パッサカリアとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > 舞曲 > パッサカリアの意味・解説 

パッサカリア【(イタリア)passacaglia】

バロック音楽器楽形式の一。低声部で同一音形が繰り返され、上声部で変奏が行われる、荘重三拍子の曲。

[補説] 曲名別項。→パッサカリア


パッサカリア【(イタリア)Passacaglia】

ウェーベルン管弦楽曲1908年作曲シェーンベルクの下で学んだ後、作曲家として独立した際の第一作目であることから、作品番号1が付けられた。初期代表作として知られる。管弦楽のためのパッサカリア


パッサカリア


パッサカリア

英語表記/番号出版情報
アプシル:パッサカリアPassacaille Op.101作曲年: 1959年  出版年: 1966年  初版出版地/出版社: Cebedem 
ヴァイネル:パッサカリアPassacaglia Op.2
ヴァイネル:パッサカリアPassacaglia Op.17作曲年: 1936年 
シャミナード:パッサカリアPassacaille Op.130
サティ:パッサカリアPassacaille作曲年: 1906年  出版年: 1929年  初版出版地/出版社: Rouart-Lerolle 
コープランド:パッサカリアPassacaglia作曲年: 1921-22年  出版年: 1922年  初版出版地/出版社Senart 
ピエルネ:パッサカリアPassacaille Op.52作曲年: 1932年  出版年: 1934年  初版出版地/出版社: Salabert 
ピストン:パッサカリアPassacaglia作曲年: 1943年 
ドホナーニ:パッサカリアPassacaglia Op.6作曲年: 1899年  出版年: 1904年  初版出版地/出版社: Doblinger 

パッサカリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/14 09:35 UTC 版)

パッサカリア: passacaglia, 西: pasacalle, : passacaille, : passacalia)は、主に17世紀から18世紀にかけて用いられた音楽形式の1つ。


  1. ^ 住川鞆子「バロック初期および中期イタリアにおけるパッサカリアとチャコンナ」『音楽学』、23巻2号、p. 116-133、日本音楽学会、1977年。
  2. ^ リチャード・ハドソン「パッサカリア」『ニューグローヴ世界音楽大事典』講談社、1994年。


「パッサカリア」の続きの解説一覧



パッサカリアと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パッサカリア」の関連用語

パッサカリアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パッサカリアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2021 PianoTeachers' National Association of Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパッサカリア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS