インディアン座とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 宇宙百科事典 > インディアン座の意味・解説 

インディアン‐ざ【インディアン座】

南天星座の一。10月上旬に南の地平線にその一部見えるが、明るい星がなく目立たない学名 (ラテン)Indus


インディアン座

分類:星座/神話


名称:インディアン座
学名:indus
小分類:南半球
日本観測できる時期:日本からはほとんど見えません
見ごろ季節:冬(20時正中は1月中旬)

つる座くじゃく座の間にある、人の形をした星座で、17世紀はじめにバイエルによって作られたものです。ちょっと昔までは、日本では訳語から「インドじん座」とされていましたが、本当はこの星座が作られた17世紀ごろに新大陸(アメリカ大陸のこと)で見つけられたインディアンの姿をなぞらえています。一番明るい星は3等星ですので、少し見つけにくいですが、南半球星座の中では比較的見つかりやすかもしれません

1.見つけ方のポイント
くじゃく座つる座の間にある星座です。沖縄より南に行き8月から11月頃、南の空でつる座くじゃく座の間に「人」の字の形をした星の並び探してみると良いでしょう3等星以下のさほど明るくない星座ですので、少し見つけにくいかもしれません

2.神話内容について
1603年ヨハン・バイエルによって作られた星座ですが、もともとは1516世紀大航海時代全世界の海に乗り出し船乗りたちによって作られた星座です。日本では「インド人座」などと言っていましたが、本来はアメリカ大陸(新大陸)発見によって、知られるようになったアメリカ・インディアンの姿をなぞらえています。神話はまったく関係ありません。当時作られた星座は、この他にもほうおう座きょしちょう座など、船乗りたちが見つけた珍しい人や動植物の姿をしたものがほとんどです。

3.同じ時期見え星座について
南半球では9月頃の夜に高く昇る星座ですので日本の秋の頃の星座一緒に見ることができます。まず北にはけんびきょう座やぎ座一緒に見え、東にはつる座みなみのうお座きょしちょう座などが見えでしょうまた、南にははちぶんぎ座、西にはくじゃく座やぼうえんきょう座などを見ることができます

4.主要都市での観測について
本州などでは見えませんが、奄美大島沖縄まで行くと、全体像を見ることができます

参考文献:「星座クラブ沼澤茂美著(誠文堂新光社)、「星のポケットブック」(誠文堂新光社)、「星座天体観測図鑑藤井旭著(成美堂出版)、「星座夜空四季小学館学習百科図鑑、「星座博物館・春」、「同・夏」、「同・秋」、「同・冬」、「同・星座旅行瀬川昌男著(ぎょうせい)、「星空ガイド沼澤茂美脇屋奈々代著(ナツメ社)


インディアン座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/13 04:53 UTC 版)

インディアン座 (Indus) は、南天の星座の1つ。日本からは星座の全域を見る事はできない。




  1. ^ Anonymous (2007年2月3日). “Meteor Showers”. American Meteor Society. 2008年5月7日閲覧。
  2. ^ a b Ridpath, Ian. “Star Tales - Indus”. Star Tales. 2014年1月28日閲覧。
  3. ^ 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』 (新装改訂版) 恒星社厚生閣2007年2月28日、181-182頁。ISBN 978-4-7699-0825-8 
  4. ^ 理科年表 第22冊』 東京天文台丸善1949年、天 34頁。
  5. ^ 理科年表 第32冊』 東京天文台丸善1958年、天 33頁。
  6. ^ 原恵 2007, p. 44.


「インディアン座」の続きの解説一覧

インディアン座

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 20:30 UTC 版)

固有名詞

インディアン インディアンざ)

  1. 南天星座一つ構成する主な星としてペルシアンがある。

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「インディアン座」の関連用語

インディアン座のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



インディアン座のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JAXAJAXA
Copyright 2021 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインディアン座 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのインディアン座 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS