おとめ座とは?

おとめ‐ざ〔をとめ‐〕【乙女座】

黄道十二星座の一。6月上旬午後8時ごろ南中する。α(アルファ)星のスピカ光度1.0等。最大規模銀河集団乙女座銀河団がある。現在、秋分点はこの星座にある。学名 (ラテン)Virgo

乙女座の画像

おとめ座

青白い明るい星「スピカ」からYの字型に並ぶ星の連なり

北斗七星からのカーブ(春の大曲線)をさらにのばしたところの青白い星「スピカ」と、そこから連なるYの字型が女神の姿を形づくっています。しし座の東どなりにあり、全天で2番目に大き星座ですが、星と星の間隔大きく1等星スピカ以外の星は明るくないので、目立ちません。スピカまでの距離は350光年、その表面温度は2万度ほどなので青白く見えます。スピカラテン語で、穀物の穂という意味で、女神が手にもつ麦の穂先に輝いています。この星座日没後に現れる頃、種まき時期が近いことから、農業とはなじみの深い星座です。


人間を信じた正義の女神アストレア

ゼウスを父に、巨人タイタン族の女神テミスを母にもったアストレアという女神がいました。気候温暖で、人間は争うこともなく地上が平和な楽園だった「金の時代」には、神々人間とともに地上暮らしていました。やがて、「銀の時代」さらに「時代」になり、人間たちは武器をつくって争うようになりました。神々人間にあいそをつかし、天上にいってしまいましたが、アストレアだけはそのままとどまり、熱心に正義の道を説いていました。その後時代」に入って、人間集団武器を使って争うようになり、さらには国と国との戦争始めるようになりました。さすがのアストレアも耐え切れず、天上に上がって星座になったといいます。


おとめ座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/13 01:19 UTC 版)

おとめ座(おとめざ、乙女座、Virgo、ヴァルゴ、ヴィルゴ)は、黄道十二星座の1つ。トレミーの48星座の1つでもある。全天でうみへび座に次いで2番目に広い星座である[1]。現在秋分点がある。




注釈

  1. ^ 日本ではレグルスの代わりにデネボラが入ったものが知られる

出典

  1. ^ a b c d e f g h 長島晶裕/ORG『星空の神々 全天88星座の神話・伝承』新紀元社、2012年。ISBN 978-4-7753-1038-0
  2. ^ 春の星空を楽しもう”. AstroArts. 2013年5月11日閲覧。
  3. ^ IAU Catalog of Star Names (IAU-CSN)”. 国際天文学連合 (2018年9月7日). 2020年1月13日閲覧。
  4. ^ a b c d Approved names” (英語). Name Exoworlds. 国際天文学連合 (2019年12月17日). 2020年1月10日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』(新装改訂版第4刷版) 恒星社厚生閣、2007年2月28日、120-121頁。ISBN 978-4-7699-0825-8 
  6. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for V* alf Vir. 2013年1月18日閲覧。
  7. ^ 近藤二郎 『わかってきた星座神話の起源 古代メソポタミアの星座』 誠文堂新光社、2010年。ISBN 978-4-416-21024-6 


「おとめ座」の続きの解説一覧

おとめ座




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「おとめ座」の関連用語

おとめ座のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



おとめ座のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JAXAJAXA
Copyright 2020 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのおとめ座 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのおとめ座 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS