模倣とは? わかりやすく解説

も‐ほう〔‐ハウ〕【模倣/×摸倣】

[名](スル)他のものをまねること。似せること。「人の作品を—する」


小倉 朗:模倣

英語表記/番号出版情報
小倉 朗:模倣"mohou"作曲年1970年 

模倣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/15 08:29 UTC 版)

模倣(もほう)とは、


  1. ^ a b 大辞泉
  2. ^ 『言語発達研究: その歴史と現代の動向』p.228
  3. ^ 『詩学』第4章
  4. ^ 大藪泰、「赤ちゃんの模倣行動の発達-形態から意図の模倣へ-」 『バイオメカニズム学会誌』 2005年 29巻 1号 p.3-8, doi:10.3951/sobim.29.3
  5. ^ ドラゴンソードキーホルダー事件 東京高裁 H10.2.26 平成8年(ネ)6162号事件
  6. ^ 竹田稔、服部誠「知的財産権訴訟要論(不正競業・商標編)」発明推進協会、 p.109


「模倣」の続きの解説一覧

模倣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 04:02 UTC 版)

1990年代になると暴走族ヤンキーに入るような、郊外在住若者影響されチーマーとして活動するようになったと言われる。彼らは、渋谷センター街などでたむろし一部メンバー都下他県より渋谷にくる暴走族ヤンキー抗争行ったり一般人喧嘩を売るパーティー券などの押し売りをする、等を行うようになり。 1992年から1993年頃の渋谷では、店舗軒並み閉店した深夜渋谷センター街大量のチーマー占拠する事態発展していた。なお、1990年前後には深夜営業を行う店舗多かった渋谷センター街が、同時期先述のように軒並み閉店する状況変化したのは、チーマー流行により多発したトラブル影響よるものである。渋谷商店会有志見回りをする様になり減っていった。

※この「模倣」の解説は、「チーマー」の解説の一部です。» 「チーマー」の概要を見る


模倣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 23:34 UTC 版)

原作汽車のえほん」の発表後にも英国内では模倣作品(絵本)が複数発行され1970年代にはエルトン・ジョン自らのレーベルロケット・レコード」のロゴ一時トーマス模したキャラクター使用していたこともあったが、テレビシリーズ化版である本作発表後には世界的に知名度上げたことによりパロディ作品増え日本おいてもフジテレビ系バラエティ番組笑う犬」において『機関車ナーマス』という題でパロディコーナーが放映された他、テレビアニメ漫画作品において本作パロディが散見される。

※この「模倣」の解説は、「きかんしゃトーマス」の解説の一部です。» 「きかんしゃトーマス」の概要を見る


模倣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/08 04:22 UTC 版)

情報なだれ」。初期のいくらかの人の決断が、あとで決断をする人の意見影響を与えることがある。

※この「模倣」の解説は、「「みんなの意見」は案外正しい」の解説の一部です。» 「「みんなの意見」は案外正しい」の概要を見る


模倣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 15:34 UTC 版)

対戦した相手、あるいは観戦した試合出た必殺技越前頻繁に模倣する無我の境地目覚めていない段からすで行なっており、超ライジング零式ドロップショットなどを模倣した

※この「模倣」の解説は、「越前リョーマ」の解説の一部です。» 「越前リョーマ」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

模倣

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 02:32 UTC 版)

名詞

(もほう)

  1. まねること。にせること。

発音(?)

も↗ほー

動詞

活用

サ行変格活用
模倣-する



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

模倣のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



模倣のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2022 PianoTeachers' National Association of Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの模倣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのチーマー (改訂履歴)、きかんしゃトーマス (改訂履歴)、「みんなの意見」は案外正しい (改訂履歴)、越前リョーマ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの模倣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS