別館とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 施設 > 建物 > 別館の意味・解説 

べっ‐かん〔‐クワン〕【別館】

読み方:べっかん

本館のほかに建てた建物


アネックス

(別館 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/03 08:11 UTC 版)

アネックス: annex)は、付録、別館を意味する[1]

出典

  1. ^ アネックス. コトバンクより2020年7月3日閲覧

別館(UP-ON)(アップオン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 02:23 UTC 版)

遠鉄百貨店」の記事における「別館(UP-ON)(アップオン)」の解説

2004年平成16年4月開店遠鉄トラベルH&Mなどが入居

※この「別館(UP-ON)(アップオン)」の解説は、「遠鉄百貨店」の解説の一部です。
「別館(UP-ON)(アップオン)」を含む「遠鉄百貨店」の記事については、「遠鉄百貨店」の概要を参照ください。


別館(旧新館)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 02:04 UTC 版)

赤坂プリンスホテル」の記事における「別館(旧新館)」の解説

1960年10月1日開業5階建。 5階:ロイヤルホール 4階結婚式場有明、旭、曙、右近左近写真室衣装室、更衣室 1階グリーンホールロビークローク 別館外、プリンス通りにベーカリーショップ「ブーランジュリー アカサカ」。2011年3月当時2、3階は従業員事務所更衣室になっていた。従業員事務所更衣室変更前はクラウンパールローズマーガレットクィーン宴会場として使用していた。

※この「別館(旧新館)」の解説は、「赤坂プリンスホテル」の解説の一部です。
「別館(旧新館)」を含む「赤坂プリンスホテル」の記事については、「赤坂プリンスホテル」の概要を参照ください。


別館(実習棟)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/03 01:00 UTC 版)

熊本県立装飾古墳館」の記事における「別館(実習棟)」の解説

勾玉作り火おこし体験できる体験学習集団学習室 屋体験広場

※この「別館(実習棟)」の解説は、「熊本県立装飾古墳館」の解説の一部です。
「別館(実習棟)」を含む「熊本県立装飾古墳館」の記事については、「熊本県立装飾古墳館」の概要を参照ください。


別館 (The Exhibition Wing)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 16:28 UTC 版)

ゴッホ美術館」の記事における「別館 (The Exhibition Wing)」の解説

特別展示浮世絵展示などが行われている。黒川紀章設計し1999年6月オープンした曲線多用されており非対称の美を表している。この別館の建設資金として、日本損保ジャパン国際交流基金通じて寄付をしている。

※この「別館 (The Exhibition Wing)」の解説は、「ゴッホ美術館」の解説の一部です。
「別館 (The Exhibition Wing)」を含む「ゴッホ美術館」の記事については、「ゴッホ美術館」の概要を参照ください。


別館(旧本館)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 03:43 UTC 版)

山梨県庁舎」の記事における「別館(旧本館)」の解説

詳細は「山梨県庁舎別館 (旧本館) 及び県議会議事堂」を参照 1930年昭和5年)に地上3階建の2代目本庁舎として竣工1953年昭和28年)に増築工事実施し地上4階建、延床面積6,589m2になったもののそれでも手狭になったため、1963年県庁主要機能新本館に移転し旧本館は別館(旧館)に名称を変更した。築70年以上が経過し雨漏りなど老朽化進行しているが歴史的価値のある建造物であることから解体せずに整備実施2015年平城27年4月2日2階に「山梨近代人物館」が開館山梨近代人物館導入展示室とテーマ沿った9人の人物山梨県近代化象徴である中央線笹子トンネル歴史紹介する人物紹介室、情報展示室で構成されている。 情報展示室の奥には旧知事室・県政歴史展示室があり、旧知事室は創建当時昭和初期知事室の内装再現している。県政歴史展示室昭和初期知事応接室で、山梨県政の歴史モニター紹介している。3階県庁内において行事が行われた正庁で、同じく創建当時の姿に復元されている。

※この「別館(旧本館)」の解説は、「山梨県庁舎」の解説の一部です。
「別館(旧本館)」を含む「山梨県庁舎」の記事については、「山梨県庁舎」の概要を参照ください。


別館(旧:トポス熊本店)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/21 10:11 UTC 版)

ダイエー熊本下通店」の記事における「別館(旧:トポス熊本店)」の解説

地下1階地上9階建物で、本館裏(通称電車通り側)にあり、本館とは連絡通路接続されていた。別館は、大洋デパート時代の(ちょうど大火災発生時に施工されていた)増築工事の際にあわせて新築されたものである熊本城屋開業後は、トポス熊本となったが、ダイエーグループ入りしたこともあり、トポス熊本城屋の別館扱いとなり連携図った

※この「別館(旧:トポス熊本店)」の解説は、「ダイエー熊本下通店」の解説の一部です。
「別館(旧:トポス熊本店)」を含む「ダイエー熊本下通店」の記事については、「ダイエー熊本下通店」の概要を参照ください。


別館(旧メセナひらかた会館)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/09 02:13 UTC 版)

枚方市総合文化芸術センター」の記事における「別館(旧メセナひらかた会館)」の解説

市新町には勤労福祉目的とした別館が存在している。1992年秋に完成2021年4月に現名称となる。

※この「別館(旧メセナひらかた会館)」の解説は、「枚方市総合文化芸術センター」の解説の一部です。
「別館(旧メセナひらかた会館)」を含む「枚方市総合文化芸術センター」の記事については、「枚方市総合文化芸術センター」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「別館」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「別館」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



別館と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「別館」の関連用語

別館のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



別館のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアネックス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの遠鉄百貨店 (改訂履歴)、赤坂プリンスホテル (改訂履歴)、熊本県立装飾古墳館 (改訂履歴)、ゴッホ美術館 (改訂履歴)、山梨県庁舎 (改訂履歴)、ダイエー熊本下通店 (改訂履歴)、枚方市総合文化芸術センター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS