模倣犯とは? わかりやすく解説

もほう‐はん〔モハウ‐〕【模倣犯】

読み方:もほうはん

他人起こした犯罪の手口をまねた犯罪また、その犯人


模倣犯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/10/17 19:37 UTC 版)

模倣犯(もほうはん)は、マスコミ等で報じられた事件やフィクション作品中の犯罪手法を真似た犯罪。またはその犯人。コピーキャット: copycat crime)ともいう。




「模倣犯」の続きの解説一覧

模倣犯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 18:47 UTC 版)

西鉄バスジャック事件」の記事における「模倣犯」の解説

この事件あるいはハンドルネーム模倣した事件いくつか起きている。 2001年 - 2ちゃんねるで「ネオむぎ酒(※麦酒)」と名乗る人物YOSAKOIソーラン祭り妨害する犯罪予告書き込み恐喝容疑書き込み行った少年補導された。 2002年11月 - 2ちゃんねるで「ネオ烏龍茶」と名乗る人物小田急電鉄対す爆破予告2ちゃんねる書き込み威力業務妨害容疑書き込み行った男が逮捕され2003年6月東京地裁執行猶予付き有罪判決となった2001年1月14日 - 京都市営バス路線バス)でカッターナイフ乗客運転手脅して乗っ取るバスジャック事件発生大山崎町走行している事を不審思った対向車マイカー)のドライバー阪急バス社員)が通報追跡し茨木市内で逮捕解決した2008年7月16日 - 豊田市東名高速道路上り線走行中の東名ハイウェイバスJR東海バス運行車内果物ナイフ運転手脅して乗っ取る事件発生銃刀法違反容疑などで逮捕され容疑者山口県在住家出をしていた中学2年生少年だった。同少年は母から西鉄バスジャック事件について聞いていることを供述した

※この「模倣犯」の解説は、「西鉄バスジャック事件」の解説の一部です。
「模倣犯」を含む「西鉄バスジャック事件」の記事については、「西鉄バスジャック事件」の概要を参照ください。


模倣犯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/23 03:43 UTC 版)

パラコート連続毒殺事件」の記事における「模倣犯」の解説

いずれも東京都内死者はなし。 9月17日港区 画廊勤め女性34歳)が、画廊経営者支店長青酸化合物入りコーヒー飲ませ殺害図ったが、未遂終わり逮捕された。 女性会社の金を使い込んでおり、犯行発覚するのを恐れたため、犯行及んだ9月25日世田谷区上北沢自販機 ドリンク飲んだ大学生が、「変な味がする」と警察訴える。 石灰硫黄合剤含まれていたことが判明犯人不明9月27日北区自販機 ドリンク飲んだ女性44歳)が、「変な味がする」と警察訴える。 石灰硫黄合剤含まれていたことが判明犯人不明

※この「模倣犯」の解説は、「パラコート連続毒殺事件」の解説の一部です。
「模倣犯」を含む「パラコート連続毒殺事件」の記事については、「パラコート連続毒殺事件」の概要を参照ください。


模倣犯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 17:51 UTC 版)

D.B.クーパー事件」の記事における「模倣犯」の解説

クーパー私益のためにハイジャック行った最初の人というわけではない。例えば、1971年11月初旬カナダ人のポール・ジョセフ・チーニ (英: Paul Joseph Cini) はモンタナ州上空エア・カナダDC-8機をハイジャックした。しかし、持参してきたパラシュート装着しようとして散弾銃下ろしたときに乗員により制圧された。クーパー少なくともパラシュート降下するところまでハイジャック成功させていたため、にわかに模倣犯が現れた。そのような事件のほとんどは1972年起きたその中で著名な例次に挙げる。 ガレット・ブロック・トラップネル(英語版) (英: Garrett Brock Trapnell) は1月ロサンゼルスからニューヨークへ向かう途中トランス・ワールド航空機をハイジャックした。トラップネルは現金306,800ドルアンジェラ・デイヴィス釈放ニクソン大統領との謁見要求した飛行機ジョン・F・ケネディ国際空港着陸した後、トラップネルはFBIの捜査官からの銃撃受けて負傷し逮捕された。 リチャード・チャールズ・ラポイント (英: Richard Charles LaPoint) は陸軍での兵役経験した人物であり、"New England beach bum" (直訳すると「ニューイングランド海辺で遊び呆けている人物」) でもあった。ラポイントは1月20日ラスベガスマッカランヒューズ・エア・ウエスト800便のDC-9機に搭乗した飛行機誘導路にいるときに、ラポイントは爆弾称するものを見せ付けて脅迫し5万ドルパラシュート2つヘルメット要求した51名の乗客と2名の客室乗務員解放すると、デンバー向けて東に飛行機を飛ばすように命令したその後コロラド州北東部の木のない平原の上空でパラシュート降下した。実はパラシュートには探知機が付いていた。当局パラシュートや泥についた足跡追跡し数時間後にラポイントを逮捕した。 リチャード・マッコイ・ジュニアはかつては陸軍グリーンベレーだった。マッコイ4月サンフランシスコ向けてデンバー飛び立ったユナイテッド航空ボーイング727-100をハイジャックし50ドル身代金持ってユタ州上空パラシュート使って降下した安全に着地したが、2日後逮捕された。 フレデリック・ハーネマン(英語版) (英: Frederick Hahneman) は5月ペンシルバニア州アレンタウンでイースターン航空ボーイング727拳銃を手にハイジャックした303千ドル要求し最終的に出生地ホンジュラスパラシュート降下した1ヵ月後、FBI追跡と、2万5千ドル懸賞金かけられたことで、ハーネマンはテグシガルパにあるアメリカ大使館自首した。 ロブ・ドリン・ヘディ (英: Robb Dolin Heady) は空挺兵ベトナム戦争での兵役経験した人物であり、6月初旬リノユナイテッド航空ボーイング727襲撃し20ドルパラシュート2つ要求したリノから南へ40キロメートルところにあるワショー湖(英語版)の近く暗闇の中へ身を投じた警察ヘディの車 (アメリカパラシュート協会バンパーステッカーが貼られていた) が湖の近く停められているのを発見し翌朝に車へ戻ってきたヘディ逮捕した。 マーティン・マクナリー (英: Martin McNally) はかつてはガソリンスタンド案内係だったが当時無職だった。6月下旬セントルイスからタルサへ向かう途中アメリカン航空ボーイング727短機関銃持ってハイジャックし、東に方向転換してインディアナ州へ向かわせ、50ドル身代金持ってパラシュート降下したマクナリー飛行機から出るときに身代金なくしてしまったが、インディアナ州ペルー英語版)の近く安全に着陸した数日後デトロイト近郊逮捕された。 1972年発生したクーパー事件似たハイジャック事件全部15件あり、すべて失敗終わった1973年全国的に手荷物検査を行うようになり (#空港の安全性参照)、全体的なハイジャック事件発生率劇的に減少したクーパー事件模倣したハイジャック事件は、1980年7月11日最後に顕著な例は存在しなかった。この日、グレン・K・トリップ (英: Glenn K. Tripp) がノースウエスト航空608便をシアトル・タコマ空港ハイジャックし60ドル (ある文献では10万ドル)とパラシュート2つ自身の上司の暗殺要求した。しかし、客室乗務員がとっさの判断アルコール飲料密かにバリウム混ぜてトリップ与えた10時間もの膠着状態の間に、トリップ要求チーズバーガー3個と先んじて逃走することに変更しその後逮捕された。しかし、1983年1月21日トリップはまだ保護観察中だったが、再び同じノースウエスト航空機を今度飛行中ハイジャックしアフガニスタンへ飛行機を飛ばすことを要求した飛行機ポートランド着陸したときに、トリップFBIの捜査官に銃殺された。

※この「模倣犯」の解説は、「D.B.クーパー事件」の解説の一部です。
「模倣犯」を含む「D.B.クーパー事件」の記事については、「D.B.クーパー事件」の概要を参照ください。


模倣犯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/29 06:11 UTC 版)

仙台アーケード街トラック暴走事件」の記事における「模倣犯」の解説

詳細は「仙台市道南光院丁線#第二のアーケード暴走事件」を参照 2005年平成17年12月25日午後6時50分、乗用車仙台市道南光院丁線からマーブルロードおおまちアーケード街)に侵入し暴走、7名が重軽傷負い運転していたBが業務上過失傷害道交法違反ひき逃げ)の容疑逮捕されている。 商店街では、4月暴走事件後に、自動車侵入可能な交差点プランターを置くなどの対策行っていたが、このプランターすき間から侵入して犯行であった。 Bは傷害容疑送検起訴された。第一審では、被告責任能力認められ2006年平成18年3月19日懲役3年の実刑判決言い渡された。 なお、2008年平成20年6月起きた秋葉原通り魔事件容疑者当時仙台在住事件現場アーケード街に近い場所に住んでおり、通り魔事件取調べトラックで人を撥ねることについてこの事件参考にしたと供述している。時期かぶっていないが秋葉原事件容疑者仙台事件容疑者は同じ警備会社だったと元同僚証言している。

※この「模倣犯」の解説は、「仙台アーケード街トラック暴走事件」の解説の一部です。
「模倣犯」を含む「仙台アーケード街トラック暴走事件」の記事については、「仙台アーケード街トラック暴走事件」の概要を参照ください。


模倣犯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 13:58 UTC 版)

大阪ニセ夜間金庫事件」の記事における「模倣犯」の解説

1983年9月埼玉銀行春日部西口支店同様の手口ニセ金庫がしかけられた。大阪事件と同様、それまで投入され現金袋でいっぱいになってしまい、金融会社社長投入しようとしたところつかえてしまった。怪しんだ社長通報により警察駆けつけニセ金庫と判明。しかしニセ金庫の出来大阪事件のものと比べて数段劣る出来栄えで、明るいところであればまず騙されないであろうというようなお粗末なものであった。ただし、この事件未解決である。 1986年9月三和銀行麻布支店にもニセ金庫が出現した焼肉店店主が、本来の金庫の『故障中と書かれた無視して投入したところ正常に動作したため、いぶかしんで警察通報ニセ金庫と判明した。この事件未解決である。 1995年12月福島県川俣町東邦銀行川俣支店本店支店連絡メールボックス郵便受け入れるよう指示する紙が貼られ、連絡業者投入した780万円当の小切手盗まれた。 2006年7月には、みずほ銀行銀座支店前に同様のニセ夜間金庫置かれる事件があったが、こちらは犯人自首し解決している。他の模倣犯と異なりこれまでのニセ金事件いずれも木製だったために失敗していることから、金属製とした。たまたま警備員巡回して発見したため未遂終わった

※この「模倣犯」の解説は、「大阪ニセ夜間金庫事件」の解説の一部です。
「模倣犯」を含む「大阪ニセ夜間金庫事件」の記事については、「大阪ニセ夜間金庫事件」の概要を参照ください。


模倣犯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/07 02:09 UTC 版)

火曜日の放火魔事件」の記事における「模倣犯」の解説

犯人の男が捕まって以降も、新宿警察署四谷警察署は模倣犯の発生備えて警戒態勢維持した犯人逮捕され翌週火曜日である1977年昭和52年2月8日未明新宿区歌舞伎町連続3件の放火発生した新宿警察署現場付近にいた世田谷区中学生職務質問し、犯行認めたため同日1時30分ころ放火未遂軽犯罪法違反補導した。調べに対して中学生は、「火曜日放火魔つかまったのを新聞見てかっこいい思った。次は自分がやって、世間騒がせてやろうと思った」と供述した同年2月22日未明には、埼玉県富士見市新築中住宅2軒が放火された。埼玉県警東入間警察署は、市内ろう者を非現住建造物放火疑い緊急逮捕した。ろう者犯行認め手話通訳通して東京新宿起きた連続放火事件テレビで見てまねをした」と述べた

※この「模倣犯」の解説は、「火曜日の放火魔事件」の解説の一部です。
「模倣犯」を含む「火曜日の放火魔事件」の記事については、「火曜日の放火魔事件」の概要を参照ください。


模倣犯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 06:16 UTC 版)

赤色ギャング事件」の記事における「模倣犯」の解説

本事件翌月本件触発され借金苦の愛国貯蓄銀行外交員神戸市五十六銀行駒ケ林支店襲った犯人ハワイ暮らしていたことがあり、そのとき所持していたピストルコルト)を使って金を強奪、6発を発砲しながら逃走したが、行員近隣住民らに追いかけられて捕まり懲役15年処せられた。

※この「模倣犯」の解説は、「赤色ギャング事件」の解説の一部です。
「模倣犯」を含む「赤色ギャング事件」の記事については、「赤色ギャング事件」の概要を参照ください。


模倣犯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 02:52 UTC 版)

ドン・キホーテ放火事件」の記事における「模倣犯」の解説

被疑者逮捕後の2004年12月中に、模倣犯と思われる以下の放火事件発生。これらの被疑者逮捕についての報道2011年6月時点でも無く未解決のままと思われる現住建造物等放火罪容疑捜査が行われている場合公訴時効は、25年である。 12月16日に、旧:大宮ロフト(旧:西武百貨店大宮店2013年4月24日閉店)で、女子トイレゴミ箱の中身が燃え小火発生12月下旬に、ドン・キホーテ環八世田谷店で放火未遂事件発生防犯カメラ記録により、男の犯行断定される。

※この「模倣犯」の解説は、「ドン・キホーテ放火事件」の解説の一部です。
「模倣犯」を含む「ドン・キホーテ放火事件」の記事については、「ドン・キホーテ放火事件」の概要を参照ください。


模倣犯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 14:20 UTC 版)

天国と地獄 (映画)」の記事における「模倣犯」の解説

この映画用いられた「走っている電車等から現金等を落とす」という手法は、1955年内川清一郎監督の『悪魔の囁き』のなかで使われたものであるが、この後フィクション作品だけでなく、現実現金受渡し目的犯罪数多く模倣されている。1963年9月草加次郎事件1965年新潟デザイナー誘拐殺人事件1984年グリコ・森永事件1993年甲府信金OL誘拐殺人事件2002年新城市会社役員誘拐殺人事件2004年大阪パチンコ店部長誘拐事件などの例がある。手法模倣ではないが、映画の影響受けて身代金誘拐及んだ者もおり、1963年吉展ちゃん誘拐殺人事件1980年名古屋女子大生誘拐殺人事件などの例がある。

※この「模倣犯」の解説は、「天国と地獄 (映画)」の解説の一部です。
「模倣犯」を含む「天国と地獄 (映画)」の記事については、「天国と地獄 (映画)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「模倣犯」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「模倣犯」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



模倣犯と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「模倣犯」の関連用語

模倣犯のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



模倣犯のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの模倣犯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの西鉄バスジャック事件 (改訂履歴)、パラコート連続毒殺事件 (改訂履歴)、D.B.クーパー事件 (改訂履歴)、仙台アーケード街トラック暴走事件 (改訂履歴)、大阪ニセ夜間金庫事件 (改訂履歴)、火曜日の放火魔事件 (改訂履歴)、赤色ギャング事件 (改訂履歴)、ドン・キホーテ放火事件 (改訂履歴)、天国と地獄 (映画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS