ダンカンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 芸能 > 舞踊家 > ダンカンの意味・解説 

ダンカン 【Isadora Duncan】 ○

1878~1927アメリカ女性舞踊家。自由で個性的表現を志しチュチュトー-シューズ捨てタイツをつけずに素足で踊った最初舞踊家古典バレエ改革大きな影響を及ぼした。

だん かん [0] 【断簡】

きれぎれになった書き物文書断片

だん かん -くわん [0] 【弾冠】

今までつかわずにいた冠のちりをはじき落とす意〕
官途につく用意をすること。

断簡

読み方:ダンカン(dankan

文書経文古筆などが本来の形を失い、その一部分の切れた状態になったもの。


〓邯Nan han

ダンカン

〓の音「男」または乃甘の反切、邯の音「酣」《漢書注》。

県令

県人


ダンカン

ダンカンの画像 ダンカンの画像
芸名ダンカン
芸名フリガナだんかん
性別男性
生年月日1959/1/3
星座やぎ座
干支亥年
血液型B
出身埼玉県
身長176 cm
体重63 kg
URLhttp://office-kitano.co.jp/talentposts/565
ブログURLhttp://ameblo.jp/danakan-tigers11/
靴のサイズ26.5 cm
プロフィール埼玉県出身タレント・俳優・放送作家・映画監督などマルチ活躍している。主な出演歴は、映画『七人の弔』(監督・脚本・主演)、『生きない』(脚本・主演)『8月の約束』(主演)、劇団東京サギまがい公演脚本・演出)、舞台幻灯KUKAI』(主演)、TBSサンデー・ジャポン』、フジテレビたけしのコマネチ大学 数学科』、CM日産自動車試乗キャンペーン”』(ナレーション)など。また、著書多数出版されている。
代表作品1TBSサンデー・ジャポン
代表作品2年2002
代表作品2著書ミスター・ルーキー
代表作品3年2010
代表作品3CM日本サプリメント“ペプチドエース つぶタイプ”』
職種タレント俳優女優
好きなスポーツ野球
資格・免許普通自動車/普通二輪
趣味・特技野球/釣り/イラスト

» タレントデータバンクはこちら
他のタレント一覧
埼玉県出身のタレント  入山法子  照英  斎賀みつき  ダンカン  本木雅弘  鈴木豊

ダンカン

名前 DuncanDancanDumcanDuncumDunkan

ダンカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/20 16:11 UTC 版)

ダンカン(Duncan)は、スコットランド起源の英語圏の男性名、姓、地名。




「ダンカン」の続きの解説一覧



ダンカンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ダンカン」の関連用語

ダンカンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ダンカンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
むじん書院むじん書院
Copyright (C) 2018 mujin. All Rights Reserved.
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2018 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダンカン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS