ノーベルとは?

ノーベル【Alfred Bernhard Nobel】

[1833~1896]スウェーデン化学者企業家ニトログリセリン研究し、ダイナマイト次いで無煙火薬発明世界各地爆薬工場経営して財をなした。遺言により遺産ノーベル賞基金となっている。→ノーベル賞

ノーベルの画像
ノルウェーにあるノーベル像

ノーベル (Nobel, Alfred Bernhard)

ノーベルという人は

アルフレッド・バルンハート・ノーベル アルフレッド・バルンハート・
ノーベル

ストックホルム生まれロシアペテルブルグ教育を受け、アメリカ機械工学を学ぶ。 ペテルブルグ戻り爆薬製造事業を営んでいた父のもとで働いた。 1859年スウェーデン帰国し、ニトログリセリン製造工場を興したが、1864年工場爆発で弟エミール・ノーベル助手を失った。

ノーベルの主な経歴

1866年ダイナマイト発明する。 ストックホルムニトログリセリン工場を持っていたノーベルは、 漏れているニトログリセリン出くわす敏感爆薬であったニトログリセリンだが、珪藻土吸収されており、染み込んだ珪藻土は乾いていた。 この染み込んだ珪藻土を使って実験行ってみると、雷管なしでは爆発しないことを発見する。 敏感扱い難しニトログリセリン比べ発明したそれは、雷管を抜いておけば爆発しないので危険なく取り扱うことができた。

当時鉄鋼業土木工事、特に鉄道網広げるため、岩を爆破してトンネルを掘るのに強力な爆薬求められており、ノーベルの発見は時を得たものであった。 これにギリシャ語で”力”を意味するダイナマイトと名を付け世界各地火薬工場設立して巨利を得た。

アルフレッド・バルンハート・ノーベル

独身子供がいないこと、彼の火薬戦争猛威振るっていることへの後悔の念から、有名な遺言を残した。 遺言により900ドルにものぼる遺産のほぼ全額基金としてノーベル財団設立され、物理化学医学・生理学文学世界平和の5部門寄与した人たちを毎年表彰するノーベル賞設立された。


ノーベル

名前 Nobel

ノーベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/10 05:31 UTC 版)

ノーベル (Nobel)




「ノーベル」の続きの解説一覧



ノーベルと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ノーベル」の関連用語

ノーベルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ノーベルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
電気史偉人典電気史偉人典
Copyright(C) 2021 電気史偉人典 All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノーベル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS