芦屋小雁とは?

Weblio 辞書 > 人名 > タレントデータベース > 芦屋小雁の意味・解説 

芦屋 小雁

芦屋小雁の画像 芦屋小雁の画像
芸名芦屋 小雁
芸名フリガナあしや こがん
性別男性
生年月日1933/12/4
星座いて座
干支酉年
血液型A
出身京都府
身長155 cm
体重68 kg
URLhttp://www.kogankurabu.com/kogan/profeel.html
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kogan_001/
靴のサイズ24.5 cm
プロフィール幼少のころ、商業美術の道を目指すが、当時花形であった漫才に惹かれ、兄・芦屋雁之助と共に1950年頃より京都・大阪中心に客席劇場出演する。その後テレビ放送が始まると同時に拠点大阪移し、週10本のレギュラー出演する人気タレントとなる。1959年芦屋雁之助を含む当時仲間と共に劇団笑いの王国」を結成1964年には芦屋雁之助座長に、弟、芦屋雁平加えて劇団喜劇座」を結成し、数多くの作品を残す。舞台公演テレビラジオにも数多く出演書籍執筆や、人物画遊び絵などにも熱中する。
代表作品1テレビはんなり菊太郎2』・『番頭はんと丁稚どん
代表作品2映画『長崎ぶらぶら節』・『悪名市場
代表作品3著書ドラキュラ百科』・『シネマで夢を見てたいねん』
職種タレント俳優女優
好きな映画ホラー映画
趣味・特技思議探し/絵を描くこと/フィルムコレクター/映写機コレクター

» タレントデータバンクはこちら

芦屋小雁

以下の映画芦屋小雁関連しています。
イーハーフィルムズ
 
ムービーギャング
 
 
 
 


芦屋小雁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/07 19:28 UTC 版)

芦屋 小雁あしや こがん1933年12月4日 - )は、日本喜劇俳優。所属事務所は小雁倶楽部、さち子プロ。本名、西部 秀郎(にしべ ひでお)。


  1. ^ 芦屋小雁 『笑劇の人生』新潮社
  2. ^ 芦屋小雁 『笑劇の人生』新潮社
  3. ^ 芦屋小雁 『笑劇の人生』新潮社
  4. ^ 芦屋小雁 『笑劇の人生』新潮社
  5. ^ 芦屋小雁 『笑劇の人生』新潮社
  6. ^ 芦屋小雁 『笑劇の人生』新潮社
  7. ^ 芦屋小雁 『笑劇の人生』新潮社
  8. ^ 芦屋小雁 『笑劇の人生』新潮社
  9. ^ 芦屋小雁 『笑劇の人生』新潮社
  10. ^ 芦屋小雁 『笑劇の人生』新潮社
  11. ^ 芦屋小雁 『笑劇の人生』新潮社
  12. ^ 芦屋小雁 『笑劇の人生』新潮社
  13. ^ 芦屋小雁 『笑劇の人生』新潮社
  14. ^ 芦屋小雁 『笑劇の人生』新潮社
  15. ^ a b 「小雁、苦心のコレクション 怪奇映画追いかけて20余年」『中日新聞』1985年8月19日付夕刊
  16. ^ 「28歳下の斉藤とも子を射止めた『丁稚どん』芦屋小雁は熟年の星」『週刊朝日』1987年1月30日号
  17. ^ 「斉藤とも子 芦屋小雁との8年の結婚生活にピリオド 27歳差離婚の原因は『ホラー映画』」『女性セブン』1995年12月7日号
  18. ^ 「新・裸の大将放浪記」芦屋小雁が会見 日刊スポーツ 2007年8月24日
  19. ^ <見る>神戸映画資料館 神戸新聞 2007年4月3日
  20. ^ 名脇役・芦屋小雁が認知症に…妻が苦渋の決断!『爆報!THE フライデー』 マイナビニュース 2018年12月6日 2018年12月7日 閲覧


「芦屋小雁」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「芦屋小雁」の関連用語

芦屋小雁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



芦屋小雁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2018 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの芦屋小雁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS