昭和2年とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 近世年表 > 昭和2年の意味・解説 

昭和2年 (ひのとう 丁卯)

昭和2年
年(年号)
1907年 (明治40年) 足尾銅山暴動
1910年 (明治43年) 韓国併合
1918年 (大正7年) 米騒動
1923年 (大正12年) 関東大震災
昭和2年
1928年 (昭和3年) ■初の普通選挙実施
1932年 (昭和7年) 五・一五事件
1936年 (昭和11年) 二・二六事件
1941年 (昭和16年) ■対英米宣戦布告
1945年 (昭和20年) ポツダム宣言受諾
1946年 (昭和21年) 日本国憲法公布


昭和2年
 人物
渋沢 栄一 1840年1931年(天保11年昭和6年) 87
Griffis William Eliot 1843年1928年(天保14年昭和3年) 84
高村 光雲 1852年1934年(嘉永5年昭和9年) 75
高橋 是清 1854年1936年(安政元年昭和11年) 73
高木 正年 1856年1934年(安政3年昭和9年) 71
Bigot G. 1860年1927年(万延元年〜昭和2年) 67
内村 鑑三 1861年1930年(文久元年昭和5年) 66
津田 梅子 1864年1929年(元治元年昭和4年) 63
幸田 露伴 1867年1947年(慶応3年昭和22年) 60
川上 貞奴 1871年1946年(明治4年昭和21年) 56
福田 徳三 1874年1930年(明治7年昭和5年) 53
長谷川 如是閑 1875年1969年(明治8年昭和44年) 52
荒木 貞夫 1877年1966年(明治10年昭和41年) 50
寺田 寅彦 1878年1935年(明治11年昭和10年) 49
大河内 正敏 1878年1952年(明治11年昭和27年) 49
吉田 茂 1878年1967年(明治11年昭和42年) 49
鏑木 清方 1878年1972年(明治11年昭和47年) 49
永井 荷風 1879年1959年(明治12年昭和34年) 48
市川 左団次二世 1880年1940年(明治13年昭和15年) 47
石井 柏亭 1882年1958年(明治15年昭和33年) 45
福原 信三 1883年1948年(明治16年昭和23年) 44
高村 光太郎 1883年1956年(明治16年昭和31年) 44
鳩山 一郎 1883年1959年(明治16年昭和34年) 44
石橋 湛山 1884年1973年(明治17年昭和48年) 43
東条 英機 1884年1948年(明治17年昭和23年) 43
安田 靫彦 1884年1978年(明治17年昭和53年) 43
三浦 環 1884年1946年(明治17年昭和21年) 43
武者小路 実篤 1885年1976年(明治18年昭和51年) 42
平塚 らいてう 1886年1971年(明治19年昭和46年) 41
山田 耕筰 1886年1965年(明治19年昭和40年) 41
谷崎 潤一郎 1886年1965年(明治19年昭和40年) 41
松旭斎 天勝 1886年1944年(明治19年昭和19年) 41
柳 宗悦 1889年1961年(明治22年昭和36年) 38
古今亭 志ん生 1890年1973年(明治23年昭和48年) 37
山川 菊栄 1890年1980年(明治23年昭和55年) 37
近衛 文麿 1891年1945年(明治24年昭和20年) 36
岸田 劉生 1891年1929年(明治24年昭和4年) 36
河合 栄治郎 1891年1944年(明治24年昭和19年) 36
芥川 龍之介 1892年1927年(明治25年〜昭和2年) 35
西条 八十 1892年1970年(明治25年昭和45年) 35
早川 徳次 1893年1980年(明治26年昭和55年) 34
加藤 シヅエ 1897年2001年(明治30年平成13年) 30
淺沼 稲次郎 1898年1960年(明治31年昭和35年) 29
土方 与志 1898年1959年(明治31年昭和34年) 29
溝口 健二 1898年1956年(明治31年昭和31年) 29
近衛 秀麿 1898年1973年(明治31年昭和48年) 29
吉野 源三郎 1899年1981年(明治32年昭和56年) 28
田河 水泡 1899年1989年(明治32年平成元年) 28
阪東 妻三郎 1901年1953年(明治34年昭和28年) 26
小林 秀雄 1902年1983年(明治35年昭和58年) 25
近藤 真柄 1903年1983年(明治36年昭和58年) 24
古川 縁波 1903年1961年(明治36年昭和36年) 24
美濃部 亮吉 1904年1984年(明治37年昭和59年) 23
堀 辰雄 1904年1953年(明治37年昭和28年) 23
榎本 健一 1904年1970年(明治37年昭和45年) 23
朝永 振一郎 1906年1979年(明治39年昭和54年) 21
湯川 秀樹 1907年1981年(明治40年昭和56年) 20才
大岡 昇平 1909年1988年(明治42年昭和63年) 18
黒澤 明 1910年1998年(明治43年平成10年) 17才
三島 由紀夫 1925年1970年(大正14年昭和45年) 2才

1927年

(昭和2年 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/19 06:46 UTC 版)

1927年(1927 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、土曜日から始まる平年昭和2年。




  1. ^ “俳優、織本順吉さん死去 名脇役として約2000作品に出演”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2019年3月25日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190325/geo19032514440028-n1.html 2020年10月28日閲覧。 
  2. ^ 安田範さん死去:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル (2019年11月7日). 2020年11月5日閲覧。
  3. ^ 元ヤクルト監督の関根潤三氏、死去、93歳 投打二刀流としても活躍”. サンケイスポーツ (2020年4月9日). 2020年10月31日閲覧。
  4. ^ “声優の勝田久さん死去 鉄腕アトムの「お茶の水博士」”. 朝日新聞DIGITAL. (2020年2月22日). https://www.asahi.com/articles/ASN2Q570QN2QUTFL002.html 2020年11月19日閲覧。 
  5. ^ 塚本三郎さん、訃報に悼む声 河村たかし氏に仏教の教え”. 朝日新聞デジタル (2020年5月23日). 2020年10月30日閲覧。
  6. ^ “京唄子さん死去 鳳啓助さんとの夫婦漫才で人気 09年には腰椎骨折も”. デイリースポーツ. (2017年4月7日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/04/07/0010074209.shtml 
  7. ^ ディック・ブルーナさん死去 89歳「ミッフィー」作家:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞. 2020年11月19日閲覧。
  8. ^ 緒方貞子さん死去 元国連難民高等弁務官、92歳:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年11月8日閲覧。
  9. ^ “Sir Roger Moore, James Bond actor, dies aged 89” (英語). BBC. (2017年5月23日). http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-40018422 2020年11月15日閲覧。 
  10. ^ "森崎東さんが死去 映画監督「時代屋の女房」". 日経電子版. 日本経済新聞社. 17 July 2020. 2020年11月4日閲覧
  11. ^ 金泳三・韓国元大統領が死去 軍事色を排除、民主化推進”. 朝日新聞デジタル (2015年11月22日). 2020年11月7日閲覧。
  12. ^ H・P・ラヴクラフト『ラヴクラフト全集 1』東京創元社、1974年、189 - 198・201・225・246 - 249頁。ISBN 978-4-488-52301-5
  13. ^ H・P・ラヴクラフト『ラヴクラフト全集 4』東京創元社、1985年、248・249頁。ISBN 978-4-488-52304-6
  14. ^ H・P・ラヴクラフト『ラヴクラフト全集 1』東京創元社、1974年、10 - 13・119・120頁。ISBN 978-4-488-52301-5




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「昭和2年」の関連用語

昭和2年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



昭和2年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
江戸net江戸net
Copyright (C) 2020 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1927年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS