ブラームスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > 作曲家 > ブラームスの意味・解説 

ブラームス 【Johannes Brahms】 ○

1833~1897ドイツ-ロマン派を代表する作曲家ドイツ古典派音楽伝統尊重し,ワグナー・リストらの新ドイツ派に対立して絶対音楽的な立場に立った。主要作品は四曲の交響曲バイオリン協奏曲ピアノ協奏曲のほか,「大学祝典序曲」「ドイツ-レクイエム」「ハンガリー舞曲」など。

ブラームス

【英】:Brahms, Johannes
[ドイツ]  1833~1897

2006年11月 執筆者: 実方 康介

 ハンブルク生まれウィーンに没したドイツ作曲家音楽家である父から最初の手ほどきを受けたあと、地元ハンブルク教師からピアノ作曲を学んだ。1853年生涯友人となるヴァイオリニストヨーゼフ・ヨアヒムと知り合ったほか、ワイマールリストを訪ね、9月にはかねてより理想的音楽家考えていたロベルト・シューマンデュッセルドルフ会見し、激賞を受けた。翌年自殺未遂を図ったシューマン一家援助するべくデュッセルドルフ再訪シューマン夫人クララとは当初恋愛感情で、後に深い友情をもって終生交流が続いた。

 1862年拠点ハンブルクからウィーンへ移した。ウィーンではすぐに芸術界に受け入れられ、次第活躍の場を広げた。1868年には同地定住決意。この時期指揮者としての演奏活動も行っていたが、1875年にはこの分野から撤退。より作曲注力するようになったこの頃には国際的名声を確実なものとし、存命中に数々栄誉に浴した。

ピアノ独奏曲

ピアノ合奏

室内楽

管弦楽ピアノ


ブラームス

名前 Brahms

ヨハネス・ブラームス

(ブラームス から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/18 15:55 UTC 版)

ヨハネス・ブラームスJohannes Brahms1833年5月7日 - 1897年4月3日)は、19世紀ドイツ作曲家ピアニスト指揮者J.S.バッハBach)、ベートーヴェンBeethoven)と共に、ドイツ音楽における三大Bとも称される。ハンブルクに生まれ、ウィーンに没する。作風はおおむねロマン派音楽に属するが、古典主義的な形式美を尊重する傾向も強い。


  1. ^ ドイツ連邦は主権国家の連合であり、ハンブルクは独立した自治都市として加盟していた。
  2. ^ a b c 『ブラームス回想録集 第二巻 ブラームスは語る』(音楽之友社、2004) p.102
  3. ^ 『ブラームスは語る』(音楽之友社、2004) p.103
  4. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p14 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行
  5. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p23-24 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行
  6. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p25-26 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行
  7. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p59 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行
  8. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p59-60 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行
  9. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p149 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行
  10. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p186 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行
  11. ^ ハンガリー舞曲は当初録音を恥ずかしがったブラームスがさっさと演奏を始めてしまい、立会人があわてて「1889年12月、(リヒャルト・)フェリンガー博士邸、ただいまの演奏はブラームス博士!ヨハネス・ブラームスのものだ」と叫んでいるのが冒頭にかぶっている。テンポは相当速い。
  12. ^ 1997年8月31日TBS系列で放送された『過ぎし日のブラームス~没後100年に聴く幻のピアノ録音~』(北海道放送製作)でこの説が唱えられている。この番組では、北海道大学伊福部達らにより蝋管のレーザー光線による再生が試みられたが、蝋管自体の損傷が酷く、貧弱な音しか得られなかった。
  13. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p187-188 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行
  14. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p190 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行
  15. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p191 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行
  16. ^ 研究者の間では、当時オーストリアの全権公使だった戸田氏共夫人極子(1859年-1936年)がウィーン公使館において琴を演奏したのをブラームスが聴いたのではないかと言われている(関東大震災により戸田邸が全焼したため、上記の楽譜以外に確証といえるものは残っていない)。この出来事を題材として、日本画家・守屋多々志は「ウィーンに六段の調(ブラームスと戸田伯爵極子夫人)」(平成4年第77回院展出品、大垣市守屋多々志美術館所蔵)を描いた。また、上記の『過ぎし日のブラームス~没後100年に聴く幻のピアノ録音~』でもこの話が取り上げられた。
  17. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p197 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行
  18. ^ 最近の調査では膵癌とも。Bodo Schwalm:Gräber auf meinen Reisen. Band 2, p.190
  19. ^ The Cambridge Biographical Encyclopedia. Cambridge University Press. (2000). ISBN 0-521-63099-1. 
  20. ^ Famous Freemasons A-L”. Lodge St. Patrick No.468 Irish Constitution. 2013年10月7日閲覧。
  21. ^ アーノルト・シェーンベルク「革新主義者ブラームス(Brahms the Progressive)」『音楽の様式と思想 Style and Idea』上田昭訳、三一書房、1973年。
  22. ^ 三宅幸夫『ブラームス』新潮文庫、1986年、175、177頁。
  23. ^ 長木誠司編著『作曲の20世紀ⅰ』音楽之友社、1992年、82頁。
  24. ^ 同書、106頁。
  25. ^ 同書、118頁。
  26. ^ 門馬直美『西洋音楽史概説』春秋社、1976年、331頁。
  27. ^ 『ブラームスは語る』(音楽之友社、2004) p.115
  28. ^ オイゲーニエ・シューマン『ブラームス回想録集 第三巻 ブラームスと私』(音楽之友社、2004)p.182
  29. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p126 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行
  30. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p178 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行
  31. ^ 日本ブラームス協会の会誌の名前はこのことから「赤いはりねずみ」と名付けられている。
  32. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p128 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行
  33. ^ 三宅幸夫『ブラームス』新潮文庫、1986年、92頁。
  34. ^ 『ブラームスと私』(音楽之友社、2004) p.94
  35. ^ 「ブラームス」(作曲家・人と作品シリーズ)p110 西原稔 音楽之友社 2006年7月10日第1刷発行


「ヨハネス・ブラームス」の続きの解説一覧



ブラームスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブラームス」の関連用語

ブラームスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ブラームスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2019 PianoTeachers' National Association of Japan
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヨハネス・ブラームス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS