処女宮とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 処女宮の意味・解説 

しょ じょきゅう -ぢよ- [2] 【処女宮】

黄道十二宮第六宮。かつては乙女座に相当していたが、現在は歳差のためずれている。秋分点がこの宮の終点室女宮

処女宮―玄い森の底から

作者津原泰水

収載図書十二宮12幻想
出版社エニックス
刊行年月2000.2


処女宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/06 02:17 UTC 版)

処女宮(しょじょきゅう)は、黄道十二宮の6番目である。






「処女宮」の続きの解説一覧

処女宮

出典:『Wiktionary』 (2011/02/19 18:00 UTC 版)

名詞

しょじょきゅう

  1. 乙女座占星術における、黄道十二星座十二宮のひとつ。

関連語

日本語黄道十二宮
白羊宮 金牛宮 双児宮 巨蟹宮 獅子宮 処女宮 天秤宮 天蝎宮 人馬宮 磨羯宮 宝瓶宮 双魚宮


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「処女宮」の関連用語

処女宮のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



処女宮のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの処女宮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの処女宮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS