井筒和幸とは?

井筒 和幸

井筒和幸の画像 井筒和幸の画像
芸名井筒 和幸
芸名フリガナいづつ かずゆき
性別男性
生年月日1952/12/13
星座いて座
血液型A
出身奈良県
プロフィール県立奈良高校在学中から映画制作開始8mm16mmの映画を撮り始め1975年35mmピンク映画行く行くマイトガイ 青春悶々』を初監督1981年に『ガキ帝国』で日本映画監督協会新人奨励賞受賞以降『みゆき』『晴れときどき殺人』『二代目はクリスチャン』『宇宙の法則』、1996年岸和田少年愚連隊』でブルーリボン賞最優秀作品賞を受賞。『のど自慢』『ビッグ・ショー!ハワイに唄えば』『ゲロッパ!』『パッチギ!』を立て続け話題作を制作し、多く映画賞受賞日本人高校生在日朝鮮人高校生恋愛模様友情を描いた『パッチギ!』は、2005年度のキネマ旬報ベスト・テンにおいて委員選出日本映画第1位を獲得。また独自の批評精神と鋭い眼差しによりさまざまなメディアでの「ご意見番」としても活躍主な出演作品に、フジテレビこたえてちょーだい!』、TBSきょう発プラス』、毎日放送ちちんぷいぷい』、CMダイハツ工業「テリオスルキア」』『味の素「うまい」シリーズ』『マツダアテンザ」』など。著書に、『アホか、お前ら!』『サル教える映画の話』『虎の門 井筒和幸のこちトラ自腹じゃ!101本斬り』『宇宙の法則』ほか多数
代表作品1年1981
代表作品1映画『ガキ帝国』・『ガキ帝国 悪たれ戦争
代表作品2年1996
代表作品2映画『岸和田少年愚連隊
代表作品3年2004
代表作品3映画『パッチギ!
職種文化人

» タレントデータバンクはこちら

井筒和幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/06 06:38 UTC 版)

井筒 和幸(いづつ かずゆき、1952年12月13日 - )は、日本映画監督映画評論家




  1. ^ a b c d デジタル大辞泉「井筒和幸」
  2. ^ スペシャルインタビュー 映画監督:井筒和幸 プロフィール参照 B-Plus 2012年10月号
  3. ^ NHK探検バクモン「禁断の映画パラダイス」2012年10月24日放送
  4. ^ 上映したらアカン映画なんかないんじゃ!
  5. ^ 月刊シナリオ 2019年4月号
  6. ^ 中島らも鮫肌文殊『ひそひそくすくす大爆笑』(メディアファクトリー)に収録の井筒監督との対談より
  7. ^ 授賞式は2011年3月27日に予定されていたが、東日本大震災の発生に伴い開催されなかった[1]
  8. ^ 公益財団法人大阪観光局 ロケ地を巡る、大阪まち歩き『黄金を抱いて翔べ』コース
  9. ^ 朝日新聞1992年3月5日
  10. ^ a b c 朝日新聞2004年9月11日
  11. ^ アエラ2002年7月1日
  12. ^ アメリカの活動写真が先生だった 小学館、1998.12、「本当は「サンドペブル」 『砲艦サンパブロ』」
  13. ^ 映画は喧嘩じゃ! vol.4 自分でやる
  14. ^ 映画は喧嘩じゃ! vol.15 変わらない
  15. ^ <「やりやがったな、この野郎!」井筒監督がイーストウッド「グラン・トリノ」を絶賛 <https://www.crank-in.net/news/11639/1
  16. ^ 「<映画駄話 〜ザ・プレミアム〜> 井筒和幸 監督の<犯罪映画>大好き!」
  17. ^ 映画は喧嘩じゃ! vol.2 とことんやる
  18. ^ 映画は喧嘩じゃ! vol.5 飛翔
  19. ^ 映画は喧嘩じゃ! vol.16 丁々発止
  20. ^ 『ノーカントリー』日本版公式サイトのコメントより https://www.nocountry.jp/
  21. ^ [2]
  22. ^ 週刊現代2017年9/30号の134p井筒コラム「今週の映画監督」
  23. ^ 井筒和幸が日本映画界に警鐘「腰骨のない邦画界にケンカ売らないと」
  24. ^ 「アメリカの活動写真が先生だった 小学館, 1998.12。」「イタリアン・アメリカン 『ゴッドファーザーpartII』」
  25. ^ 自著「サルに教える映画の話(バジリコ、2005.10)」の主に『ゴッドファーザー』の他にウディ・アレン作品にヴィットリオ・ストラーロに『映画に愛をこめて アメリカの夜』等を絶賛した98p-108p「世界が驚いた革命的な映像」
  26. ^ 週刊現代 2016年3月26・4月2日合併号 「井筒和幸の今週の映画監督」
  27. ^ テレビ朝日12月23日 こちトラ自腹じゃ!SP[リンク切れ]
  28. ^ 2006年2月17日夕刊ゲンダイ
  29. ^ 2006年3月16日東京スポーツ
  30. ^ 映画「永遠の0」を痛烈批判した井筒監督 「見た後で自分の記憶から消したくなった」 J-CASTニュース 2014年1月21日
  31. ^ アサヒ芸能 マツコ×井筒監督 ニッポンをしばき倒し“アホか、お前らDX”(4)「“スターウォーズ”のせいで他の映画が割り食ってる?」 [3]
  32. ^ a b 井筒監督×マツコ・デラックス「ドアホちゃうか、ニッポン!」スペシャル対談(2)アニメは“日本人の顔”が1つもない”. アサ芸プラス. アサヒ芸能 (2017年1月7日). 2017年1月7日閲覧。
  33. ^ 「井筒和幸だ シバキ!ハンダづけ!!」 東京スポーツ 2006年1月5日
  34. ^ 「井筒和幸だ シバキ!ハンダづけ!!」 東京スポーツ 2006年11月2日
  35. ^ 井筒和幸『民族の壁どついたる!』 [要ページ番号]
  36. ^ 「首都圏スペシャル プロジェクト2030 つながれない若者たち -希望ある未来へ-」 - 【NHK総合】2012年10月26日
  37. ^ 中日新聞 2015年10月29日付
  38. ^ 週刊新潮 2007年3月29日号
  39. ^ 短期間だがこの名前で活動したがほどなく本名に戻した。


「井筒和幸」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「井筒和幸」の関連用語

井筒和幸のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



井筒和幸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの井筒和幸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS