FFXIIとは?

ファイナルファンタジーXII

(FFXII から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/23 00:21 UTC 版)

ファイナルファンタジーXII』(ファイナルファンタジートゥエルブ、FINAL FANTASY XII、略称:FFXIIFF12)は、スクウェア・エニックスより日本国内では2006年3月16日に発売されたPlayStation 2専用ロールプレイングゲーム




注釈

  1. ^ PlayStation 4版では初回出荷特典だったが、2020年4月のアップデートにより無条件となった。
  2. ^ a b 当初はNintendo Switch版・Xbox One版のみだったが、2020年4月のアップデートによりWindows版、PlayStation 4版も可能に。
  3. ^ やっていることは実質的に反乱であることから「反乱軍」と呼ばれているがアーシェはそのたびに「解放軍」と訂正する。
  4. ^ ゼクトは名前のみ登場。
  5. ^ 西ダルマスカ砂漠、オズモーネ平原にも入り口がある。
  6. ^ オンドール候の側近のレベ族、大僧正アナスタシスのヘルガス族がいる[12]

出典

  1. ^ a b Final Fantasy XII VGChartz (PS2)
  2. ^ a b [1] VGChartz (PS2 international)
  3. ^ http://www.vgchartz.com/game/116829/final-fantasy-xii-the-zodiac-age/?region=All
  4. ^ SCEJ、特殊デザインのPS2本体と「FF XII」のセット「“PlayStation 2”FINAL FANTASY XII Pack」を発売”. GAME Watch (2006年1月6日). 2020年5月1日閲覧。
  5. ^ 『FF』シリーズの作品がセットになった『ファイナルファンタジー 25th アニバーサリー アルティメットボックス』発表”. ファミ通.com (2012年8月31日). 2020年5月1日閲覧。
  6. ^ 『FFXII』をHD化した『FFXII ザ ゾディアック エイジ』がPS4で2017年に発売決定!”. ファミ通.com (2016年6月6日). 2016年6月7日閲覧。
  7. ^ Switch/Xbox One版の発売日が決定! 『ファイナルファンタジーX/X-2 HDリマスター』は4月11日、『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』は4月25日に!”. ファミ通.com (2019年1月11日). 2019年1月11日閲覧。
  8. ^ 【CEDEC2006】『FFXII』はどのように作られたのか? その秘訣と開発ツールが惜しげもなく公開!!”. ファミ通.com (2006年9月1日). 2012年10月9日閲覧。
  9. ^ 『ファイナルファンタジーXII シナリオアルティマニア』103P
  10. ^ 『アルティマニアΩ』P007
  11. ^ a b c d e 『アルティマニアΩ』P551
  12. ^ 『アルティマニアΩ』P221
  13. ^ [2](現在は無関係のサイトへリンク)
  14. ^ アーカイブされたコピー”. 2008年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月15日閲覧。 Top Ten Reviews
  15. ^ アーカイブされたコピー”. 2010年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年1月7日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「FFXII」の関連用語

FFXIIのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



FFXIIのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのファイナルファンタジーXII (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS