高木 正年とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 江戸人物事典 > 高木 正年の意味・解説 

高木 正年 (たかぎ まさとし)

1856〜1934 (安政3年昭和9年)
政治家全盲代議士弱者立場に立った活動一貫
明治昭和期政治家江戸品川生れ1881年明治14)に東京府会議員となった。90年第1回帝国議会民生党から立候補して当選政府軍備増強反対したため弾圧を受ける。品川漁民問題奔走するうち眼病患い失明以後盲人運動にも取り組み1920年大正9)点字による選挙投票公認請願提出また、婦人公民権植民地人権問題など、大正デモクラシー背景庶民視点から誠実な政治活動を展開した。

 年(和暦)
1858年 (安政5年) 安政の大獄 2才
1860年 (万延元年) 桜田門外の変 4才
1862年 (文久2年) 生麦事件 6才
1863年 (文久3年) 薩英戦争 7才
1867年 (慶応3年) 大政奉還 11
1868年 (明治元年) 鳥羽・伏見の戦い 12
1869年 (明治2年) 版籍奉還 13
1871年 (明治4年) 廃藩置県 15才
1871年 (明治4年) 解放令 15才
1873年 (明治6年) 徴兵制布告 17才
1876年 (明治9年) 廃刀令 20才
1877年 (明治10年) 西南戦争 21
1877年 (明治10年) 東京大学設立 21
1882年 (明治15年) 上野動物園開園 26
1883年 (明治16年) 鹿鳴館完成 27
1889年 (明治22年) 大日本帝国憲法発布 33才
1894年 (明治27年) 日清戦争 38
1903年 (明治36年) 江戸開府300年 47
1904年 (明治37年) 日露戦争 48
1907年 (明治40年) 足尾銅山暴動 51
1910年 (明治43年) 韓国併合 54
1918年 (大正7年) 米騒動 62
1923年 (大正12年) 関東大震災 67
1928年 (昭和3年) ■初の普通選挙実施 72
1932年 (昭和7年) 五・一五事件 76


 人物
星 亨 1850年1901年 (嘉永3年明治34年) +6
小泉 八雲 1850年1904年 (嘉永3年明治37年) +6
Conder J. J. 1852年1920年 (嘉永5年大正9年) +4
Eckeert Franz Von 1852年1916年 (嘉永5年大正5年) +4
島田 三郎 1852年1923年 (嘉永5年大正12年) +4
高村 光雲 1852年1934年 (嘉永5年昭和9年) +4
明治天皇 1852年1912年 (嘉永5年大正元年) +4
Fenollosa E. F. 1853年1908年 (嘉永6年明治41年) +3
高橋 是清 1854年1936年 (安政元年昭和11年) +2
田口 卯吉 1855年1905年 (安政2年明治38年) +1
浅井 忠 1856年1907年 (安政3年明治40年) 0
快楽亭 ブラック 1858年1923年 (安政5年大正12年) -2
田中 長兵衛 1858年1924年 (安政5年大正13年) -2
妻木 頼黄 1859年1916年 (安政6年大正5年) -3
Bigot G. 1860年1927年 (万延元年昭和2年) -4
内村 鑑三 1861年1930年 (文久元年昭和5年) -5

高木正年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/12 23:10 UTC 版)

高木 正年(たかぎ まさとし / せいねん、1857年1月4日安政3年12月9日) - 1934年12月31日)は、日本政治家。日本初の視覚障害をもつ衆議院議員であった。


  1. ^ 妙蓮寺”. しながわ観光協会. 2018年2月11日閲覧。


「高木正年」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高木 正年」の関連用語

高木 正年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



高木 正年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
江戸net江戸net
Copyright (C) 2020 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高木正年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS