割愛とは? わかりやすく解説

割愛

読み方:かつあい

割愛とは

割愛(かつあい)とは、「やむを得ず省略すること」や「惜しみながら捨てること」を意味する表現。《できることなら省きたくはないが、紙幅時間の都合上それも難しいため、やむを得ず省く》というようなニュアンス込めて用いられる表現といえる

「割愛」は名詞またはサ変動詞として機能する多くの場合割愛する」という動詞形で用いられる

割愛の語源・もともとの意味

割愛はもともとは仏教の用語であり、「執着愛着気持ち断ち切るという意味言葉だった。

割愛の類語・類義語

「割愛」の類義語としては「省略」が挙げられる。「省略」には単に「省く」という動作を指す意味合いしかなく、省く対象ことさらに必要あるいは不要と思うニュアンス含まれない

割愛は、省く対象本当は必要と考えながらも省く、というニュアンスを含む。

割愛とは逆に対象不要判断して省く」というニュアンス言葉としては「省除」などが挙げられる

お文化庁が2013年公表した世論調査の結果によると、今日では「割愛」を「対象不要判断して省く」という意味合い言葉であると認識する人の割合増えているという。

かつ‐あい【割愛】

読み方:かつあい

[名](スル)

惜しいと思うものを、思いきって捨てたり手放したりすること。「紙数の都合で―した作品も多い」

公務員が、他の自治体民間企業などへ籍を移すこと。また、大学の職員が、他大学へ籍を移すこと。手続き形式上移籍先が「人材割愛してほしい」と申請することから。「―願い」「―申請書

愛着気持ち断ち切ること。恩愛煩悩(ぼんのう)を捨て去ること。

「―出家沙門何ぞ世財をあらそはん」〈沙石集・九〉

[補説] 1について、文化庁発表した平成23年度国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる惜しいと思うものを手放す」で使う人が17.6パーセント本来の意味ではない「不必要なものを切り捨てる」で使う人が65.1パーセントという逆転した結果出ている。


割愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/04 08:06 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「割愛」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「割愛」を含むページの一覧/「割愛」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「割愛」が役に立つかも知れません。


割愛

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 03:17 UTC 版)

名詞

かつあい

  1. 惜しみながらも手放すこと。諦め譲ること。
  2. (特に官公庁から)人材資源手放した融通したりすること。
  3. (仏教) 愛着断ち切ること。
  4. 近年の用法省略

発音(?)

東京アクセント
か↗つあい

派生語

  • 割愛状
  • 割愛方

動詞

割愛する

  1. 惜しみながらも手放す諦め譲る
  2. (特に官公庁から)人材資源手放した融通したりする。
  3. 近年の用法省略する。[1][2]

活用

サ行変格活用
割愛-する

「割愛」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「割愛」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「割愛」の関連用語

割愛のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



割愛のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの割愛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの割愛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS