アーナルド・D・ゲイブリエル大佐委嘱作曲1982年2月10日アメリカ合衆国音楽教育者協会テキサス州音楽教育者協会合同コンベンション席上ゲイブリエル大佐指揮のワシントンバンドで初演され大反響起こした。 この作品に対する賞賛をゲイブリエル大佐メッセージとして残し、これはフルスコアにも掲載されている。「高度な演奏技術現代的な奏法ロマンティシズム溢れサウンド全て凝縮されたこの作品間違いなく今世紀の記念碑的作品となるだろう」(抜粋冒頭コーダにおけるホルンファンファーレ音域広く非常に演奏難しいが、これは当時のワシントンバンドの首席ホルン奏者大学時代スミスライバルであったことから、わざと難しく書いたという有名なエピソード残っている。 華麗な舞曲Danse Folâtreアメリカ吹奏楽界において最高の実力を誇るアメリカ空軍軍楽隊英語版)の演奏能力音楽水準の高さに挑戦した作品1986年米空軍軍楽隊当時隊長ジェイムズ・M・バンクヘッド中佐からの委嘱作曲同年12月20日シカゴのミッドウェストバンドクリニック時に米空軍軍楽隊演奏によって初演された。 この作品の評価について意見二分するが、少なくとも演奏にあたっては高度な技術を持つ奏者なければ太刀打ちできない。またピッコロ・トランペット起用加え、特殊打楽器群の多用ホルン対す挑戦的なパッセージなど、スミス独創的且つ力強い発想ふんだんに取り入れられている。 スミス作品中最も演奏困難な作品である。 ルイ・ブルジョワ賛歌による変奏曲Variations on a Hymn by Louis Bourgeoisアメリカ海兵隊バンド英語版)と隊長ジョン・ブージェワー(英語版)の委嘱によって1984年作曲トランペット重要な役割与えられている。 独立賛歌による変奏曲Variations on a Revolutionary Hymn合衆国憲法採択200周年記念し陸軍野戦部隊バンド英語版) の委嘱1987年作曲スミス生前発表され最後作品である。 ファンファーレ・バラード&ジュビリーFanfare, Ballard & Jubileeコンサートマーチフライト」 (Flight) アメリカ国立航空宇宙博物館の「公式マーチ」に採用されている。 古いアメリカ賛歌による序曲 (Overture on an Early American Folk Hymnクリスマス・キャロルによる狂詩曲 (Rhapsody on Christmas Carols) エターナル・ファーザー,ストロング・トゥ・セイブ(Eternal Father, Strong to Save)

※この「主要作品」の解説は、「クロード・トーマス・スミス」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「クロード・トーマス・スミス」の記事については、「クロード・トーマス・スミス」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/25 22:11 UTC 版)

フェ血ス」の記事における「主要作品」の解説

仲咲千春のムチフェチロイドW ムチムチした肉感ロリ顔でカルト人気AV女優仲咲千春生理血やオシッコ等の体液や乳や巨尻を臭いフェチ匂いフェチ)的に徹底的にエグイまでにフェチする作品松すみれ匂いと臭い 前田陽菜匂いと臭い ねこみみ女子校生

※この「主要作品」の解説は、「フェ血ス」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「フェ血ス」の記事については、「フェ血ス」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 15:38 UTC 版)

鬼頭梓」の記事における「主要作品」の解説

1968年東京経済大学図書館構造設計木村俊彦第20回日本建築学会賞作品賞、国分寺市) - DOCOMOMO指定新図書館建設に伴い目的施設として保存予定1970年山梨県立図書館甲府市) - 新図書館建設に伴い解体 1972年東北大学附属図書館宮城県仙台市) - 国立大学における初の民間設計委託日本建築家協会25年賞(2002年度受賞1973年日野市中央図書館構造設計木村俊彦、東京都) 1973年山口県立山口図書館構造設計木村俊彦1974年横浜国立大学図書館神奈川県1977年同志社女子大学図書館京都府京都市1978年甲南大学図書館構造設計木村俊彦兵庫県神戸市東灘区1979年山口県立美術館山口市) - 第7回日本建築家協会25年賞(2007年度受賞 1980年法政大学80年館(東京都千代田区1981年神戸市立中央図書館構造設計木村俊彦兵庫県1981年徳山市中央図書館構造設計木村俊彦、現・周南市中央図書館山口県1981年立教高等学校(現:立教新座中学校・高等学校図書館棟構造設計木村俊彦埼玉県新座市1984年関西大学総合図書館構造設計木村俊彦大阪府吹田市1986年東京神学大学図書館東京都三鷹市1987年長岡市立中央図書館構造設計木村俊彦新潟県1987年武蔵野市立吉祥寺図書館東京都1988年袋井市袋井図書館静岡県1989年キリスト品川教会グローリアチャペル(構造設計木村俊彦東京都品川区1991年具志川市図書館(現・うるま市中央図書館沖縄県1991年茨木市立中央図書館大阪府1992年大阪教育大学附属図書館大阪府柏原市1994年熊取町立熊取図書館大阪府1995年東京都吉祥寺老人ホーム 1995年武蔵野市立中央図書館 1997年:デイスター大学アガペー図書館ナイロビ郊外ケニア)- 同校宣教師育成のために創立されキリスト教系私立大学寄付募った妻の鬼頭當子に対し図書館サポートフォーラム賞が贈られた。 1998年洲本市立洲本図書館兵庫県) - 日本建築家協会2007年度建築環境受賞 1998年聖学院大学8号館 1999年東洋英和女学院大学図書館 2000年聖学院大学本館増築 2001年武蔵野市立吉祥寺美術館 2002年関東学院大学図書館文学部分館 2003年日野町図書館二期工事 2005年函館市中央図書館北海道

※この「主要作品」の解説は、「鬼頭梓」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「鬼頭梓」の記事については、「鬼頭梓」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 05:09 UTC 版)

長新太」の記事における「主要作品」の解説

絵本 ぼくのくれよん講談社ごろごろにゃーん(福音館書店ちへいせんのみえるところ(ビリケン出版) ぴかくんめをまわす福音館書店タコバス福音館書店ムニャムニャゆきのバスほるぷ出版) つみつみニャーあかね書房ちょびひげらいおんあかね書房) みみずのオッサン童心社こんにちは! へんてこライオン小学館ヘンテコどうぶつ日記理論社よくばり たーこ(福音館書店)など。 漫画 マンガどうわ なんじゃもんじゃ博士 ハラハラ編(福音館書店マンガどうわ なんじゃもんじゃ博士 ドキドキ編(福音館書店マンガ怪人シリーズ - エッセイ集『海のビー玉』に1から11まで収録挿絵 おしゃべりたまごやき寺村輝夫 福音館書店山のむこうは青い海だった今江祥智 理論社) ぞうをだいた女の子 (落合恵子 理論社) へんですねえ へんですねえ(今江祥智 ベトナムの子供を支援する会) ぼんぼん4部作今江祥智 理論社) うみのしまうま山下明生 実業之日本社いたずらラッコロッコ神沢利子 あかね書房) こねこちゃんは どこへ(神沢利子 架空社) かいぞくオネション(山下明生 あかね書房) 海のメダカ皿海達哉 偕成社) ぬい針だんなとまち針おくさん土橋悦子 福音館書店)など。 エッセイほか 海のビー玉平凡社ライブラリー長新太チチンプイプイ旅行平凡社ユーモア発見岩波ジュニア新書)など。

※この「主要作品」の解説は、「長新太」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「長新太」の記事については、「長新太」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/18 03:41 UTC 版)

サミュエル・アーノルド (作曲家)」の記事における「主要作品」の解説

The Maid of the Mill (1765) Abimelech (1768) The Prodigal Son (1773) Polly (1777) The Baron Kinkvervankotsdorsprakingatchdern (1781) The Castle of Andalusia (1782) Two to One (1784), libretto George Colman. Includes the song "Pensive I Mourn". Turk and No Turk (1785) Inkle and Yarico (1787) また、アーノルド1787年から1797年にかけてゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルの初となる作品集まとめて180の部分にわけて出版したことによっても知られる。これは19世紀に『ヘンデル協会』版が登場するまでヘンデル音楽の最も網羅的な全集であった

※この「主要作品」の解説は、「サミュエル・アーノルド (作曲家)」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「サミュエル・アーノルド (作曲家)」の記事については、「サミュエル・アーノルド (作曲家)」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 03:01 UTC 版)

レナード・バーンスタイン」の記事における「主要作品」の解説

交響曲第1番エレミア』 (Symphony No.1 "Jeremiah") (1942年第2番不安の時代』(ピアノ管弦楽のための) (Symphony No.2 "The age of anxiety") (1947年-1949年/1965年改訂第3番カディッシュ』(管弦楽混声合唱少年合唱話者ソプラノ独唱のための) (Symphony No.3 "Kaddish") (1963年/1977年改訂バレエファンシー・フリー』 (Fancy Free) (1944年ミュージカル『オン・ザ・タウン』 (On the Town) (1944年初演ミュージカルワンダフル・タウン』(Wonderful Town) (1953年初演ミュージカルウエスト・サイド物語』 (West Side Story) (1957年初演ミュージカルキャンディード』 (Candide) (1956年初演/1989年最終改訂オペラタヒチ島騒動』 (Trouble in Tahiti) (1952年)この作品後年大幅な拡大改訂施されオペラ静かな場所』 (A Quiet Place)となった。(1983年クラリネット・ソナタ (Sonata for Clarinet and Piano) (1942年5つの子供の歌『私は音楽が嫌い』 (I Hate Music) (1943年合唱曲チチェスター詩篇』 (Chichester Psalms) (1965年歌手演奏家踊り手のためのミサ曲 (Mass - A theatre piece for singers, dancers, and players) (1971年合唱曲『ソングフェスト』 (Songfest) (1977年前奏曲フーガリフ (Prelude, fugue and riffs) (1949年/1952年改訂映画波止場』 (On the Waterfront)の音楽1954年セレナード (Serenade) (1954年バレエ『ディバック』 (Dybbuk) (1974年政治的序曲スラヴァ!』 (Slava! A Political Overture) (1977年オーケストラのためのディヴェルティメント (Divertimento for Orchestra) (1980年ハリル (Halil) (1981年ピアノ曲『タッチズ』(コラール8つ変奏フーガ) (Touches - Chorale, Eight Variations and Coda) (1981年アリアバルカロールメゾ・ソプラノバリトン4手ピアノのための) (Arias and Barcarolles) (1988年

※この「主要作品」の解説は、「レナード・バーンスタイン」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「レナード・バーンスタイン」の記事については、「レナード・バーンスタイン」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 15:52 UTC 版)

レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ」の記事における「主要作品」の解説

作品についてはレイフ・ヴォーン・ウィリアムズの楽曲一覧ご覧ください

※この「主要作品」の解説は、「レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ」の記事については、「レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 03:28 UTC 版)

ロバート・ブール・マルクス」の記事における「主要作品」の解説

Selon Vaccarinoによると、マルクス仕事4つコンセプト要約できるという :「一般的なデザイン構造要素としての固有の熱帯植物活用オープンスペースデザインにおける対称パターン打破舗装カラフルな処理と場所の特性触発された自由フォルム使用といったアプローチは、コパカバーナビーチのプロムナード沿って導かれる。ここでは、アベニーダアトランティカに沿って海風に強い木やヤシの木が木立形成する巨大かつ抽象的なキャンバス形成するポルトガル石のモザイク模様区切っており、その中の遊歩道沿った部分は同じとはならないホテルバルコニーから見たこの「絵画」は、ビーチ沿って乗る人に絶え間ない進化視点提供し、モザイクパターンは、ビーチプロムナードの4キロメートルすべてをカバーしている。 オスカー・ニーマイヤー設計したブラジリア公共施設景観設計庭園設計協力ブラジル陸軍ウォーターガーデン 1970年 ブラジル外務省ビルディングランドスケープブラジル文部省庁舎屋上庭園 1937年 ブラジル再保険協会庁舎屋上庭園 1939年 リオ計画 1933年から1948年 サントス・ドゥモント空港 アラーハ公園 サンパウロ大学校庭 リオ・カナダ大使館庭園 サンタバーバラ・バートン・トルメイン邸庭園1948年 オデッラ・モンテイロ庭園(現ルイス・セザール・フェルナンデス邸)リオデジャネイロ 1948年 イビラプエラ公園 サンパウロ市 1954年 コパカバーナ・プロムナード景観設計 - 4キロメートル大規模なモザイクパターン街路 1970年完成リオデジャネイロ有名なビーチフラメンゴ公園 - 大規模な埋め立て地建てられるリオデジャネイロ 1965年 ベネチアン宮殿エントランス大規模なスケールエステ公園。ベネズエラ・カラカス ペンシルベニア州カスケード・ガーデンとロングウッド・ガーデン ビスケーン大通りフロリダ州マイアミ死後完成ペルー広場ブエノスアイレス(現在は解体クアラルンプール市内中央公園。マレーシア・クアラルンプール クアラルンプール国際空港ペトロナスツインタワー下の植栽インドネシアシーザー・ペリ&アソシエーツと協同1993年ユネスコ庭園パティオフランス・パリポンピドゥーセンター4階テラス パンプーリャの近代建築群 オスカー・ニーマイヤーらと共同設計による計画地区世界文化遺産登録されている。 1930年から1934年 - リオデジャネイロ、ベラスアルテス国立公園 1932- リオデジャネイロシュワルツ家の造園プロジェクト 1937- レシフェ最初生態公園 1953- ブラジル大学、リオデジャネイロシテ大学庭園プロジェクト 1953- ベロオリゾンテのパンプーリャ・エアポートガーデンプロジェクト 1955- リオデジャネイロ近代美術館景観プロジェクト-MAM / RJ 1961- ブラジリア 記念碑造園プロジェクト 1961- リオデジャネイロ、アテロ・ド・フラメンゴの造園 1968- ワシントンDCブラジル大使館景観プロジェクト米国1970- カルナック宮殿景観プロジェクトピアウイ政府公式業務 1990- イパチンガ / MGイパネマ公園景観プロジェクト

※この「主要作品」の解説は、「ロバート・ブール・マルクス」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「ロバート・ブール・マルクス」の記事については、「ロバート・ブール・マルクス」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 07:16 UTC 版)

ジローラモ・サヴォルド」の記事における「主要作品」の解説

Category:ジローラモ・サヴォルド作品参照聖アントニウスの誘惑(1515-1520年)、ティムケン美術館 (サン・ディエゴ) 聖ヒエロニムスの誘惑(1515-1530年)、プーシキン美術館 (モスクワ) 砂漠エリヤ1520年頃)、ナショナル・ギャラリー (ワシントン) 隠者としての聖アントニウス聖パウロ1520年頃)、アカデミア美術館 (ヴェネツィア) 聖マタイと天使1534年)、メトロポリタン美術館 (ニューヨーク) サン・ドメニコ・ディ・ペーザロの祭壇画(1524–1526)、ブレラ美術館 (ミラノ) トビアスと天使1527年頃)、ボルゲーゼ美術館 (ローマ) 鎧を着けた戦士の肖像1529年頃)、ルーヴル美術館 (パリ) キリストの変容1530年頃)、ウフィツィ美術館 (フィレンツェ) 羊飼いの礼拝1540年頃)、トジオ・マルティネンゴ絵画館 (ブレシア) 若いフルート奏者肖像1540年頃)、トジオ・マルティネンゴ絵画館 (ブレシア) マグダラのマリア(1535–1540年)、J・ポール・ゲティ美術館 (ロサンゼルス)、ナショナル・ギャラリー (ロンドン)、コンティーニ・ボナコッシ・コレクション (ウフィツィ美術館フィレンツェ)、絵画館 (ベルリン)

※この「主要作品」の解説は、「ジローラモ・サヴォルド」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「ジローラモ・サヴォルド」の記事については、「ジローラモ・サヴォルド」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 05:56 UTC 版)

チャールズ・グワスミー」の記事における「主要作品」の解説

1995年 ノースマイアミ現代美術館(en:Museum of Contemporary Art, North Miami)(マイアミ・デード) 2005年 アスター・プレイス・タワー(ニューヨーク) この項目は、建築・土木関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(プロジェクト:建築Portal:建築)。 典拠管理 BIBSYS: 90123437 BNF: cb13330466r (データ) CANTIC: a11290456 FAST: 1729674 GND: 122826000 ISNI: 0000 0001 1455 1450 LCCN: n84201055 NDL: 00442061 NTA: 070530262 RKD: 286578 SNAC: w6m626z8 SUDOC: 092774393 ULAN: 500002529 VIAF: 111000464 WorldCat Identities: lccn-n84201055

※この「主要作品」の解説は、「チャールズ・グワスミー」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「チャールズ・グワスミー」の記事については、「チャールズ・グワスミー」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 06:17 UTC 版)

アラン・ホヴァネス」の記事における「主要作品」の解説

遺作は現在番管理なされていない。 トランペット弦楽のための「聖グレゴリウス祈り作品62b 龍笛と笙のためのソナタ 作品121 交響曲第1番 作品17追放者交響曲第2番 作品132神秘の山」 交響曲第3番 作品148オランダ語版交響曲第4番 作品165 交響曲第6番 作品173天空の門」(オランダ語版交響曲第7番 作品178「ナンガ・パルヴァ」 交響曲第9番 作品180「聖ヴァルタン」 交響曲第14番 作品194アララト交響曲第15番 作品199「銀の巡礼交響曲第19番 作品217ヴィシュヌ」(オランダ語版交響曲第20番 作品223聖なる山への3つの旅」 交響曲第21番 作品234エチミアジン交響曲第22番 作品236光の都市交響曲第23番 作品249アニ交響曲第24番 作品273マジュヌーン交響曲第25番 作品275オデュッセウス管弦楽ザトウクジラ鳴き声吹き込んだテープのための「そして神は偉大なを創りたもうた・・・ 」作品229-1 交響曲46作品347「緑の山に」(オランダ語版交響曲48作品355アンドロメダビジョン交響曲49作品356クリスマス交響曲」(オランダ語版交響曲50作品360セント・ヘレンズ山」(オランダ語版交響曲53作品377「星の燭光交響曲60作品396アパラチア山脈へ」 交響曲63作品411「ルーン・レイク」 交響曲66作品428「グレイシア・ピークへの讃歌交響曲67作品429「山への讃歌ギター協奏曲第1番 作品325オランダ語版ギター協奏曲第2番 作品394

※この「主要作品」の解説は、「アラン・ホヴァネス」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「アラン・ホヴァネス」の記事については、「アラン・ホヴァネス」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 06:13 UTC 版)

ウィンスロー・ホーマー」の記事における「主要作品」の解説

各作品は、邦題日本語タイトル)を確認できるものはそれを見出し語にしている。英題(英語タイトル)は分かる限り書き添える見出し語ラテン文字表記場合、特に断りの無い限り英題である。ホーマーアメリカ本拠とするアメリカ人画家であるから英題原題考えるが、なかには英題確認できない作品もある。 The War for the Union, 1862 - A Bayonet Charge 1862年木版画戦争画平版印刷見習い時代作品。『ハーパーズ・ウィークリー(英語版)』誌上掲載挿絵南北戦争北軍描いたもので、ベイオネットチャージ (Bayonet Charge) を直訳すれば「銃剣突撃」で、銃剣による突撃戦法をいう。■下に画像あり クリケット・ゲーム (英題A Game of Croquet 1864年の作。画布油彩画クリケットゲーム興じる2人貴婦人を描く。イェール大学アートギャラリー英語版所蔵。 クリケット・シーン (英題Croquet Scene 1864年の作。画布油彩画。『クリケット・ゲーム』の2人を全く同じ様子描き、そこに貴婦人1人紳士1人描き加えている。シカゴ美術館所蔵。■下に画像あり ホワイト山地を描く画家たち英題)Artists Sketching in the White Mountains 1868年木板油彩画ニューハンプシャー州にあるホワイト山地風景を描く画家達を描いた作品制作背景については「ホワイト山地内の当該セクション詳説あり。ポートランド・ミュージアム・オブ・アート(英語版所蔵。■下に画像あり 朝の鐘 (英題)The Morning Bell 1871年画布油彩画イェール大学アートギャラリー英語版所蔵。 カントリースクール (英題)The Country School 1871年画布油彩画ニューイングランドはキャッツキルの素朴な学び舎の、教室先生子供達を描く。セントルイス美術館所蔵鞭打ち英題)Snap the Whip 1872年画布油彩画南北戦争戦後復興期も早7年目迎えた夏、都会レコンストラクション盛んに取り沙汰されているさなか、古き良きアメリカ長閑な田舎光景は、取り残されたようにハドソンバレーにあったハーレー小学校男子児童達は、赤煉瓦の小校舎の前の草原でみんなして手をつないで元気にゲーム楽しんでいる。少年達作る視線導線先に女子児童達や先生思しき大人達もいる。バトラー・インスティテュート・オブ・アメリカン・アート(英語版所蔵グロスター港 (英題Gloucester Harbor 1873年画布油彩画海洋アート英語版)(海洋画)。マサチューセッツ州都市グロスター港湾夕景凪いだ港湾内を手漕ぎボートがゆく。中景には大小数隻の帆船見える。「グロスター (マサチューセッツ州)#絵画と版画」も参照のこと(■画像もあり)。エニッド・アンド・クロスビー・ケンパー財団 (Enid and Crosby Kemper Foundation) 旧蔵寄贈ネルソン・アトキンス美術館所蔵二枚貝の篭 (英題)A Basket of Clams 1873年網目漉き紙(英語版)、水彩画。『グロスター港』と同じ時期に同じ港で描かれた数のうちの1枚10代半ば男の子2人力を合わせて重そう木桶運んでいる。木桶にはたくさんのクラム小型食用二枚貝)が入っているでのあろう。日差し強く白砂の浜に男の子達が落とす影は濃い。中景に横たわる小型帆船存在感があり、並立する2本のマスト立ち姿の子供達とシンクロしている。アーサー・アルツシュール(英語版旧蔵寄贈メトロポリタン美術館所蔵。■下にも画像あり 牧草地少年たち英題Boys in a Pasture 1874年画布油彩画広々とした牧草地真ん中に腰を下ろした2人少年ボストン美術館所蔵風が強まる英題Breezing Up (A Fair Wind) 1873-1876年の作。画布油彩画海洋アート海洋画)。画家本人による原題は "A Fair Wind "。ワシントンD.C.ナショナル・ギャラリー所蔵。■下にも画像あり ひばりの歌英題Song of the Lark 1876年画布油彩画クライスラー美術館所蔵。 A Visit from the Old Mistress - 1876年画布油彩画。スミソニアン・アメリカ美術館英語版所蔵濃霧警報英題The Fog Warning 1885年画布油彩画海洋アート海洋画)。ボストン美術館所蔵。■下にも画像あり 八点鐘英題Eight Bells 1886年画布油彩画。アディスン・ギャラリー・オブ・アメリカン・アート(英語版所蔵。■下にも画像あり 夏の夜英題Summer Night (仏題)Nuit d'été 1890年画布油彩画オルセー美術館所蔵Rowing Home 1890年。紙、水彩画海洋アート英語版)(海洋画)。油彩画ウェット・オン・ウェット英語版)の使用例フィリップス・コレクション収蔵。■下に画像あり そり乗り英題Sleigh Ride 1893年画布油彩画。クラーク・アート・インスティテュート(英語版所蔵キツネ狩り英題The Fox Hunt 1893年画布油彩画動物画ペンシルベニア美術アカデミー所蔵。■下にも画像あり Moonlight, Wood Island Light 1894年画布油彩画メトロポリタン美術館所蔵メキシコ湾流英題)The Gulf Stream 1899年画布油彩画海洋アート英語版)(海洋画)。メトロポリタン美術館所蔵。■下にも画像あり ハリケーンの後バハマ英題)After the Hurricane, Bahamas 1899年水彩画海洋アート海洋画)。シカゴ美術館所蔵。■下に画像あり West Point, Prout's Neck 1900年画布油彩画故郷プラウツネック(英語版)の波寄せ海岸を描く。クラーク・アート・インスティテュート(英語版所蔵右と左英題Right and Left 最晩年にあたる1909年の作。画布油彩画ワシントンD.C.ナショナル・ギャラリー所蔵。■下にも画像あり

※この「主要作品」の解説は、「ウィンスロー・ホーマー」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「ウィンスロー・ホーマー」の記事については、「ウィンスロー・ホーマー」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 08:56 UTC 版)

アルテュール・オネゲル」の記事における「主要作品」の解説

牝山羊の踊り サラ・バッシングスウェイト演奏2006年) この音声映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声動画の再生ご覧ください詳細は「オネゲルの楽曲一覧」を参照

※この「主要作品」の解説は、「アルテュール・オネゲル」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「アルテュール・オネゲル」の記事については、「アルテュール・オネゲル」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 07:56 UTC 版)

ボフスラフ・マルティヌー」の記事における「主要作品」の解説

マルティヌーは、400作を残した大変に多作作曲家で、その作品数は、20世紀作曲家としてはヴィラ=ロボス次ぎミヨータンスマンかろうじてこれに並ぶ。創作は、自己の作風模索するように様々な実験的書法を試た1930年代まで第1期、ほぼ1940年代一致するアメリカ滞在時期第2期で、彼の創作活動頂点にあたる。そして、ヨーロッパ戻ってからが第3期で、新古典的あるいは新印象主義的とも言われる作風形式とらわれない自由な作品創作した。 彼は、知人頼まれる断れない性格だったといわれ、その作品多く委嘱作品であり、名技性を発露するための協奏曲30近く作曲されているのが際だっている。これに対し20世紀作曲家にとっては重要な分野である映画音楽は、創作第1期に5作を作曲しただけという点も多く研究者興味を惹いている。後年望郷の念が作風反映し自分の名前から取った音名象徴や、愛聴したドヴォルザーク『レクイエム』からの「キリエ」などの引用増えてくる。

※この「主要作品」の解説は、「ボフスラフ・マルティヌー」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「ボフスラフ・マルティヌー」の記事については、「ボフスラフ・マルティヌー」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 09:58 UTC 版)

鈴木優人」の記事における「主要作品」の解説

An Anna Blumeテノールヴァイオリンクルト・シュヴィッタースの詩による Apokalypsis I(ソプラノ、2ヴァイオリンチェロピアノ) Apokalypsis II(8声部合唱) Apokalypsis III(歌、リコーダーヴァイオリンパイプオルガン) Apokalypsis IV(ポジティヴ・オルガン) Apokalypsis V(4つの自由楽器深き淵より混声合唱詩編130編による さふらん混声合唱ピアノ立原道造の詩による YOKOHAMAコンビネーション付きパイプオルガンのための) モーツァルティアーナホルンピアノJ.S.バッハ教会カンタータ37番および190番の喪失楽章復元 モーツァルトレクイエム補筆およびモーツァルトスケッチによるアーメンフーガ作曲 その他、編曲など多数

※この「主要作品」の解説は、「鈴木優人」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「鈴木優人」の記事については、「鈴木優人」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 14:15 UTC 版)

ガブリエル・フォーレ」の記事における「主要作品」の解説

以下「Op.」以下の数字作品番号を示す。全曲リストフォーレの楽曲一覧参照

※この「主要作品」の解説は、「ガブリエル・フォーレ」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「ガブリエル・フォーレ」の記事については、「ガブリエル・フォーレ」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 03:53 UTC 版)

マリウス・プティパ」の記事における「主要作品」の解説

プティパ生涯60作近いバレエ演出振付行ったが、今日全幕上演される作品はそのごく一部であり、多く作品失われたか、ガラ公演などで部分的に上演されるのみである。以下、主な作品挙げる

※この「主要作品」の解説は、「マリウス・プティパ」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「マリウス・プティパ」の記事については、「マリウス・プティパ」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 10:01 UTC 版)

川島素晴」の記事における「主要作品」の解説

現代日本作曲家 現代ACTION MUSIC 川島素晴2000年CD化された代表的な作品集。Manic Psychosis躁病)、Dual Personality二重人格)、Manic-Depressive(躁うつ病)などの精神科領域題材とりあげた。 収録曲クレジットManic Psychosis I秋吉台作曲賞1992受賞作品演奏木ノ脇道元フルート)。録音1999年12月12日スタジオフェルマータDual Personality I第7回芥川作曲賞受賞作品演奏神田佳子パーカッション)、新日本フィルハーモニー交響楽団指揮小松一彦録音1997年8月31日サントリーホールライヴ録音)、演奏会名:「第7回芥川作曲賞選考演奏会」、主催財団法人サントリー音楽財団音源提供NHKサービスセンター フルート協奏曲 - cond.act/KonTakt/conteraste IIBiennale Neue Musik Hannover委嘱作品演奏木ノ脇道元フルート)、菊地秀夫クラリネット)、甲斐史子バイオリン)、岩永チェロ)、神田佳子パーカッション新垣隆ピアノ)、cond.actor(指揮川島造語):川島素晴録音1999年7月1日津田ホールライヴ録音)、演奏会名:第15回東京の音>音楽祭99木ノ脇道元フルート・パフォーマンス」、主催アリオン音楽財団朝日新聞社 4-10. Manic-Depressive III for piano, prepared piano and orchestra(4. 〈i〉 Prelude/C.)(5. [I] Manic)(6. 〈ii〉 Interlude/C.)(7. [II] Depressive)(8. 〈iii〉 Musik/K.)(9. [III] Manic-Depressive)(10. 〈ivCoda:dreamily/K.) サントリー音楽財団委嘱作品演奏野平一郎ピアノ)、川島素晴プリペアド・ピアノ)、新日本フィルハーモニー交響楽団指揮小松一彦録音1999年8月29日サントリーホールライヴ録音)、演奏会名:「第9回芥川作曲賞選考演奏会」、主催財団法人サントリー音楽財団音源提供NHKサービスセンター 写真福井知子Translation: Kunihiko Goto

※この「主要作品」の解説は、「川島素晴」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「川島素晴」の記事については、「川島素晴」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 06:06 UTC 版)

ワシリー・カンディンスキー」の記事における「主要作品」の解説

詳細カンディンスキー絵画一覧(英語版)を参照青騎士 (1903) 馬上の二人 (1906-1907) Improvisation avec Formes froides (1914) Peinture non objective (1915) Moscou, La Place Rouge (1916) 無題 Sans titre Impression III (1911) Romantic Landscape (1911) A Riding Amazon (1911) Gorge Improvisation (1914) 塔のある風景(1909) コンポジション VII コンポジション VIII (1923) 『即興 渓谷』(1914年、ミュンヘン・レンバッハハウス美術館) 『即興 27』(1912年メトロポリタン美術館

※この「主要作品」の解説は、「ワシリー・カンディンスキー」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「ワシリー・カンディンスキー」の記事については、「ワシリー・カンディンスキー」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 04:23 UTC 版)

権藤要吉」の記事における「主要作品」の解説

御料館 - 1927年北村耕造のもとで携わる。 旧李王家東京邸(赤坂プリンスホテル) - 1930年昭和5年)に李垠邸宅として造営され木造2階建の洋館設計北村耕造権藤要吉ほか。施工清水組学習院校舎西一号館 - 1930年昭和5年)に中等科教場として建てられ建物基本設計担当。現在は214教室部屋当時面影偲ばせるストーブ置き場照明器具が残る 朝香宮邸現・東京都庭園美術館重要文化財) - 1933年昭和8年施工戸田建設高松宮邸 - 1933年昭和8年)。 小林理学研究所残響試験

※この「主要作品」の解説は、「権藤要吉」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「権藤要吉」の記事については、「権藤要吉」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/23 05:54 UTC 版)

クラウディオ・マグリス」の記事における「主要作品」の解説

1984年 Illazioni su una sciabola 1986年 Danubioイタリア語版バグッダ賞受賞作 1988年 Stadelmann 1991年 Un altro mare 1997年 Microcosmi(イタリア語版ストレーガ賞受賞作 など。

※この「主要作品」の解説は、「クラウディオ・マグリス」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「クラウディオ・マグリス」の記事については、「クラウディオ・マグリス」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 02:47 UTC 版)

ヴァンゲリス」の記事における「主要作品」の解説

長期間充実して活動続けており作品数膨大だが、名作とされる作品転機となった作品を記す。文中記載チャート順位は『ダイレクト』の記述よる。

※この「主要作品」の解説は、「ヴァンゲリス」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「ヴァンゲリス」の記事については、「ヴァンゲリス」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 02:30 UTC 版)

森万里子」の記事における「主要作品」の解説

プレイ・ウィズ・ミー』(1994年) 『ティー・セレモニー』(1994年) 『サブウェイ』(1994年) 『スター誕生』(1995年)以上はいずれ奇抜な服装に身を包んだ作者自身被写体となっており、アニメコスプレオタク文化といった日本ポップ・カルチャー強く意識した作品。「プレイ・ウィズ・ミー」では日本のアニメ登場する女性戦士のような服装をした作者東京秋葉原思しきゲームソフト店の店頭立っている。 『エソテリック・コスモス』(宇宙秘儀)(1996 - 1998年)「エントロピー・オブ・ラブ」(Entropy of Love)、「バーニング・デザイアー」(Burning Desire)、「ミラー・オブ・ウォーター」(Mirror of Water)、「ピュア・ランド」(Pure Land)の4点からなる写真作品それぞれアリゾナ砂漠ゴビ砂漠火焔山フランスミラージュ[要曖昧さ回避]の洞窟死海風景背景に、菩薩扮し作者二重写しになっているそれぞれ受胎修行悟り涅槃表したものという。 『リンク・オブ・ザ・ムーン巫女祈り)』(1996年作者自身登場する映像作品。白ずくめの服装で、髪を白く染め、白いコンタクトレンズをした作者巫女扮しガラスの球体をまさぐる。 『ニルヴァーナ』(1997年1997年ヴェネツィア・ビエンナーレ優秀賞得た3Dビデオ作品タイトルは「涅槃」の意である。飛天扮し作者自身平等院雲中供養菩薩アニメ化たようなCG菩薩たちが空間飛翔する。 『ドリーム・テンプル』(1999年夢殿奈良県法隆寺にある平面八角形仏堂奈良時代建物)を模したガラス製の小建築である。屋根から階段まで特殊ガラス造られたこの「ドリーム・テンプル」の中には球体設置され鑑賞者は1人ずつこの球体中に入ってCGバーチャルリアリティ3D音響などを駆使した4分44秒間の「バーチャル瞑想」を体験する一度一人しか球体内部に入ることはできない)。 『Wave UFO』(2003年2005年第51回ヴェネツィア・ビエンナーレ出品作。 『Tom Na H-iu』(トムナフーリ)(2006年

※この「主要作品」の解説は、「森万里子」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「森万里子」の記事については、「森万里子」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/09 07:56 UTC 版)

アントン・ヴェーベルン」の記事における「主要作品」の解説

詳細は「ヴェーベルンの楽曲一覧」を参照 シェーンベルク入門する前後独力で書かれ初期作品は、後期ロマン主義音楽の様式を採っている。これらは生前には出版されず、そのため作品番号さえ付けられなかった。それにもかかわらず研究者ハンス・モルデンハウアー(1906年 - 1987年)によって公開され出版されると、現在しばしば演奏・録音されるヴェーベルン作品となった。大管弦楽のための牧歌夏の風の中で Im Sommerwind 》(1904年)や《弦楽四重奏のための緩徐楽章》(1905年)がその代表であり、後者にはブラームス影響見られる

※この「主要作品」の解説は、「アントン・ヴェーベルン」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「アントン・ヴェーベルン」の記事については、「アントン・ヴェーベルン」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/19 07:45 UTC 版)

ジョージ・タボリ」の記事における「主要作品」の解説

人喰い人種』The Cannibals (1968, Urauffuhrung in Saint Clement Chappel; Die Kannibalen 1969 ? ein Stuck uber das KZ Auschwitz) 『ピンクヴィル』Pinkville (1971; amerikan. Name von My Lai) 『ジークムント喜び(ジークムンツ・フロイデ)』 Sigmunds Freude (1975) この題名は、かのジークムント・フロイトSiegmund Freudの名のもじり。 『トーク・ショウTalk Show (1976) Abendschau (1979) 『母の勇気』 Mutters Courage (1979) ブレヒト肝っ玉おっかあ(ムッター・クラージュMutter Courage)』の題名をもじったもの、『ジークムンツ・フロイデ』と同工。 『記念祭』Jubilaum (1983) 『ピープショウ』Peepshow - ein Ruckblick (1984) 『生まれながらの罪』 Schuldig geboren (1987) 『我が闘争Mein Kampf (1987) 『白い人と赤い顔』Weisman und Rotgesicht (1990) 『バビロン・ブルース』Der Babylon-Blues (1991) 『ゴルトベルク変奏曲Goldberg-Variationen (1991) 『あるスパイのためのレクィエムRequiem fur einen Spion (1993) 『25時Die 25. Stunde (1994) 『女大量殺人者とその友達Die Massenmorderin und ihre Freunde (1995) 『ウィーナー・シュニッツェルのためのバラードDie Ballade vom Wiener Schnitzel (1996) 『九月最後の夜』Letzte Nacht im September (1997) Die Brecht-Akte (1999) 『夭折』 Fruhzeitiges Ableben (2001) Gesegnete Mahlzeit (2007) 典拠管理 BIBSYS: 90183072 BNE: XX4579453 BNF: cb12144052n (データ) FAST: 1482533 GND: 118620444 ICCU: IT\ICCU\SBLV\141550 ISNI: 0000 0001 2123 0495 LCCN: n87153075 MBA: 2d7b9d70-65ed-46bc-9b28-1994fd394b74 NDL: 01073432 NKC: jn20000605255 NLI: 000129379, 000614872, 001685736 NLP: A19275456 NTA: 069420432 PLWABN: 9810632316705606 SELIBR: 302266 SNAC: w6nz8th2 SUDOC: 033890323 VIAF: 19714357 WorldCat Identities: lccn-n87153075

※この「主要作品」の解説は、「ジョージ・タボリ」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「ジョージ・タボリ」の記事については、「ジョージ・タボリ」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 20:37 UTC 版)

西村朗」の記事における「主要作品」の解説

現在は全音楽譜出版社専属作曲家である。かつては音楽之友社からも数作発売されていた。

※この「主要作品」の解説は、「西村朗」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「西村朗」の記事については、「西村朗」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/12 13:22 UTC 版)

ヘンリー・パーセル」の記事における「主要作品」の解説

パーセル作品目録番号は、アメリカの音楽学者フランクリン・B・ツィンマーマンFranklin B.Zimmerman)によって作成された「Z番号」である。番号4つ分類され、「ZN」は新発見された曲、「ZT」は鍵盤楽器用の編曲、「ZD」は疑作、「ZS」は偽作それぞれ分類している。 詳細は「パーセル楽曲一覧英語版)」を参照 パーセル全集21世紀に入って編集作業続いており、いまだ完成していない。

※この「主要作品」の解説は、「ヘンリー・パーセル」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「ヘンリー・パーセル」の記事については、「ヘンリー・パーセル」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 00:42 UTC 版)

小倉朗」の記事における「主要作品」の解説

破棄されたもの、所在不明の作品は、原則除く。

※この「主要作品」の解説は、「小倉朗」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「小倉朗」の記事については、「小倉朗」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/22 16:04 UTC 版)

ヤン・クレンツ」の記事における「主要作品」の解説

クレンツ作曲家としても活動継続していた。 1. Streichquartett (1943) Triptychon für Stimme und Klavier (1946) 1. Symphonie (194749) Klassische Serenade für kleines Orchester (1950) Zwei Volksweisen für a cappella Chor (1950) Quartettr Flöte, Oboe, Klarinette und Fagott (1950) Symphonischer Tanz für Orchester (1951) Ländliche Serenade für kleines Orchester (1951) Rhapsodie für Streichorchester, Xylophon, Tam-Tam, Pauken und Celesta (1952) Concertino für Klavier und kleines Orchester (1952) Musica per clarinetto solo (1958) Capriccior 24 Instrumente (196162) Messa breve per coro e campane (1982) Masken – symphonisches Triptychon für Orchester (198285) Musica da camera (Quartetto No. 3) per quartetto d’archi (1983) Sonatina per due violini soli (1986) Epitaphion für Orchester (198990) 2. Symphonie (quasi una fantasia) (198992) Sinfonietta per fiati (199495) Impromptu pour violoncelle (1997) Tristan in memoriam. Postludium per quartetto d’archi (1997) Aria und Perpetuum Mobile für Orchester (2004) Ouvertüre für symphonisches Orchester (2005) Requiem für Bariton solo, gemischten Chor und Orchester (2007) 映画音楽も手がけており、中でもアンジェイ・ワイダ監督初期の代表作品「地下水道」の音楽では十二音技法用いた

※この「主要作品」の解説は、「ヤン・クレンツ」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「ヤン・クレンツ」の記事については、「ヤン・クレンツ」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/14 14:37 UTC 版)

アラン・ムーア」の記事における「主要作品」の解説

詳細は「:en:Alan Moore bibliography」を参照 コミック V for Vendetta (19821985, 19881989)『Vフォー・ヴェンデッタ』(2006小学館プロダクション) Marvelman/Miracleman (19821984)『ミラクルマン BOOK ONE:ドリーム・オブ・フライング』(2014ヴィレッジブックス。オリジナル・ライター名義) Skizz (19831985) The Ballad of Halo Jones (19841986) Swamp Thing (19841987)『スワンプシング』(2010小学館集英社プロダクションWhatever Happened to the Man of Tomorrow? (1986)『スーパーマン:ザ・ラスト・エピソード』(2010小学館集英社プロダクション収録 Watchmen (19861987)『WATCHMEN日本語版』(1998メディアワークス) 『Watchmen』(2009小学館集英社プロダクションBatman: The Killing Joke (1988)『バットマン:キリングジョークアラン・ムーアDCユニバース・ストーリーズ』(2004ジャイブ収録バットマン:キリングジョーク 完全版』(2010小学館集英社プロダクション収録 From Hell (19891996)『フロム・ヘル』(上・下巻2009新装合本2019みすず書房Big Numbers (1990) A Small Killing (1991) Lost Girls (19911992, 2006) SPAWN (1993–)『SPAWN日本語版』#3, 1219961998メディアワークス) Violator (1994)『VIOLATOR日本語SPAWN SIDE STORY』(1997メディアワークスSpawn: Blood Feud (1995)『SPAWN BLOOD FEUD日本語版』(1997メディアワークス) WildC.A.T.s (19951998)『WILDC.A.T.S日本語版』#9121999メディアワークスSupreme (19961998) The League of Extraordinary Gentlemen (19992019)『リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン』(2014ヴィレッジブックス) 『続リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン』(2015ヴィレッジブックス) 『リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン:センチュリー』(2019ヴィレッジブックスTop 10 (19992001)『トップ10』#1–2(2009ヴィレッジブックスPromethea (19992005)『プロメテア』1–3(20142019小学館集英社プロダクションTom Strong (19992006) Neonomicon (2010)『ネオノミコン』(2021国書刊行会収録 Fashion Beast (20122013) Providence (20152017)『プロビデンス』ACT1–3(刊行予定国書刊行会小説 Voice of the Fire (1996) Jerusalem (2016) ノンフィクション Alan Moore's Writing for Comics (2003) 映画化作品 原作映画作品の一覧題名監督作原作製作費興行収入Rotten Tomatoes評価ドル1989 怪人スワンプシング英語版ジム・ウィノースキー ライトイヤー・エンタティンメントギャガ 『スワンプシング』レン・ウィーン、バーニー・ライトソン 19 44% 2001 フロム・ヘルアルバート・ヒューズ、アレン・ヒューズ 20世紀フォックスフロム・ヘルアラン・ムーア、エディ・キャンベル 3500 7460 57% 2003 リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦いスティーヴン・ノリントン 20世紀フォックスアングリー・フィルムズインターナショナル・プロダクション・カンパニーJDプロダクションズ 『リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメンアラン・ムーア、ケヴィン・オニール 7800 17930 17% 2005 コンスタンティンフランシス・ローレンス ワーナー・ブラザースヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズDCコミックス・ヴァーティゴ(英語版)ロンリー・フィルム・プロダクションズ 『ヘルブレイザー』ジェイミー・デラノ、ガース・エニス(英語版10000 23090 46% 2005 Vフォー・ヴェンデッタジェームズ・マクティーグ ワーナー・ブラザースバーチャル・スタジオズ(英語版)シルバー・ピクチャーズアナーコス・プロダクションズ 『Vフォー・ヴェンデッタアラン・ムーア、デイヴィッド・ロイド 5400 13250 73% 2009 ウォッチメンザック・スナイダー ワーナー・ブラザースパラマウント・ピクチャーズレジェンダリー・ピクチャーズローレンス・ゴードン・プロダクションズDCエンターテインメント 『ウォッチメン』アラン・ムーア、デイヴ・ギボンズ 13000 18530 65% 2016 バットマン: キリングジョーク英語版)サム・リュー(英語版ワーナー・ブラザースDCエンターテインメントワーナー・ブラザース・アニメーション 『バットマン: キリングジョークアラン・ムーア、ブライアン・ボランド 350 446 38%

※この「主要作品」の解説は、「アラン・ムーア」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「アラン・ムーア」の記事については、「アラン・ムーア」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 08:12 UTC 版)

アンリ・エル」の記事における「主要作品」の解説

1944年: La France au cœur : Chroniques de la servitude et de la libération, juin 1940–juin 1943 マックス=ポル・フーシェの作品への前書き1956年: L'amour vagabond アンドレ・フレニョー(英語版)著の小説への協力パリプロン社) 1957年: Les Élus du Seigneur ジェームズ・ボールドウィン著『Go Tell It on the Mountain』(山にのぼりて告げよ)の仏訳1958年: Francis Poulenc, musicien françaisプロン社、フェイヤール社) 英語版ウェブ閲覧可能 1962年: L'univers romanesque de Marguerite Duras 1990年: Un regard スティーブン・スペンダー作品への前書き ルネ・エティアンブル(英語版)との往復書簡 フランソワ・ヌリシエ(英語版)との往復書簡 フランシス・プーランクとの往復書簡 1951年

※この「主要作品」の解説は、「アンリ・エル」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「アンリ・エル」の記事については、「アンリ・エル」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 04:56 UTC 版)

フェルディナント・リース」の記事における「主要作品」の解説

リース典礼音楽を除く多くジャンルわたって300曲の作品残した。ここでは主要作品およびすでに録音がある作品ジャンル別に記す。括弧内は作曲年である。なお、リース作品に関しては、以下の2点に関して注意が必要である。 作品番号Op.)の順序作曲年代順大きく異なる点 協奏曲ソナタに関して複数ジャンルまたがって番号付けている点(例:協奏曲第1番ヴァイオリン協奏曲協奏曲第2番ピアノ協奏曲)。なお、ソナタ番号今日用いられることが少ないため、本項では省略した

※この「主要作品」の解説は、「フェルディナント・リース」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「フェルディナント・リース」の記事については、「フェルディナント・リース」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 05:12 UTC 版)

ゲオルク・ジーモン・レーライン」の記事における「主要作品」の解説

ソナタ第5番より第1楽章Poco adagio e mesto この音声映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声動画の再生ご覧ください。 レーラインの最も重要な作品は、1765年から1782年にかけて出版され4版7000部を発行したピアノ教室 Clavier-Schule』である。彼の死後1791年ヨハン・ゲオルク・ヴィットハウアーがさらに改訂した版を世に出した。第6版1804年)と第7版1819年)を出版したのは、トーマスカントルアウグスト・エベルハルト・ミュラーであった1825年にはカール・チェルニーによる版が、1845年にはイヴァン・クノルによる最後の版が世に出されている。オランダ語ロシア語への翻訳行われた。 『Clavier-Schule』で成功したレーラインであったが、1774年にはレオポルト・モーツァルトの『ヴァイオリン奏法 Versuch einer gründlichen Violinschule』を補完するものとして、『ヴァイオリン演奏教本 Eine Anweisung zum Violinspielen』を著している。1797年にはヨハン・フリードリヒ・ライヒャルトによる改訂第3版刊行された。現在ではファクシミリが再び入手できるようになっており、歴史的演奏法を学ぶことができる。 レーラインの作品には『Sei Partite per il Clavicembalo』 Op.11766年)、『Sei Partite per il clavicembalo』 Op.31770年)、数曲のピアノ協奏曲ソナタ歌曲がある。 1769年に、出版者のテオドール・ベルンハルト・ブライトコプフを通じて詩人ゲーテ出会ったレーラインは、彼の新年の歌 Neujahrslied』に曲を書いている。これは、ゲーテ作品作曲され楽曲中でも最初期のものと考えられている。

※この「主要作品」の解説は、「ゲオルク・ジーモン・レーライン」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「ゲオルク・ジーモン・レーライン」の記事については、「ゲオルク・ジーモン・レーライン」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 04:54 UTC 版)

ヨハン・ネポムク・フンメル」の記事における「主要作品」の解説

フンメル作品カタログについては、ニューグローヴ音楽大辞典、ジンマーシード (Zimmerschied) の冒頭音符カタログザックス (Joel Sachs) の作品表(A Check List Works of J. N. Hummel; S.=ザックスナンバー)があるが、日本語ではアマチュア研究家のMikio Tao作品目録存在する。以下の作品目録上記Mikio Taoの表による。

※この「主要作品」の解説は、「ヨハン・ネポムク・フンメル」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「ヨハン・ネポムク・フンメル」の記事については、「ヨハン・ネポムク・フンメル」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 23:45 UTC 版)

川端康成」の記事における「主要作品」の解説

参考文献内の年譜経歴内などで言及されている作品中心に記載

※この「主要作品」の解説は、「川端康成」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「川端康成」の記事については、「川端康成」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 21:53 UTC 版)

ヘンリー・ホブソン・リチャードソン」の記事における「主要作品」の解説

リチャードソンが最も称賛される作品ボストンのコプリー広場にあるトリニティ教会であり、新しく開発されバックベイ中心になる建物として建設されアメリカ的都市複合施設一つである。後にその通り向かい建てられボストン公共図書館リチャードソンの元の製図工だったチャールズ・フォレン・マッキム設計した教会内装アメリカにおける芸術工芸美意識を導く例の一つになっている。オーガスタス・セイント・ゴーデンスと初め一緒に仕事をしたのもトリニティ教会であり、その後何度も協働することになったニューイングランドの町の改良のために篤志家寄付した一連の小さな公共図書館は、リチャードソン様式定義する小さな説明資料になっている。それらはマサチューセッツ州のウォバーン、ノースイーストン、モールデンクインシーのトマス・クレーン公共図書館およびバーモント大学キャンパスビリングス記念図書館だった。これらの建物は、そこで読書するよりも典礼のために薄暗く火を灯した米国聖公会牧師館雰囲気と共に断固としてモダン思われる。それらは当時ニューイングランドへの新参者洪水を特に取り込まない文化保存である。さらに容易かつ自然に回遊でき見た目記憶されるはっきりと定義され空間提供している、リチャードソン図書館群はリチャードソン・ロマネスク運動の中で多く模倣生んだリチャードソンまた、ボストン・アンド・オールバニ鉄道の9駅と他の鉄道線の3駅の設計もした。これらの建物はその教会、市の建物および図書館よりもよりリチャードソン香り少ないが、それでも間違いなく彼の設計である。 リチャードソン死後、ボストン・アンド・オールバニ鉄道20上の駅が、シェプリー・ルタン・アンド・クーリッジの会社によってリチャードソン様式設計されたが、その会社建築家リチャードソン死んだときに皆製図工だった。ボストン・アンド・オールバニ鉄道の駅多くは、リチャードソンと度々協働しフレデリック・ロー・オルムステッドによって景観が調えられた。さらに1911年建設されニューヨーク州オーチャードパーク(バッファロー近く)の鉄道駅は、リチャードソン設計したマサチューセッツ州オーバーンデール駅のレプリカになった当初のオーバーンデール鉄道駅はマサチューセッツ・ターンパイク建設時壊された。ボストン・アンド・オールバニ鉄道線リチャードソン設計した駅は荒廃する新しい用途レストランなど)に転用された。シェプリー・ルタン・アンド・クーリッジが設計した2駅(どちらもマサチューセッツ州ニュートン)は現在もボストンMBTA公共交通サービスグリーンライン)によって使われている。

※この「主要作品」の解説は、「ヘンリー・ホブソン・リチャードソン」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「ヘンリー・ホブソン・リチャードソン」の記事については、「ヘンリー・ホブソン・リチャードソン」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/30 05:48 UTC 版)

菊池寛」の記事における「主要作品」の解説

高松市菊池寛記念館から『菊池寛全集』(全24巻1993年-1995年)が、また、武蔵野書房から『菊池寛全集補巻』(全5巻1999年-2003年)が刊行されており、ほぼすべての作品比較容易に鑑賞することが可能である。文春文庫岩波文庫諸作品が刊行されている。また、未知谷から『歴史随想』と『剣聖武蔵伝』が刊行されている。

※この「主要作品」の解説は、「菊池寛」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「菊池寛」の記事については、「菊池寛」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 09:15 UTC 版)

フランツ・リスト」の記事における「主要作品」の解説

詳細は「フランツ・リストの楽曲一覧 (S.1 - S.350)」および「フランツ・リストの楽曲一覧 (S.351 - S.999)」を参照 リスト作品は同じ曲でも第1稿第2稿……というように改訂稿存在するものが非常に多い改訂稿含めて彼の作品全て数えると1400曲を優に超える。また紛失した作品断片未完成作品もさらに400曲以上あるといわれており、彼がどれくらいの曲を作ったのかを数えるのは不可能に近い。現在はリスト作品再評価着実に進んでおり、レスリー・ハワードの『リスト・ピアノ曲全集』(全57巻、CD95)はその代表例である。なお、この全集補遺を除く)での演奏時間延べ117時間(1377トラック)。 彼の作品につく番号は、イギリス作曲家ハンフリー・サール分類した曲目別の目録であるサール番号 (S.) と、リスト博物館館長ペーター・ラーベによる曲目別のラーベ番号 (R.) の2つ用いられているが、現在ではサール番号のほうがよく使われている。

※この「主要作品」の解説は、「フランツ・リスト」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「フランツ・リスト」の記事については、「フランツ・リスト」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/19 04:32 UTC 版)

平井康三郎」の記事における「主要作品」の解説

本名名義発表され楽曲もある。

※この「主要作品」の解説は、「平井康三郎」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「平井康三郎」の記事については、「平井康三郎」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/19 22:01 UTC 版)

ベルト・アッペルモント」の記事における「主要作品」の解説

アッペルモント作品には、伝説物語題材したものが多い。

※この「主要作品」の解説は、「ベルト・アッペルモント」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「ベルト・アッペルモント」の記事については、「ベルト・アッペルモント」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 07:45 UTC 版)

ルイ=ニコラ・クレランボー」の記事における「主要作品」の解説

宗教曲 多数モテイムヌスマニフィカトテ・デウムオペラ(牧歌劇) イリス勝利 Le Triomphe d'Iris1706年フランス語カンタータ25曲以上。古代ギリシャ・古代ローマ神話に基づく) ヴァイオリン通奏低音のためのソナタ クラヴサンのための舞曲集1704年)(フランス組曲伝統的なプレリュード・ノン・ムジュレ採用オルガン曲集(1710年)(2つの組曲からなり宗教色よりも旋律美の追究優っている。もともとは全ての調性による組曲集にする意図であったらしい)

※この「主要作品」の解説は、「ルイ=ニコラ・クレランボー」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「ルイ=ニコラ・クレランボー」の記事については、「ルイ=ニコラ・クレランボー」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/17 02:28 UTC 版)

堀内貴晃」の記事における「主要作品」の解説

混声合唱ピアノのための組曲祭」(1999、詩:高塚かず子) 混声合唱組曲野菜畑のソクラテス」(平成13年度朝日作曲賞佳作)(2001、詩:八木幹夫) 「子守唄」(混声版)(2001)、(女声版)(2003) 「」~無伴奏女声合唱のための小組曲~(2002) 「出発」(混声三部合唱ピアノ)(2002「薔薇」無伴奏混声合唱のための~(2003混声合唱組曲キリン洗濯」(平成16年度朝日作曲賞)(2004、詩:高階杞一) 「おれは歌だ おれはここを歩く」~アメリカ先住民3つの詩~(混声合唱ピアノ)(2004訳詞金関寿夫) 「みみをすます」~混声合唱打楽器のための~(2004、詩:谷川俊太郎) 「鈴の音ハーモニー」(混声合唱)(2004) 「朝に」(混声合唱)(2005) 「おしえて下さい」~無伴奏混声合唱のための~(2006) 「つばさ、風に乗って」(混声合唱ピアノ伴奏版、オーケストラ伴奏版)(2006) 混声合唱ピアノのための組曲水の旅」(2007) 女声合唱ピアノのための組曲水の旅」(2007)

※この「主要作品」の解説は、「堀内貴晃」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「堀内貴晃」の記事については、「堀内貴晃」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/16 10:15 UTC 版)

イグナーツ・フレンツル」の記事における「主要作品」の解説

フレンツルの作品大半は、まずパリ出版されている。彼の全作品並べると、その数はかなり少ない。全て器楽演奏のために書かれた約24作品全てである。

※この「主要作品」の解説は、「イグナーツ・フレンツル」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「イグナーツ・フレンツル」の記事については、「イグナーツ・フレンツル」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/20 17:58 UTC 版)

ニコラウス・フェッター」の記事における「主要作品」の解説

オルガンのためのコラール前奏曲Ach Gott und Herr Ach Gott, vom Himmel sieh darein Allein Gott in der Höh sei Ehr (2作品) Allein Gott in der Höh sei EhrコラールパルティータChrist lag in Todesbanden Jesus Christus, unser Heiland, der den Tod überwand Jesu, meine Freude, Komm, Heiliger Geist, Herre Gott Lobt Gott, ihr Christen allzugleich Nun komm, der Heiden Heiland Vater unser im Himmelreich

※この「主要作品」の解説は、「ニコラウス・フェッター」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「ニコラウス・フェッター」の記事については、「ニコラウス・フェッター」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 04:13 UTC 版)

アンドレア・フレイザー」の記事における「主要作品」の解説

フレイザーの最も有名なパフォーマンスMuseum Highlights1989)では、1989年フィラデルフィア美術館でジェーンキャッスルトンの仮名博物館ツアーガイド装った公演中フレイザー博物館巡ってツアー率いて冗長過度に劇的な言葉でツアーグループに説明した。たとえば、ごく普通の噴水説明する際に「驚くべき経済記念碑的な作品...この形式厳しく高度に様式化された作品とは大胆に対照的だ!」と宣言してます。博物館カフェテリアでは、「この部屋独立革命前夜フィラデルフィアにおける植民地美術全盛期象徴しており、アメリカ部屋の中で最もすばらしいものの一つと言えるでしょう」 このツアー多く情報源から選ばれ脚本基づいている:18世紀カント判断力批判1969年発行批評集「On Understanding Poverty貧困について)」、1987年ニューヨークタイムズ記事Salad and Seurat: Sampling the Fare at Museums」など。 2001年にドイツ・ケルンのGalerie Christian Nagelにて発表されKunst muss hängenArt Must Hang)においてフレイザーは、1995年ドイツ人アーティストマーティン・キッペンベルガーが酔っ払って行った即興スピーチ再現した。このスピーチドイツ語であり、彼女はドイツ語話せないが、ビデオ録画をもとに一字一句暗記した男性支配的な芸術界における陳腐な決まり文句流用しているだけでなく、フレイザー1989年会い1997年死亡したキッペンベルガーとの個人的な和解でもある。 Official Welcome2001)では、「芸術授賞式中に発表者観客発した平凡なコメント大げさ賞賛の言葉」を模倣した問題抱えたポストフェミニスト兼アートスターのペルソナ扮しフレイザーが、グッチTバックブラジャーハイヒール脱ぎ捨て「私は今日人間ではない、アート作品対象物オブジェクト)だ」と発言した。 ビデオテープ・パフォーマンスUntitled2003)では、ニューヨークのロイヤルトンホテルの一室で、約2ドル支払って参加した匿名個人コレクターと「セックスのためではなく芸術作品作るための」 セクシャル出会い行った60分間DVDコピー5点のみ作成されそのうち3点はプライベートコレクション、1点は彼女が性的出会いをしたコレクター事前購入して所蔵している。フリードリッヒ・ペッツェル・ギャラリーが手配した契約上の合意は、アート商品化対すフレーザー主張であり、多く制限付け加えられている。アーティストとの協議なければ公に上映されることはなく、スクリーンショット作成し公開することは禁じられビデオ所有者あらゆる種類公開声明アーティスト合意しなければならない美術界内外売春であると批判されたこの作品は、美術品コレクターに売ること自体売春の一形態ではないか疑問投げかけている。 ビデオテープパフォーマンスLittle Frank and His Carp2001) は、グッゲンハイム美術館アトリウムで5台の隠しカメラ撮影され近代的なギャラリースペースの建築的優位性テーマとしてる。美術館音声ガイドオリジナル音声使用し、「...録音された音声が、周囲空間波状曲線質感のある表面注意を引くとき、喜び身もだえする」の言葉聴きながら、「エロティック出会い」を行う。この建築物対す性的なパフォーマンスは、博物館構造説明するために音声ガイド用いられるエロティック言葉の皮肉を明らかにするビデオインスタレーション作品Projection2008)では、精神分析セッション再現し観客分析者、患者、あるいは覗き見者と呼ばれる実際のメンタルカウンセリングの記録を、12種類モノローグ改変し、フレイザー分析者と患者両方役割を果たすカメラ直接見ることで、反対側の壁の画像だけでなく、部屋中央にいる観察者との相互作用効果作り出す観察者は各投影オブジェクト、つまり 「精神分析スクリーン」 になる。

※この「主要作品」の解説は、「アンドレア・フレイザー」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「アンドレア・フレイザー」の記事については、「アンドレア・フレイザー」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/20 17:56 UTC 版)

アンリ・ミュレ」の記事における「主要作品」の解説

主な楽譜出版社はLeduc, Senartである。

※この「主要作品」の解説は、「アンリ・ミュレ」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「アンリ・ミュレ」の記事については、「アンリ・ミュレ」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/20 17:07 UTC 版)

パウル・ハインライン」の記事における「主要作品」の解説

ハインライン器楽曲大半散逸しているが、ニュルンベルク歌曲コレクションはいくつかの声楽曲が遺されている。 Mehrere Geistliche Konzerte 歌唱通奏低音のための『Besondere Melodeyen über die zwölff Monaten』 Sonata a 5 Battalia レオポルト1世ニュルンベルク訪問のための祝典音楽

※この「主要作品」の解説は、「パウル・ハインライン」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「パウル・ハインライン」の記事については、「パウル・ハインライン」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/20 16:05 UTC 版)

フレデリック・コーダー」の記事における「主要作品」の解説

コーダー作曲した作品一部を以下に記す。括弧内は初演に関する情報

※この「主要作品」の解説は、「フレデリック・コーダー」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「フレデリック・コーダー」の記事については、「フレデリック・コーダー」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/18 03:53 UTC 版)

ヨハン・ゲオルク・ヴィットハウアー」の記事における「主要作品」の解説

クラヴィーアのための6つのソナタハンブルク 1783年 クラヴィーア声楽のための作品集4部ハンブルク 1786年 クラヴィーアのための6つのソナタハンブルク 1788年 愛好家意欲的なクラヴィーア奏者のための6つのクラヴィーアソナタ、第1集第2集ベルリン 1792年1793年 1791年、ヴィットハウアーは当時広く使用されていた、彼の師であるレーラインの『ピアノ教室 Clavier-Schule』の改訂第5版世に出している。 ゲオルク・ジーモン・レーラインのClavier-Schule、並びにピアノ通奏低音奏法に関する短い指導書実用例付き Jena: N.S. Fromanns Erben 1791年 歌曲ピアノ伴奏歌曲への署名が、リューベック州立図書館ドイツ語版)に保存されている。

※この「主要作品」の解説は、「ヨハン・ゲオルク・ヴィットハウアー」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「ヨハン・ゲオルク・ヴィットハウアー」の記事については、「ヨハン・ゲオルク・ヴィットハウアー」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/23 00:54 UTC 版)

カレン・ブリクセン」の記事における「主要作品」の解説

七つゴシック物語Seven Gothic Tales, 1934年アフリカの日々(Out of Africa, 1937年) - 『愛と哀しみの果て』として映画化された。 運命譚(Anecdotes of Destiny, 1958年) - 収録作一編が『バベットの晩餐会』として映画化された。 エーレンガード(Ehrengard, 1963年

※この「主要作品」の解説は、「カレン・ブリクセン」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「カレン・ブリクセン」の記事については、「カレン・ブリクセン」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/27 08:09 UTC 版)

RebeldeS」の記事における「主要作品」の解説

ウィキメディア・コモンズには、RebeldeS関連するカテゴリあります2011: Rebeldes 2012: Rebeldes - Ao vivo 2012: Meu Jeito, Seu Jeito この項目は、歌手関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:音楽/PJ芸能人)。

※この「主要作品」の解説は、「RebeldeS」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「RebeldeS」の記事については、「RebeldeS」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2009/10/29 23:16 UTC 版)

宮―学」の記事における「主要作品」の解説

怪盗メイドミユキ Vol.11掲載 アニメーターお仕事 Vol.21掲載 新人アニメーター神田りりこが理想と現実狭間チーフ佐藤と共に奮闘する朝霧のVol.23掲載

※この「主要作品」の解説は、「宮―学」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「宮―学」の記事については、「宮―学」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/25 16:09 UTC 版)

立石清重」の記事における「主要作品」の解説

開智学校 校舎 - 現在の旧開智学校校舎国宝洗馬学校 校舎 松本裁判所 庁舎 - 明治11年築の初代裁判所庁舎現存せず)。現存している旧松本区裁判所庁舎重要文化財)は明治41年司法省建築したもので立石よるものではない。なお、旧松本区裁判所長野地方裁判所松本支部兼ねており、戦後長野地方裁判所松本支部松本簡易裁判所長野家庭裁判所松本支部の各庁舎として利用された。 大町裁判所 庁舎 長野師範学校松本支校 校舎 旧制東筑中学校 2代目校舎 - 旧制東筑中学校長野県松本深志高等学校前身東筑高等小学校 ?代目校舎 長野県議会 ?代目議事堂 1887年明治22年12月21日落成するも、翌22日失火によって全焼した汽車帰宅する途中であった清重炎上する議事堂車窓から見ることになったという。

※この「主要作品」の解説は、「立石清重」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「立石清重」の記事については、「立石清重」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/30 03:48 UTC 版)

ヒューゴ・アルヴェーン」の記事における「主要作品」の解説

アルヴェーンの作品は、かなり伝統的な後期ロマン派語法示しており、色彩的な管弦楽法やしばしば標題的な傾向また、スウェーデン風景呼び覚まそうとする意欲見出されるあらゆるジャンル手を染めたステーンハンマルとは対照的に、アルヴェーンは本質的に管弦楽作曲家であった著名な作品として数えられるのは、たくさんの男声合唱曲、5つ交響曲3つのスウェーデン狂詩曲とりわけ第1番夏至徹夜祭 Midsommarvaka」の軽快旋律多く人々親しまれる)などである。また、数々舞台音楽劇付随音楽バレエ音楽)を作曲したその他の作品では、劇付随音楽グスタフ2世アドルフ作品49の「エレジー」が、スウェーデン王族葬送音楽として使用されるほか、「祝典序曲作品25時折ノーベル賞授賞式演奏されることで知られている。

※この「主要作品」の解説は、「ヒューゴ・アルヴェーン」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「ヒューゴ・アルヴェーン」の記事については、「ヒューゴ・アルヴェーン」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/30 02:50 UTC 版)

アーサー・サリヴァン」の記事における「主要作品」の解説

詳細はw:List of musical compositions by Arthur Sullivan参照

※この「主要作品」の解説は、「アーサー・サリヴァン」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「アーサー・サリヴァン」の記事については、「アーサー・サリヴァン」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 08:21 UTC 版)

トンベリ」の記事における「主要作品」の解説

ファイナルファンタジーV この作品初登場イストリーの滝でまれに出現する特殊攻撃パーティ近付いてきて、目の前まで来ると包丁切りつけて大ダメージ与える「ほうちょう」のみ。「人」の属性を持つため、踊り子専用短剣マンイーター」でクリティカルダメージを受ける。 HP39,393設定されている。近づく時のアクションモンスター倒したときのそれと全く同じ。 倒すとミラージュベストというレア防具を落とすことがあるファイナルファンタジーVI パーティ歩いた歩数に応じてダメージ与えてくる「歩数ダメージ」という特殊攻撃使ってくる。 3体同時に出現するトンベリーズも登場するまた、体色が青いトンベリマスターという亜種ボスキャラクターとして登場するファイナルファンタジーVII 特定の場所にしか登場しないラストダンジョンでは頭の上に星が浮かんでいるマスタートンベリも出現するファイナルファンタジーVIIIほうちょう」や「みんなのうらみ」(倒したトンベリの数に応じてダメージ与える)という特殊攻撃使ってくる。ただし、近づいてくる途中転んでしまい、攻撃してこないこともある。 20匹倒すと巨大なトンベリキング殺され一族恨み晴らそう登場。こちらは「じだんだ」や「とぎたて」なる特殊攻撃使ってくる。このトンベリキング倒せばG.F.ガーディアンフォースいわゆる召喚獣)になる。 本作では倒して経験値入手できない設定になっているファイナルファンタジーIX ある場所で3体同時に出現するファイナルファンタジーX この作品でも特定の場所にしか登場しない本作ではマスタートンベリやドン・トンベリも出現いずれも召喚獣を呼ぶとその召喚獣対しうしのこくまいり」という特殊攻撃使ってくる。 ファイナルファンタジーX-2 物語時期によって出る場所が変化し物語後半では隠しダンジョンにのみ登場する。聖ベベル廟では上位種であるメガトンベリが出現するファイナルファンタジーXI グラフィックリアル化され、グロテスクな外見となっている。 あるクエストを行う事で、今まで倒したトンベリの数(怨み)をリセットし、「みんなの怨み」を受けた時のダメージ抑えることが出来る。 「みんなの怨み」以外に「急所突き」や「袈裟斬り」等も使用する一部トンベリは「みんなの怨念」という技も使用するファイナルファンタジーXIII ミッションで敵として登場する。『XI』でリアル化されたグラフィック以前までのものに戻った。こちらがトンベリ攻撃した回数トンベリがこちらを攻撃した回数ダメージ合計数えており、それに応じて「うらみ骨随」を使う。2回目以降は「深刻うらみ骨随」や「猛烈うらみ骨随」に変化し攻撃力耐性上がっていく。「猛烈うらみ骨随」を使われたあとは、たまにトンベリフィギュアを落とすことがあるファイナルファンタジーXIII-2 こちらの作品にもドン・トンベリが出てくる(見た目白色の普通のトンベリ)。 PS3のトロフィー中にドン・トンベリが関係しているものがある。 ファイナルファンタジーXIV インスタンスダンジョン「ワンダラーパレス」に登場通常のトンベリ加え、トンベリストーカーなる巨大な青色をしたトンベリは倒す事が出来ないプレイヤーはトンベリストーカーに発見されないように進む事が必要になる最奥においてはトンベリキング登場、「とぎたて」や「みんなのうらみ」を定期的に使ってくる。 タンクはそれに耐えなくてはならないミニオンとしてマメット・トンベリも存在する。 あるジョブクエストを進めると、トンベリ正体第六星暦時代栄えていた海洋都市ニーム」で流行っていた奇病感染した人間であったことが明かされるパッチ2.3以後ランクAのリスキーモブとして高地ラノシアに「マーベリー」と呼ばれる巨大なトンベリ出現するようになったファイナルファンタジーXV 夜間のみに出現する敵「シガイ」として登場終盤14章出現する弱点短剣、銃、冷気、聖。最速出会うなら9章舞台となる水都オルティシエで討伐依頼ハンター連続失踪事件」を受注するとモブハントの標的としてバトルできる。技は「包丁」のほか、当たるとストップ効果を受ける「おにび」をランタンから飛ばして繰り出してくる。 また上位種で「マスタートンベリ」「トンベリナイト」も登場。各トンベリエンカウントすると、パーティーメンバーのひとりであるプロンプト通常の敵エンカウント時とは異なセリフをしゃべる。 本作の主要ミニゲームである「釣り」では、トンベリの名前がついたルアー「ランカー・トンベリ」や「ナイフ・T・トンベリ」がある。 チョコボの不思議なダンジョン 攻撃されるまで何もしてこないが、同じフロアにいるミニマジシャントンベリ攻撃する勝手に攻撃モードに切り替わってしまう

※この「主要作品」の解説は、「トンベリ」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「トンベリ」の記事については、「トンベリ」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/10 06:52 UTC 版)

丹下都市建築設計」の記事における「主要作品」の解説

モード学園コクーンタワー2008年丹下健三による作品については、丹下健三#主要作品参照

※この「主要作品」の解説は、「丹下都市建築設計」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「丹下都市建築設計」の記事については、「丹下都市建築設計」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/03/12 07:35 UTC 版)

ハンス・ブロンサルト・フォン・シェレンドルフ」の記事における「主要作品」の解説

ピアノ三重奏曲 ト短調 Op.1 ピアノ協奏曲 嬰ヘ短調 Op.10 交響曲第1番アルプスにて In die Alpen合唱管弦楽のための (散逸交響曲第2番運命の力 Schicksalsgewalten」 (散逸管弦楽のための 「春の幻想曲 Fruhlings-Fantasie」 カンタータクリスマスイヴ Christnacht」 オペラDer Corsar」 弦楽六重奏曲 他にピアノ小品などがある。ハンス・フォン・ビューローはブロンサルトのピアノ協奏曲を非常に気に入り、「ヴァイマル楽派呼ばれる中でも最重要作品」と位置付けていた。同曲にはマイケル・ポンティ独奏CD録音存在する。 ブロンサルトと彼の妻の話題リスト書簡中に何度も登場しリスト夫妻作品高く評価していたことは明らかである。1879年3月12日リストからウォルター・ベイチュに宛てて書かれ書簡にはこう記されている。「6月5日ビューローかの地最初の演奏会指揮します演目はブロンサルトの美しく価値の高い『春の幻想曲』と彼自作シェイクスピアの『ジュリアス・シーザー』への音楽、そして私の『ファウスト交響曲』になる予定です。」

※この「主要作品」の解説は、「ハンス・ブロンサルト・フォン・シェレンドルフ」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「ハンス・ブロンサルト・フォン・シェレンドルフ」の記事については、「ハンス・ブロンサルト・フォン・シェレンドルフ」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/03/09 21:38 UTC 版)

ジャニーヌ・リュエフ」の記事における「主要作品」の解説

シャンソンパスピエアルトサクソフォーンピアノのための) Chanson et Paspied Pour Saxophone Alto et Piano1951年サクソフォーン四重奏のためのコンセール Concert en Quatuor Pour Quatuor de Saxophones (1955年) ※「サクソフォーンのための演奏会四重奏曲」とも。 ソナタ(サクソフォーン・ソロのための) Sonata pour saxophone seul (1967年

※この「主要作品」の解説は、「ジャニーヌ・リュエフ」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「ジャニーヌ・リュエフ」の記事については、「ジャニーヌ・リュエフ」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/02 05:53 UTC 版)

岩窪ささを」の記事における「主要作品」の解説

美しく青きドナウ 南国のバラ ウィーンの森の物語 花のワルツ 舞踏への誘い 蛍の光 この項目は、クラシック音楽関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(ポータル クラシック音楽/ウィキプロジェクト クラシック音楽)。

※この「主要作品」の解説は、「岩窪ささを」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「岩窪ささを」の記事については、「岩窪ささを」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/05 15:48 UTC 版)

ハワード・パイル」の記事における「主要作品」の解説

『ハーパーズ・ウィークリー』やその他の定期刊行物児童書などでの膨大なイラストレーション加えパイル自身でも多くの本を著しイラストレーション添えた。 『ロビン・フッドのゆかいな冒険』は数多いロビン・フッド伝説バラッドパイルによる蒸留物で、彼が訴求ようとしていた子供読者たちに適するよう修正されたものであるパイルバラッドロビン・フッドノッティンガムへの旅』を、賭け金を払わなかった森の住人たち14人をロビン殺害した話から、盗賊ロビン脅迫し、うち最初に弓を引いた1人だけを殺害した話に作り変えた。『ロビン・フッドヘレフォード司教のようなロビン旅行者持ち物全て盗む話では3分の1犠牲者にも残し3分の1貧者分け与える話に改変された。 パイル歴史的な正確性にもバラッド同様それほど関心を持たなかったが、それでもロビン和解した王がリチャード獅子心王であったことに史実矛盾しないよう『ロビン・フッドキャサリン女王』の王女の名前をアリエノール王女変更した実際のところ、この本の話はどれもパイル自身考え出したものではない。しかしながらパイル諸々の話を紡ぎ合わせることで1つ統合され物語作り出した例えば、カータル・フライアとの冒険孤立したではなく、アラン・ア・デールが恋人エレン結婚するために僧侶必要だったのでフライア・タックを連れ戻すために開始された。『ロビン・フッドジェスト』では試合勝ったにもかかわらず異邦人であることを理由殺されようとしていた無名レスラー騎士助けロビンはそのための遅刻許される良き農民助ける者はロビンにとって有用な者だと語ったパイルはこのレスラーが『ロビン・フッド黄金の矢』に登場するドンカスターデビッドだったことにした。ドンカスターデビッドアーサー・ア・ブランドのような1つバラッドにしか登場しない多くキャラクターたちがパイル小説的な話の処理によってより良く発展させられている。 パイルまた、暗黒時代盗賊男爵息子生涯描いた物語『銀のうでのオットー』も著した1887年には1日24時間対応した24の話を集めた不思議な時計』を書いたそれぞれの話にはその時間に行われる伝統的な家庭出来事語ったパイルの娘キャサリンによる詩句前置きされ、物語伝統的なヨーロッパ民話基づいてパイル書いた同様の書物に、若い読者のための伝統的なお話からなり魅力的な挿絵添えられた『塩胡椒もしくは若者のための調味料』がある。 パイルによる海賊伝説と絵を集めたカリブ海の海賊』(Howard Pyle's Book of Pirates)がパイル死後10年経た1921年出版された。 『アーサー王騎士たち』(1902)から「馬上試合で剣を折るケイ」 『ロビン・フッドのゆかいな冒険』(1883)の自筆イラストレーション ヘンリー・ピーターソン『ダルシベル、昔のセーレムの物語』の挿絵(1907) 『カリブ海の海賊』より 『カリブ海の海賊』より、お宝奪い合う海賊たちカリブ海の海賊』より、船に接近する海賊

※この「主要作品」の解説は、「ハワード・パイル」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「ハワード・パイル」の記事については、「ハワード・パイル」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 01:14 UTC 版)

ヨハン・デ・メイ」の記事における「主要作品」の解説

日本では主に吹奏楽編成楽曲知られているが、その他に管弦楽曲なども手掛けており、また、クラシック音楽ミュージカルなど名曲からの編曲作品も多い。吹奏楽分野では、日本国内においてその名が知られるようになった1990年代以降フィリップ・スパークヤン・ヴァン=デル=ローストとともに安定した人気を誇るヨーロッパ作曲家1人である。また、下述の主要作品にあるように、複数編成作品に同じタイトル作品があるものが存在するが、これはどちらか編成作曲した後、作曲者自身の手によってもう一方編成用に編んだためであり、同様の手法上述スパークら他のヨーロッパ作曲家にも見られる。(交響曲第1番「指輪物語」管弦楽編成は、デ=メイ監修、ヘンク・デ・フリーヘル編曲。)

※この「主要作品」の解説は、「ヨハン・デ・メイ」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「ヨハン・デ・メイ」の記事については、「ヨハン・デ・メイ」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/21 23:58 UTC 版)

金子篤司」の記事における「主要作品」の解説

小鍛冶1988年パレ・デ・コングレ賞(パリ日本の美術展)、第5回日本芸術選奨大賞(アートジャーナル社)、関市関鍛冶伝承館所蔵)(「ART MIND2007春 P.61) 「好日平櫛田中像)」 1962年第7回日展東京芸術大学大学美術館所蔵)(「ART MIND2004・5 P.48) 「真間の手児奈千葉県市川市市川文学館所蔵)(「ART MIND2005・7 P.119) 「宮入行平像」 長野県坂城町展示館所蔵)(「ART MIND2007春 P.59) 「土用干し第12回1980年日展神奈川県立かながわ女性センター所蔵)(BM美術2006・8 P.133) 「シャムネコ第3回1970年ミレー友好協会展。アートグラフ最優秀アート大賞(「芸術公論1986・5 P.258) 「いかるが)に祈る(聖徳太子像立像)」 第16回日彫展(1986年)。芸術文化恩賜賞聖徳大学所蔵)(BM美術200402 P.223) 「歓迎1994年アートグラフ優秀作大賞(「芸術公論1995・9 P.60) 「捨て児」 第12回日彫展(1982年) 「の夢」 第15回日彫展(1985年)。第33回ミレー友好協会展(1991年)シャイヨンビエール市長賞(「ART MIND2005・7 P.120) 「不動明王横浜美術協会ハマ展(1985年)(「ART MIND2005・7 P.121) 「茨木童子第18回日彫展(1988年)(「ART MIND2005・7 P.118) 他

※この「主要作品」の解説は、「金子篤司」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「金子篤司」の記事については、「金子篤司」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/12 18:20 UTC 版)

エクトル・ベルリオーズ」の記事における「主要作品」の解説

ベルリオーズの楽曲一覧」も参照 幻想交響曲―ある芸術家の生活エピソード 作品14Symphonie fantastique; Episode de la vie d'un artiste, 1830年)全5楽章から構成される最も有名な交響曲1830年作曲抒情的モノドラマレリオ、あるいは生への復帰作品14 bisLélio, ou Le retour á la vie, 1831年)『幻想交響曲』の続編として1831年作曲完成され独白劇。 交響曲イタリアのハロルド作品16Harold en Italie, 1834年独奏ヴィオラオーケストラのための交響曲1834年作曲劇的交響曲ロメオとジュリエット作品17Roméo et Juliette, 1839年1839年作曲され独唱合唱管弦楽のための交響曲葬送と勝利の大交響曲 作品 15Grande symphonie funèbre et triomphale, 1840年1840年作曲され大編成の軍楽隊合唱による作品序曲ローマの謝肉祭作品9(Ouverture 'Le carnaval romain' , 1843年オペラベンヴェヌート・チェッリーニ』の第2幕前奏曲として作曲され有名な序曲。後に独立して演奏会用序曲となる。 夢とカプリッチョ 作品8 (Rêverie et caprice, 1841年ヴァイオリン管弦楽による協奏的作品オペラベンヴェヌート・チェッリーニ』のアリアからの編曲である。 劇的物語ファウストの劫罰作品24La damnation de Faust, légende dramatique, 1845年-1846年青年期作曲された『ファウストからの8つ情景』を基にして1845年から1846年にかけて作曲され大規模な作品。『ハンガリー行進曲』や『妖精の踊り』、『鬼火踊り』が有名。 死者のための大ミサ曲レクイエム作品5(Grande messe des morts (Requiem), 1837年1837年作曲され巨大な編成を伴う声楽曲である。4組バンダを必要とする。フランス政府からの委嘱よる。 テ・デウム 作品22Te Deum, 1848年-1849年1848年から1849年かけて作曲され宗教音楽。全7曲だが通常省略される行進曲」も存在する宗教的三部作キリストの幼時作品25L'enfance du Christ, 1850年-1854年1850年から1854年にかけて作曲された全3部から構成される声楽曲歌曲集夏の夜作品7(Les nuits d'été, 1840年-1841年1840年から1841年にかけて作曲された全6曲の歌曲集である。友人テオフィル・ゴーティエ詩集『死の喜劇』による。ピアノ伴奏または管弦楽による伴奏いずれか演奏される歌劇ベンヴェヌート・チェッリーニ作品23Benvenuto Cellini, 1834年-1838年イタリア彫刻家ベンヴェヌート・チェッリーニ自叙伝を基にして、1834年から1838年にかけて作曲されオペラ序曲は現在も演奏される有名な楽曲歌劇トロイアの人々』(トロイ人)(Les Troyens, 1856年-1858年1856年から1858年にかけて作曲され大作オペラ古代ローマ詩人ウェルギリウス『アエネーイス』よる。『アエネーイス』参照歌劇ベアトリスとベネディクト』(Béatrice et Bénédict, 1860年-1862年シェイクスピア原作から騒ぎ』を基にして作曲された全2幕のオペラ荘厳ミサ曲ミサ・ソレムニス)(Messe solennelle, 1824年1825年初演後破棄されてきたと伝えられていたが、1991年アントウェルペン教会で、ベルリオーズ友人贈った総譜発見され1993年ジョン・エリオット・ガーディナーによって蘇演初録音なされた様々なフレーズが、幻想交響曲など後年の主要作品にたびたび登場する序曲宗教裁判官』 作品3(Ouverture 'Les fancsjuges' , 1827年1827年頃に作曲。『宗教裁判官』は初期に手がけ未完となったオペラ1つ序曲残され単独演奏されるようになった他、このオペラからはいくつかの曲が他の作品葬送と勝利の大交響曲第2楽章など)に転用されている。 序曲海賊作品21イタリアのハロルド』と同様にバイロンの詩に基づく。 序曲リア王作品4(Ouverture 'Le Roi Lear' , 1831年幻想交響曲作り上げた翌年書かれ作品序曲ウェイヴァリー作品1(Ouverture 'Waverley' , 1826年-1828年1826年作曲され序曲。本来はオペラ含まれていた序曲であるが、オペラ自体破棄されたため、序曲のみが現存する序曲ロブ・ロイ』(Ouverture 'Rob Roy' , 1831年タイトルは『ロブ・ロイ・マクレガー』とも表記される歌曲『わな』(Le trébuchet, 1833年)『ランドの花』の第3曲に含まれる叙情的情景クレオパトラの死』(La mort de Cléopâtre, 1829年1829年作曲されカンタータ。この作品ローマ賞応募作として書かれたもの。翌年受賞する

※この「主要作品」の解説は、「エクトル・ベルリオーズ」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「エクトル・ベルリオーズ」の記事については、「エクトル・ベルリオーズ」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/04 13:55 UTC 版)

デアリ・ジョン・ミゼル」の記事における「主要作品」の解説

主要作品に、(前述の「変容」を含む)一曲1時間ずつかかり24曲の連作形成する響き交響曲」、ピアノ独奏為のきたみどりがおか」、「おん がく」、「秋分点」、二台ピアノ為のベースボール」、打楽器合奏のための「サウンドスケイプ」、オーケストラ重音唱法伴った八人独唱者を伴う合唱為のQUANTA and Hymn to Matter」、コントラバス32台と独奏コントラバス為の地球の音」などがある。

※この「主要作品」の解説は、「デアリ・ジョン・ミゼル」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「デアリ・ジョン・ミゼル」の記事については、「デアリ・ジョン・ミゼル」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/12 04:30 UTC 版)

加藤學 (作曲家)」の記事における「主要作品」の解説

合唱曲 女声合唱のための「三つソネット」(1973) 「ソナチネNo.1」-女声合唱のために-(1974) 女声合唱のための「三つソネット2」(1975) 「優しき歌」-女声合唱のために-(1975) 下山清による五つの歌 (1979) 「春と修羅」(1980) 女声合唱曲集「黄昏に」(1982) 児童合唱のための「光る」(1984) 混声合唱のためのイーハトーヴォ幻想(1985) 「啄木歌集より」独唱版・女声合唱版・混声合唱版(1986) 女声合唱のための「ひなあられ」(1987) 「虹とひとと」-女声合唱のために-(1989) 混声合唱組曲 岩手賛歌「ひとのうた」(1997) 他に女声合唱曲をはじめとして多数郷土詩人の詩や立原道造の詩に作曲したものが多い。独唱曲合唱編曲した佳曲も多い。 器楽曲 ヴァイオリンソナタ第一番(1973) 子供のための無言歌集(ピアノ1986) 2つの踊りスペインのおどり」「中国のおどり」(1986) パガニーニによる7つの変奏曲(ピアノ連弾1990) 2つの夜想曲第1番」「第2番 星の囁き」(ピアノ1991) クラリネットピアノのため夜想曲(1991 第3回日本クラリネットコンクール課題曲)

※この「主要作品」の解説は、「加藤學 (作曲家)」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「加藤學 (作曲家)」の記事については、「加藤學 (作曲家)」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 07:21 UTC 版)

モーグリ (ファイナルファンタジー)」の記事における「主要作品」の解説

ファイナルファンタジーIII魔導師ドーガの館で、10匹ほどのモーグリドーガのために仕えている。ドーガ兄弟弟子であるザンデやウネとも面識があるドーガウネ死に涙するセリフや、クリスタル利用してやみを呼び出そうとしている魔王ザンデについてさえも「ザンデ様も、いい人だったのに」と心配するなど、優しい心を持った存在である。語尾です・ます調丁寧な日本語会話するので、後のシリーズモーグリ比べて、かなり知的なイメージとなっている。 DS版ではWi-Fiコネクション通じてメールやりとりを行う「モグネット」の案内役として世界各地や町にいる。 ファイナルファンタジーV に住む生物として登場する小心者人間前にはあまり姿を現さないとされている。また、バル城クルル部屋にもいる。モーグリ同士テレパシーを送る能力を持つ。 なお、『V』には「モーグリイーター」というタコのような敵キャラクター出現するファイナルファンタジーVI モーグリの「モグ」がプレイヤーキャラクターとして加わる。モグ語尾に「クポ」をつけた人語話し、主に武器として使い、「踊り」を生かした攻撃繰り出す。なお、「踊り」に特殊な効果を持つモグモーグリ群れエリートという位置づけがされており、『VI』での通常のモーグリ達は人語解さないモグ人語話せるのは、幻獣ラムウ教わったためである。モグを含むその他のモーグリ達も序盤一部戦闘参加するが、それぞれ使用する武器異なる。モグ物語序盤にてストーリー分岐点道案内としてもマスコット的に登場するが、正式にモグ仲間となるのは中盤あたりからとなる。世界崩壊前に仲間にするにはアイテム「金の髪飾り」との二者択一となり、この時にモグ選ばないと、次に仲間にする機会世界崩壊後の飛空艇入手後になる。エンディングにて、瓦礫の塔が崩れそうになりモグ落ちそうになったとき、エドガーによってUFOキャッチャーぬいぐるみのようにクレーン吊り上げられて救出されるシーン見られるFFVIでは、天野喜孝のイメージイラスト・ゲーム中ではが目をつぶったうな目をしているが、キャラクターイラストでは小さい目をしている。また、これ以降モーグリVIモーグリデザイン継承されるファイナルファンタジーVII プレイヤーキャラクターケット・シーが常に大きなモーグリぬいぐるみ(デブモーグリ)の頭上乗っており、移動・攻撃はこのぬいぐるみ操作して行う。 その他、召喚獣チョコボ&モーグリ」として登場するファイナルファンタジーVIII 乱入G.F.コモーグリ」として登場入手には、PocketStationが必要となる。このG.F.カードゲーム絵札1つコモーグリ」にも描かれている。 ファイナルファンタジーIX 本来メニュー画面行っていた作業一部代わり役として登場。笛により呼び出されたり、各地それぞれの固有のモーグリがセーブ・テント使用などの作業を行う場所となる。また、登場するモーグリのうち一体は後にある幻獣である事が判明する独自のシステムとして「モグネット」が存在するファイナルファンタジーX プレイヤーキャラクタールールーが持つ武器ぬいぐるみ種類1つモーグリがある。 ファイナルファンタジーX-2きぐるみ士」のドレスフィア主人公ユウナモーグリぬいぐるみをかぶる。 ファイナルファンタジーXI 人間とは別の獣人1つとして扱われており、各国家にてモグハウス運営し冒険者であるプレイヤー世話をしてくれる。ゲーム内でのイベント案内役でもあり、特定の場所にてアイテム授与売買を行う。 ファイナルファンタジーXII 人間とは別の種族1つとして扱われている。『FFXII史上で、最初飛空艇建造を行う。エンジニア機工士)を特に多く輩出する種族ファイナルファンタジーXIII 武器・装備強化するアイテム販売する「モーグリワークス」として名前のみ登場ファイナルファンタジーXIII-2 セラの「お守り」として行動を共にし、時には武器として時には隠されアイテムを見つける役割を担う。この世界でモーグリおとぎ話登場する架空の生物設定された。 ファイナルファンタジーXIV 黒衣住まうモーグリ族」として登場普段魔法姿を消しており、冒険者(プレイヤー)をはじめ、「暁の血盟メンバーやカヌ・エ・センナなど、一部素質を持つ者以外が彼らを認知することはできない基本的に黒衣から出ることはないが、レターモーグリなどのようにグリダニアの外に出ていくモーグリ存在する人間に対して友好的な種族であるが、中にはモーグリ家臣団」のように、人間による黒衣支配良しとしない集団もいる。 ファイナルファンタジーXV キャラクターとして登場せず、「モーグリぬいぐるみ」というアイテムとして存在。あるキャラクターから入手でき、バトル中に使うと敵の注意を引きつけることができる。その他マスコットとして飾られていたり、車に貼るステッカーや、本作ミニゲームのひとつ「釣り」のルアーの名称になっていたりもする。

※この「主要作品」の解説は、「モーグリ (ファイナルファンタジー)」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「モーグリ (ファイナルファンタジー)」の記事については、「モーグリ (ファイナルファンタジー)」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/05 02:08 UTC 版)

デザインパートナーズ」の記事における「主要作品」の解説

クキオビーチクラブ(87 Mile Marker, Queen Kaahumaru Hwy 2004年・アメリカ・ハワイ島) Westin カアナパリ リゾート(6 Ka'l Ala Drive Lahaina 2005年・アメリカ・マウイ島) この項目は、企業関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(ウィキプロジェクト 経済)。

※この「主要作品」の解説は、「デザインパートナーズ」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「デザインパートナーズ」の記事については、「デザインパートナーズ」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/02 07:27 UTC 版)

ピーター・グレーアム」の記事における「主要作品」の解説

吹奏楽編成作品は、まず金管バンド編成のために書かれ、それから編曲されることが多い。 後に+が付されている作品金管バンド編成、後に*が付されている作品吹奏楽編成作品である。 The Ambassadors + ザ・エッセンス・オブ・タイム(The Essence of Time) + ケルト人叫び(Cry of the Celts) - Ronan Hardiman作曲 +* コサック叫び(Call of the Cossacks) +* モンタージュ(Montage) +* Blazon + 日の出(Hinode) + プリズム(Prisms) + 光のように輝け(Shine as the Light) +* 最後祈り(The Last Amen) + ハリソンの夢(Harrison's Dream) +* イギリスの時計職人ジョン・ハリソンモチーフにした曲。演奏難易度の高い楽曲として知られる彼の輝き星(The Shining Star) + 世界への窓(Windows of the World) +* ドラゴンの日(Day of the Dragon) +* ディメンション(Dimensions) + ゲールフォース(Gaelforce) +* 地底旅行(Journey to the Centre of the Earth) +* ルネッサンス(Renaissance) + 飛竜召喚(Summon the Dragon) +* ザ・レッド・マシーン(The Red Machine) *+ キャッツ・テイルズ(Cats Tales) +* 巨人の肩に乗って(On the Shoulders of Giants) +* 彼の炬火を持つ者(The Torchbearer) + エリック・ボール敬意を表す為に書かれ作品

※この「主要作品」の解説は、「ピーター・グレーアム」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「ピーター・グレーアム」の記事については、「ピーター・グレーアム」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/24 10:07 UTC 版)

ルートヴィヒ・マウラー」の記事における「主要作品」の解説

マウラー作品には、序曲交響曲弦楽四重奏曲超絶技巧知られるヴァイオリンのための作品管楽器のための作品などがある。最も有名な作品としては、「4つヴァイオリンオーケストラのための協奏交響曲」が挙げられる。この作品は、1838年マウラー自身、およびカール・ミュラー(ロシア語版)、ルイ・シュポーア、そして彼の助手、アドルフ・ヴィル(カッセル、1794-1845)によってパリ初め演奏された。 オペラ新しパリ (Der Neue Paris), 1826年 Der entdeckte Diebstahl, 1826年 アロイス (Aloise), 1828年 ルーン文字 (Die Runenschrift), 1830年 交響曲ヘ短調 作品67 協奏交響曲 作品55 ヴァイオリン協奏曲第1~10番 弦楽四重奏曲第1~6番 種々のオペラ・ヴォードヴィル 金管楽器のための12の小品

※この「主要作品」の解説は、「ルートヴィヒ・マウラー」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「ルートヴィヒ・マウラー」の記事については、「ルートヴィヒ・マウラー」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/22 05:57 UTC 版)

カーソン・シッソトリー」の記事における「主要作品」の解説

ウィキソースカーソン・シッソトリー原文あります

※この「主要作品」の解説は、「カーソン・シッソトリー」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「カーソン・シッソトリー」の記事については、「カーソン・シッソトリー」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/29 04:29 UTC 版)

オットー・ヤーン」の記事における「主要作品」の解説

考古学:Palamedes (1836) Telephos und Troilos (1841) Die Gemälde des Polygnot (1841) Pentheus und die Mänaden (1841) Paris und Oinone (1844) Die hellenische Kunst (1846) Peitho, die Göttin der Überredung (1847) Über einige Darstellungen des Paris-Urteils (1849) Die Ficoronische Cista (1852) Pausaniae descriptio arcis Athenarum (3rd ed., 1901) Darstellungen griechischer Dichter auf Vasenbildern (1861) 文献学:ユウェナリス、ペルシウス(英語版)、スルピシア(英語版)のクリティカル・エディション (第3版はフランツ・ビュヘラー(英語版)による 1893年) ケンソリヌス(英語版) (1845) Florus (1852) キケロの『Brutus』(第4版 1877年)と『Orator』(第3版 1869年) リティウスの『Periochae』 (1853年アプレイウスの『Psyche et Cupido』(第3版 1884年第5版 1905年) 『Longinus』(1867年、 J. Vahlen編 1905年伝記美学:『Ueber Mendelssohn's Paulus』 (1842年) 『Biographie Mozarts』 (第3版 H. Deiters編 1889年-1891年英訳 P. D. Townsend 1891年) 『ルートヴィヒ・ウーラント英語版)』 (1863年) 『Gesammelte Aufsätze über Musik』 (1866年) 『Biographische Aufsätze』 (1866年) 『Griechische Bilderchroniken』はヤーン死後、甥のアドルフ・ミハエリス(英語版)によって出版された。ミハエリスはAllgemeine Deutsche Biographieヤーン網羅的な伝記執筆している。

※この「主要作品」の解説は、「オットー・ヤーン」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「オットー・ヤーン」の記事については、「オットー・ヤーン」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/30 08:23 UTC 版)

平義久」の記事における「主要作品」の解説

タイトルフランス語作品のうち、日本発売されCDレコードカタカナ表記なされているもの、ないしは日本語訳されているものについては〔〕内に併記した。ただし、音源によって、カナ表記異なるものが存在するため、それらについては除外した。 「Convergence」については、『マリンバセレクションズ/安倍圭子』(デンオン)では「コンベルジェンス」、 『70年代日本コントラバス作品集』(フォンテック)では「コンヴェルジャンス」となっている。 「Hiérophonie」については、CD日本作曲21世紀へのあゆみ25』(「日本作曲21世紀へのあゆみ」実行委員会)では、「ヒエロフォニー」、『パーカッション妙技』(BIS輸入発売元キングインターナショナル)では「イエロフォニー」と表記されている。フランス語ではhを発音しないため、原語読み重視するならば後者正しい。 出版は主にTransatlantiques, Rideau Rouge, Durandの各社より。Rideau Rougeは現在Durandに吸収合併済みであり、再版重ねたRideau Rouge楽譜はDurandより出版されている(Fu-Mon, Sho-Roなど)。

※この「主要作品」の解説は、「平義久」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「平義久」の記事については、「平義久」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/02 14:14 UTC 版)

渡辺温」の記事における「主要作品」の解説

Ein Märchen (『苦楽』『女性』両誌の1925年1月号に同時掲載初出時は「渡辺裕名義) - デビュー作少女(『三田文藝陣』1925年7月号、初出時は「渡辺裕名義、『新青年1929年3月号に再録兵隊の死(『探偵趣味1927年1月号、『新青年1930年4月号に再録) 嘘(『新青年1927年3月号) 氷れる花嫁(『新青年1927年4月号) 父を失ふ話(『探偵趣味1927年7月号) 可哀相な姉(『新青年1927年10月号) シルクハット(『探偵趣味1928年4月号) ああ華族様だよと私は嘘を吐(つ)くのであった(『講談雑誌1929年4月号) アンドロギュノスの裔(ちすじ)(『新青年1929年8月号)

※この「主要作品」の解説は、「渡辺温」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「渡辺温」の記事については、「渡辺温」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/11 05:44 UTC 版)

ジル・バンショワ」の記事における「主要作品」の解説

真偽不詳作は割愛

※この「主要作品」の解説は、「ジル・バンショワ」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「ジル・バンショワ」の記事については、「ジル・バンショワ」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/04 21:24 UTC 版)

クレマン・ロレ」の記事における「主要作品」の解説

ロレは自ら経営する出版社であったパリのLoret Fils & H. Freytagから、自作曲一部発表している。

※この「主要作品」の解説は、「クレマン・ロレ」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「クレマン・ロレ」の記事については、「クレマン・ロレ」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 07:31 UTC 版)

ジョージ・スカイラー」の記事における「主要作品」の解説

2021年現在スカイラー作品には『ノーモア黒人』を除いて邦訳ないようである。それ以外の作品の以下の邦題は、いずれも仮のものである。 Slaves Today: A Story of Liberia (『奴隷の現在:リベリア物語英語版)』)、1931年 Black No More: Being an Account of the Strange and Wonderful Workings of Science in the Land of the Free A.D. 1933–1940 (『ノーモア黒人英語版)』)、1931年 Devil Town: An Enthralling Story of Tropical Africa (『悪魔の街』:中編小説1933年6月 - 7月「ピッツバーグ・クーリエ」に別名義連載Golden Gods: A Story of Love, Intrigue and Adventure in African Jungles (『黄金神々』:中編小説1933年12月 - 1934年2月「ピッツバーグ・クーリエ」に別名義連載The Beast of Bradhurst Avenue: A Gripping Tale of Adventure in the Heart of Harlem (『ブラッドハースト通り野獣』:中編小説1934年3月 - 5月「ピッツバーグ・クーリエ」に別名義連載Strange Valley (『奇妙な谷』:中編小説1934年8月 - 11月「ピッツバーグ・クーリエ」に別名義連載Black Empire (『黒人帝国英語版)』)、1936年 - 38年初出時)、1993年単行本)。 (「ピッツバーグ・クーリエ」に正続2編の連作として掲載雑誌連載時タイトルそれぞれ黒人インターナショナル」、「黒人帝国」) Google Books Ethiopian Stories (『エチオピア物語』)、1995年。(「ピッツバーグ・クーリエ」に正続2編の連作として掲載雑誌連載時タイトルそれぞれエチオピア殺人ミステリー」、「エチオピア叛乱」) Google Books Black and Conservative: the Autobiography of George Schuyler (『黒人保守ジョージ・スカイラー自伝』)、Arlington House1966年ASIN: B000O66XD8 Rac(e)ing to the Right: Selected Essays of George S. Schuylerエッセイ集)、2001年

※この「主要作品」の解説は、「ジョージ・スカイラー」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「ジョージ・スカイラー」の記事については、「ジョージ・スカイラー」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 10:24 UTC 版)

アントン・ブルックナー」の記事における「主要作品」の解説

交響曲合唱曲が特に力を注いだ分野であり、その他の分野でも『弦楽五重奏曲』が傑作として知られる。さらにそれ以外ジャンルの曲もいくつかある。

※この「主要作品」の解説は、「アントン・ブルックナー」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「アントン・ブルックナー」の記事については、「アントン・ブルックナー」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/08 03:14 UTC 版)

バッドアート美術館」の記事における「主要作品」の解説

MOBA展示する絵画彫刻にはそれぞれ短く解説がなされ、表現手段サイズアーティストの名前、入手経路説明するだけでなく、作品意図象徴的意味探りその分析を行っている。「ミュージアム・ジャーナル」は、来場者作品付随する文章にたいてい「大笑いさせられる、と記している。「どうみてもおふざけの解説」とクリスチャン・サイエンス・モニター表現されるその説明は「MOBA解釈担当スタッフ廃止される」まで主にマリー・ジャクソンが書いていた。その後この仕事はマイケル・フランクとルイーズ・レイリー・サッコに引き継がれている。

※この「主要作品」の解説は、「バッドアート美術館」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「バッドアート美術館」の記事については、「バッドアート美術館」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/04 06:00 UTC 版)

ノルベルト・ブルグミュラー」の記事における「主要作品」の解説

()内は作曲年を示す。また、作品番号はあくまで出版の際につけられ番号で、作曲され順番を示すものではない。

※この「主要作品」の解説は、「ノルベルト・ブルグミュラー」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「ノルベルト・ブルグミュラー」の記事については、「ノルベルト・ブルグミュラー」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 18:31 UTC 版)

エルフリーデ・イェリネク」の記事における「主要作品」の解説

小説 牧歌詩人(bukolit. hörroman、1979年私たちは囮だ(wir sind lockvögel baby!1970年ミヒャエル(Michael. Ein Jugendbuch für die Infantilgesellschaft、1972年愛人Die Liebhaberinnen、1975年締め出された者(Die Ausgesperrten、1980年ピアニストDie Klavierspielerin、1983年荒野よ、彼女を守るものよ(Oh Wildnis, oh Schutz vor ihr1985年) したい気分Lust1989年死者の子供たち(Die Kinder der Toten、1995年情欲Gier2000年嫉妬Neid (Privatroman)、 2007年戯曲 ノラが夫を捨てた後なにが起こったか(Was geschah, nachdem Nora ihren Mann verlassen hatte oder Stützen der Gesellschaften、1977年クララ・S'(Clara S.1981年) 病あるいは現代女性(Krankheit oder Moderne Frauen、1987年ブルク劇場Burgtheater1985年) アーベントヴィント大統領Präsident Abendwind、1987年。家。(Wolken.Heim、1988年) トーテンアウベルク(Totenauberg、1991年レストハウス(Raststätte1994年} 、竿、棒(Stecken, Stab und Stangl、1996年スポーツ劇(Ein Sportstück1998年) 彼でない者としての彼(er nicht als er1998年別れ挨拶Das Lebewohl2000年アルプスにてIn den Alpen2002年死と乙女 プリンセスたちのドラマ(Prinzessinnendramen: Der Tod und das Mädchen 2002年作品Das Werk、2003年王女達のドラマ(Prinzessinnendramen、2003年) バンビラント(Bambiland、2003年バベルBabel2005年) ウルリーケ・マリア・スチュアート(Ulrike Maria Stuart2006年獣たちについて(Über Tiere、2006年

※この「主要作品」の解説は、「エルフリーデ・イェリネク」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「エルフリーデ・イェリネク」の記事については、「エルフリーデ・イェリネク」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 03:14 UTC 版)

イ・ジョンホ (小説家)」の記事における「主要作品」の解説

邦訳コックリさん角川ホラー文庫2005年3月ISBN 978-4-04-378701-2 - 『분신사바』(2004年7月)の邦訳 単行本 『분신사바』(コックリさん2004年7月ISBN 978-8-98-273833-3 - 映画化され韓国では2004年7月日本では2005年4月公開された。 『이프』(if)2006年7月ISBN 978-8-98-273943-9 『므이』(ムイ2007年7月ISBN 978-8-95-913230-0 - 韓国映画化2007年7月公開 - ムイベトナム語で、「10」、「10番目に生まれた子」という意味 その他 「그녀 집으로 오세요」(彼女のうちにおいで) - 2007年、『파우스트』 vol.3vol.4 日本文芸誌ファウスト』の韓国版である『파우스트』に掲載された。 企画 『한국 공포 문학 단편선 1』(韓国恐怖文学短編選 1)2006年10月ISBN 8982739491 『한국 공포 문학 단편선 2』(韓国恐怖文学短編選 2)2007年8月ISBN 978-8-96-017154-1 『나의 식인 룸메이트 - 한국 공포 문학 단편선 3』(私の人食いルームメイト 韓国恐怖文学短編選 3)2008年7月ISBN 978-8-96-017156-5イ・ジョンホ自身すべての巻に短編寄せている。

※この「主要作品」の解説は、「イ・ジョンホ (小説家)」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「イ・ジョンホ (小説家)」の記事については、「イ・ジョンホ (小説家)」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/09 16:32 UTC 版)

ジョセフ・オリヴァドーティ」の記事における「主要作品」の解説

技術的に易しく親しみやすく温かな旋律持った曲を多数作曲している。 序曲イシター凱旋」 (Triumph of Ishter, Overture) 序曲ポンセ・デ・レオン」 (Ponce de Leon, Overture) 序曲バラ謝肉祭」 (Carnival of Roses, Overture) 序曲大洋偉観」 (Pacific Grandeur, Overture) 序曲桂冠詩人」 (Laureate, Overture) 序曲ヴェニス休日」 (Venetian Holiday, Overture) 序曲「りんごの谷」 (Apple Valley, Overture) その他作品多数

※この「主要作品」の解説は、「ジョセフ・オリヴァドーティ」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「ジョセフ・オリヴァドーティ」の記事については、「ジョセフ・オリヴァドーティ」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/09 16:34 UTC 版)

ジェイムズ・カーナウ」の記事における「主要作品」の解説

初級向けから上級向けまで、幅広く作曲している。自身ユーフォニアム学んでいたこともあり、ユーフォニアムバンドのための作品も多い。 序曲フェニックス」 (Phoenix Overture) 交響三章 (Symphonic Triptych) 吹奏楽のための「パルティータ」 (Partita for Band) 歓喜―「われらが神はかたき砦」による幻想曲 (Rejouissance, Fantasy, Bassed on "A Mighty Fortress is Our God") ブレンハイム・フローリッシュ (Blenheim Flourishes) トリティコ (Trittico)

※この「主要作品」の解説は、「ジェイムズ・カーナウ」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「ジェイムズ・カーナウ」の記事については、「ジェイムズ・カーナウ」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/09 16:32 UTC 版)

フランク・エリクソン」の記事における「主要作品」の解説

出版社責任者務めていたこともあり、教育的な作品が多い。美しメロディハーモニー持ち味としている。 バンドのための幻想曲 (Fantasy for Band) 序曲祝典」 (Overture Jubiloso) バンドのためのトッカータ (Toccata for Band) バンドのための序曲 パストラール (Overture Pastorale for Band) バンドのためのアリア (Air for Band) その他、作品総数400以上。

※この「主要作品」の解説は、「フランク・エリクソン」の解説の一部です。
「主要作品」を含む「フランク・エリクソン」の記事については、「フランク・エリクソン」の概要を参照ください。


主要作品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/09 05:05 UTC 版)

アリスティド・カヴァイエ=コル」の記事における「主要作品」の解説

カヴァイエ=コル50年以上にわたって主としてフランス国内に510オルガン建造した国外でスペインオランダイングランドロシアブラジルそしてアルゼンチンなどが挙げられる一部にはムタン=カヴァイエ=コル建造のものも含まれる制作年作品番号Huy-bens場所教会写真マニュアルストップ注1841 10 481 サン=ドニ サン=ドニ大聖堂 IV/P 69 1857年カヴァイエ=コル修繕1901年にムタンが拡張音声サンプル (MP3; 989 kB) ピエール・パンスマイユフランス語版): Improvisation verset n° 6 1846 26 3 パリ マドレーヌ寺院 IV/P 48 アレクサンドル=シャルル・フェシー、ルイ・ルフェビュール=ヴェリーカミーユ・サン=サーンステオドール・デュボワガブリエル・フォーレ、アンリ・ダリエ、エドゥアール・マニャン、ジャンヌ・ドゥメッシュー、オディーユ・ピエール、フランソワ=アンリ・ウバール(フランス語)らが歴代オルガニスト務めた音声サンプル ペーター・エーヴェルス: Improvisation Dithyrambe 1852 52 78 パリ サン=ヴァンサン=ド=ポール寺院 III/P 47 1852 56 491 サン=ジェルマン=アン=レー Église Saint-Germain de Saint-Germain-en-Laye III/P 40 1853 59 23 パリ サント=ジュヌヴィエーヴ修道院 II/P 22 パンテオンのために1885年建立され寺院教会1891年にメルクラン(Merklin)によってヴァル=ドグラース英語版)の軍の病院移送されていたが、1993年にフランソワ・ドランジュ(François Delangue)とベルナール・ユルヴィ(Bernard Hurvy)によって再建された。 1855 66/1 501 サントメール サントメール大聖堂ドイツ語版) III/P 50 1854–1857 112/5 430 ペルピニャン ペルピニャン大聖堂ドイツ語版) IV/P 58 1857 127 353 リュソン リュソン大聖堂ドイツ語版) III/P 41 1846–1858 14 64 パリ サンロック聖堂(St-Roch) IV/P 49 1859 88/22 30 パリ サント・クロチルド聖堂 III/P 46 セザール・フランクガブリエル・ピエルネシャルル・トゥルヌミールジョゼフ=エルマン・ボナル(英語)、ジャン・ラングレー、ピエール・コジャン、ジャック・タッデイが歴代オルガニスト務めた。 1859 143/92 438 ポリニー Collégiale St-Hippolyte II/P 26 ルフェビュール=ヴェリーによる落成式でフェリクス・ラインブルク(Félix Reinburg)が最初演奏行った1860 153/112 402 ミュルーズ Église Saint-Étienne II/P 28 1861 163/127 404 ナンシー ナンシー大聖堂ドイツ語版) IV/P 65 1862 118/63 72 パリ サン=シュルピス教会 V/P 100 フランソワ=アンリ・クリコ(フランス語)が1781年改修100ストップを持つカヴァイエ=コル作品最大、そして世界で最大教会オルガンとなった1934年拡張され102ストップ有するものとなったが、1991年ルノーRenaud)によって元に戻された。ゲオルク・シュミット、ルイ・ルフェビュール=ヴェリーシャルル=マリー・ヴィドールマルセル・デュプレジャン=ジャック・グリュネンヴァルト、ダニエル・ロトらが歴代オルガニスト務めた音声サンプル (MP3; 1,1 MB) ダニエル・ロト: Improvisation 1863 204/176 35 パリ サンテチエンヌ・デュ・モン聖堂英語版) III/P 39 1863–1868 230/204 11 パリ ノートルダム大聖堂 V/P 86 音声サンプル (MP3; 481 kB) レオンス・ド・サン=マルタン: Méditation improvisé 1868 311/298 377 マルセイユ サン=ジョゼフ聖堂 III/P 43 1868 271/254 8 パリ サントトリニテ教会 III/P 46 シャルル=アレクシス・ショヴェ、アレクサンドル・ギルマン、シャルル・ケフ、オリヴィエ・メシアン、ナジ・ハキムらが歴代オルガニスト務めた音声サンプル (MP3; 10,1 MB) ナジ・ハキム: Improvisation über den Hymnus Pange lingua 1869 327/314 297 エペルネー ノートル=ダム教会 III/P 34 1873 374/363 587 シェフィールド アルバート・ホール IV/P 64 1874 367/356 178 アンジェ アンジェ大聖堂ドイツ語版) III/P 46 1875 330/317 580 ケットン・ホール ホプウッド氏 III/P 45 1870年のブレースウェル(Bracewel)製のホールオルガンで、ストップ5個分の拡張なされた。 1875 428/425 579 ブラックバーン 教会 III/P 32 1877 467 585 マンチェスター タウン・ホール III/P 32 1878 481 121 パリ シャイヨ宮 グローサー・ザール IV/P 66 1880 522 592 ブリュッセル ブリュッセル王立音楽院 III/P 44 1885 569 225 カーン St-Étienne de Caen III/P 50 1999年再建音声サンプル (MP3; 1,0 MB) アラン・ブーヴェ(Alain Bouvet): Demonstration des Tutti; Weitere Hörbeispiele 1889 245/222 526 トゥールーズ サン=セルナン大聖堂(St-Sernin) III/P 54 デュクロケ(Ducroquet)のオルガン1843年)を改造したもの。1932年1957年わずかに仕様変更が行われたが、1996年復元作業が行われて1889年当時の状態に戻された。 音声