旅立ちとは? わかりやすく解説

たび‐だち【旅立ち】

読み方:たびだち

[名](スル)旅に出ること。出発すること。かどで。「新生活への—」「朝早く—する」


旅立ち

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

旅立ち

作者田中文雄

収載図書猫恐(ねこおぢ)
出版社光風出版
刊行年月1987.3


旅立ち

作者志水辰夫

収載図書きのうの空
出版社新潮社
刊行年月2001.4

収載図書きのうの空
出版社新潮社
刊行年月2003.6
シリーズ名新潮文庫

収載図書青春小説傑作選 14歳の本棚初恋友情
出版社新潮社
刊行年月2007.4
シリーズ名新潮文庫


旅立ち

作者白石一郎

収載図書十時半睡事件帖東海道をゆく
出版社講談社
刊行年月2002.2

収載図書東海道をゆく―十時半睡事件帖
出版社講談社
刊行年月2006.2
シリーズ名講談社文庫


旅立ち

作者五刀馬里

収載図書指令
出版社新風舎
刊行年月2002.5


旅立ち

作者樊発稼

収載図書中国現代童話集 愛ママ弁当
出版社新潟日報事業社
刊行年月2002.7


旅立ち

作者岸田

収載図書夕日に赤い帆
出版社文芸社
刊行年月2003.8


旅立ち

作者谷口雅宣

収載図書神を演じ人々
出版社日本教文社
刊行年月2003.11


旅立ち


旅立ち

作者アミタヴ・ゴーシュ

収載図書シャドウ・ラインズ―語られなかったインド
出版社而立書房
刊行年月2004.5


旅立ち

作者久保田伸治

収載図書翼はカナダから
出版社文芸社
刊行年月2004.7


旅立ち

作者総無帰

収載図書指先物語64傑作短編集
出版社愛知出版
刊行年月2004.7


旅立ち

作者阿刀田高

収載図書心の旅路
出版社角川書店
刊行年月1993.7
シリーズ名角川ホラー文庫

収載図書東京ホテル物語 改版・〔文庫オリジナル版〕
出版社中央公論社
刊行年月1996.8
シリーズ名中公文庫


旅立ち

作者聖龍

収載図書真之介風流剣―はぐれ隠密始末
出版社コスミック出版
刊行年月2006.11
シリーズ名コスミック時代文庫


旅立ち

作者原哲夫

収載図書遙かなる啄木
出版社文芸社
刊行年月2007.7


旅立ち

作者大宮

収載図書夜空を駆ける大宮作品集 新版
出版社せせらぎ書房
刊行年月2007.9


旅立ち

作者阿部牧郎

収載図書春情おかげ参り
出版社徳間書店
刊行年月2008.9
シリーズ名徳間文庫


旅立ち

作者深井

収載図書木魚
出版社日本図刊行
刊行年月1994.3


旅立ち

作者橋本治

収載図書花物語
出版社集英社
刊行年月1995.10


旅立ち

作者デイヴィッドH.シャピロ

収載図書のちみみず晴れ
出版社情報センター出版局
刊行年月1998.8


旅立ち

作者ジル・マコークル

収載図書クラッシュ・ダイエット
出版社ブロンズ新社
刊行年月1998.9


旅立ち

作者甲木暁

収載図書白鳥の伝説
出版社日本図刊行
刊行年月1999.6


旅立ち

作者真人

収載図書オンリーワン
出版社新風舎
刊行年月1999.10


旅立ち

作者小林英文

収載図書
出版社郷土出版社
刊行年月2001.2


旅立ち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/14 04:54 UTC 版)

旅立ち(たびだち)




「旅立ち」の続きの解説一覧

旅立ち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 07:54 UTC 版)

秦の統一戦争」の記事における「旅立ち」の解説

紀元前227年、丹は刺客相棒として秦舞陽しん ぶようと言う者を荊軻に付けようとした秦舞陽13歳で人を殺し壮士として有名であったが、荊軻秦舞陽のことを頼りにならぬ若造だと見抜き遠くに住む旧友同行者に加えようと待機していた。しかし丹が荊軻出発をたびたび急かし怖気づいたではないか疑いはじめたため、荊軻仕方なく秦舞陽連れて出発することに決めた。 やがて出発の日が訪れる。丹をはじめ事情を知る見送りの者は全て喪服とされる白装束纏い易水えきすい黄河の北を流れる)のほとりまで荊軻たちにつき従った。彼らは全て涙を流し荊軻親友高漸離は筑を奏でて見送ったこの時荊軻生還期さない覚悟詠んだ風蕭々しょうしょう)として易水寒し壮士ひとたび去って復(ま)た還(かえ)らず 風蕭蕭易水壮士一去兮不復還」 という詩句は、史記の中で最も有名な場面一つされる。 これを聴いた士たちは、だれもが感情昂ぶりの余り凄まじ形相となった。そして荊軻は車に乗って去り、ついに後ろ振り向くことは無かった

※この「旅立ち」の解説は、「秦の統一戦争」の解説の一部です。
「旅立ち」を含む「秦の統一戦争」の記事については、「秦の統一戦争」の概要を参照ください。


旅立ち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 03:22 UTC 版)

哲也-雀聖と呼ばれた男」の記事における「旅立ち」の解説

銭亀追われながら更なる強さ求め哲也金沢魚津佐渡島弘前津軽海峡函館回り、己の強さ磨きをかけ、新宿へと帰路をとる。

※この「旅立ち」の解説は、「哲也-雀聖と呼ばれた男」の解説の一部です。
「旅立ち」を含む「哲也-雀聖と呼ばれた男」の記事については、「哲也-雀聖と呼ばれた男」の概要を参照ください。


旅立ち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 04:38 UTC 版)

エンゲルベルト・ケンペル」の記事における「旅立ち」の解説

リッペデトモルト侯国レムゴー牧師の息子として生まれる。ドイツ三十年戦争荒廃した時代育ち、さらに例外的に魔女狩り遅くまで残った地方生まれ叔父魔女裁判により死刑とされた経験をしている。この2つ経験が、後に平和や安定的秩序求めケンペル精神繋がったと考えられる故郷ハーメルンラテン語学校学んだ後、さらにリューネブルクリューベックダンツィヒ哲学歴史さまざまな古代当代言語を学ぶ。ダンツィヒ政治思想に関する最初の論文執筆した。さらにトルンクラクフケーニヒスベルク勉強続けた1681年にはスウェーデンウプサラアカデミーに移る。そこでドイツ人博物学者ザムエル・フォン・プーフェンドルフ知己となり、彼の推薦スウェーデン国王カール11世ロシア・ツァーリ国モスクワ大公国)とペルシアサファヴィー朝派遣する使節団医師秘書として随行することになったケンペル地球半周する大旅行はここに始まる。 1683年10月2日使節団ストックホルム出発しモスクワ経由して同年11月7日アストラハン到着カスピ海を船で渡ってシルワン現在のアゼルバイジャン)に到着し、そこで一月過ごす。ケンペルは、この経験によりバクーとその近辺油田について記録した最初のヨーロッパ人になった。さらに南下続けてペルシア入り翌年3月24日首都イスファハン到着したケンペル使節団と共にイラン20か月過ごし、さらに見聞広めてペルシアオスマン帝国風俗行政組織についての記録を残す彼はまた、最初にペルセポリス遺跡について記録したヨーロッパ人一人でもある。

※この「旅立ち」の解説は、「エンゲルベルト・ケンペル」の解説の一部です。
「旅立ち」を含む「エンゲルベルト・ケンペル」の記事については、「エンゲルベルト・ケンペル」の概要を参照ください。


旅立ち(1 - 3話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 00:06 UTC 版)

交響詩篇エウレカセブン」の記事における「旅立ち(1 - 3話)」の解説

14歳のレントン英雄扱いされる父親コンプレックス持ち勉強苦手でクラスでも浮いていた。一緒に暮らす頑固者の祖父アクセル家業機械整備屋を継げ口うるさい彼にとってリフ唯一とも言える楽しみで天才リフボーダー、ホランド憧れ懲りずに日々練習重ねていた。しかし辺境ベルフォレスト良い波が来ることもなく街で唯一のリフボード屋も街を去りお気に入りのリフスポットは軍の演習場なり立ち入り禁止になる。

※この「旅立ち(1 - 3話)」の解説は、「交響詩篇エウレカセブン」の解説の一部です。
「旅立ち(1 - 3話)」を含む「交響詩篇エウレカセブン」の記事については、「交響詩篇エウレカセブン」の概要を参照ください。


旅立ち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 17:25 UTC 版)

オイディプース」の記事における「旅立ち」の解説

成長したオイディプース他の者よりも能力勝っていたため、これを嫉んだ者たちが酒席で、オイディプースポリュボスメロペー実子ではないと中傷した疑いながらも不安に思ったオイディプースは、ポリュボスメロペー詰問したが、満足のいく回答得られなかった。そこで神々真実聞こうと、デルポイアポローン神託受けたが、アポローン彼の問い答えず、「故郷近寄るな、両親を殺すであろうから」と教えたポリュボスメロペーとを実の両親信じオイディプースは、コリントス離れて旅に出た

※この「旅立ち」の解説は、「オイディプース」の解説の一部です。
「旅立ち」を含む「オイディプース」の記事については、「オイディプース」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「旅立ち」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「旅立ち」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



旅立ちのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの旅立ち (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの秦の統一戦争 (改訂履歴)、哲也-雀聖と呼ばれた男 (改訂履歴)、エンゲルベルト・ケンペル (改訂履歴)、交響詩篇エウレカセブン (改訂履歴)、オイディプース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS