ブルズアイとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ブルズアイの意味・解説 

ブルズ‐アイ【bull's-eye】

読み方:ぶるずあい

射撃ダーツなどの標的中心円。また、その部分命中させること。


【ブルズアイ】(ぶるずあい)

Bullseye.

  1. 命中点。
    Bullseyeすなわち牛の目射抜くと言う意味で、命中した事や命中点を意味する

  2. 米軍作戦における任意の地点無線通信においてある地点指し示す場合市街地から北20マイル」など、具体的な所を指し示すと、相手側傍受していれば市街地から北20マイル何らかの行動を起こす事が容易に推測されてしまう。
    そこで、あらかじめ市街地建物など任意の目標をブルズアイとし周知し「ブルズアイから北20マイルと言い換えることによって情報傍受を防ぐ。

ブルズアイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/19 15:26 UTC 版)

ブルズアイブルズ・アイ英語: Bullseye, Bull's eye




「ブルズアイ」の続きの解説一覧

ブルズアイ(Bullseye)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 08:25 UTC 版)

トイ・ストーリー4」の記事における「ブルズアイ(Bullseye)」の解説

馬の人形ウッディジェシー愛馬である。

※この「ブルズアイ(Bullseye)」の解説は、「トイ・ストーリー4」の解説の一部です。
「ブルズアイ(Bullseye)」を含む「トイ・ストーリー4」の記事については、「トイ・ストーリー4」の概要を参照ください。


ブルズアイ (Bullseye)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 05:25 UTC 版)

トイ・ストーリー3」の記事における「ブルズアイ (Bullseye)」の解説

ウッディジェシー愛馬ジェシー同じくウッディラウンドアップ」に出演していた。言葉喋らないが、理解はできる。

※この「ブルズアイ (Bullseye)」の解説は、「トイ・ストーリー3」の解説の一部です。
「ブルズアイ (Bullseye)」を含む「トイ・ストーリー3」の記事については、「トイ・ストーリー3」の概要を参照ください。


ブルズアイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 22:47 UTC 版)

トイ・ストーリー2」の記事における「ブルズアイ」の解説

ウッディ愛馬人懐っこい性格ウッディに非常に懐いている。

※この「ブルズアイ」の解説は、「トイ・ストーリー2」の解説の一部です。
「ブルズアイ」を含む「トイ・ストーリー2」の記事については、「トイ・ストーリー2」の概要を参照ください。


ブルズアイ (Bullseye)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 00:55 UTC 版)

デアデビル」の記事における「ブルズアイ (Bullseye)」の解説

本名不詳傭兵殺し屋手裏剣ダーツなどの投擲腕前百発百中投擲用に作られた武器に限らず棒切れ花瓶などの手持って投げること出来あらゆるもの凶器変える暗殺達人元はキングピンお抱え暗殺者No.1だったが、エレクトラにその座を奪われ、それを恨んでエレクトラ殺害した以来デアデビルとは因縁関係である。ちなみに“ブルズアイ”とは英語で「大当たり命中」。一時期ノーマン・オズボーンの下でホークアイ偽物演じていた。傷ついた脊椎骨アダマンチウム補強した

※この「ブルズアイ (Bullseye)」の解説は、「デアデビル」の解説の一部です。
「ブルズアイ (Bullseye)」を含む「デアデビル」の記事については、「デアデビル」の概要を参照ください。


ブルズ・アイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 00:24 UTC 版)

ルパン三世 盗まれたルパン 〜コピーキャットは真夏の蝶〜」の記事における「ブルズ・アイ」の解説

本作お宝巨大な牛の像の左眼はめ込まれている緑色宝石盗んだ泥棒ことごとく謎の死迎えことから呪われた宝石」と呼ばれる泥棒業界では有名な伝説ながら、ICPOなど世界中警察機関捜査記録には盗まれたという情報自体がない。

※この「ブルズ・アイ」の解説は、「ルパン三世 盗まれたルパン 〜コピーキャットは真夏の蝶〜」の解説の一部です。
「ブルズ・アイ」を含む「ルパン三世 盗まれたルパン 〜コピーキャットは真夏の蝶〜」の記事については、「ルパン三世 盗まれたルパン 〜コピーキャットは真夏の蝶〜」の概要を参照ください。


ブルズ・アイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/14 00:56 UTC 版)

ブル・シュミット」の記事における「ブルズ・アイ」の解説

別名はジャック・バスター。ベア・ハッグ鯖折り)の状態で相手抱え上げそのまま相手後ろ向きに背中から倒すと同時に自らジャンプし両足前方へ開脚して尻餅着いて着地相手背面からマット叩き付けそのままエビ固めピン・フォールする。

※この「ブルズ・アイ」の解説は、「ブル・シュミット」の解説の一部です。
「ブルズ・アイ」を含む「ブル・シュミット」の記事については、「ブル・シュミット」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ブルズアイ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ブルズアイ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブルズアイ」の関連用語

ブルズアイのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ブルズアイのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブルズアイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのトイ・ストーリー4 (改訂履歴)、トイ・ストーリー3 (改訂履歴)、トイ・ストーリー2 (改訂履歴)、デアデビル (改訂履歴)、ルパン三世 盗まれたルパン 〜コピーキャットは真夏の蝶〜 (改訂履歴)、ブル・シュミット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS