岸田 劉生とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 美術家 > 画家 > 日本の画家 > 岸田 劉生の意味・解説 

きしだ‐りゅうせい〔‐リウセイ〕【岸田劉生】


岸田劉生


岸田 劉生 (きしだ りゅうせい)

1891〜1929 (明治24年昭和4年)
洋画家愛娘を描き続け12年輝き満ち名作麗子像には、早世した天才画家生命も光っている。
明治昭和前期洋画家東京都出身1908年明治41黒田清輝白馬会絵画研究所入り外光派洋画を学ぶ。第4回文展に初入選。雑誌白樺」に触れゴッホセザンヌらに衝撃を受ける12年大正元)フュウザン会結成し、15年から土(そうど)社を主宰したが、翌年肺結核患い29年昭和4)山口県急逝。短い生涯の中で、西洋写実主義東洋古典絵画感化を受けた独自の世界を築いた。5歳から16歳までの愛娘輝く生命力を描き出し一連の麗子像は、その結集一つ

 年(和暦)
1894年 (明治27年) 日清戦争 3才
1903年 (明治36年) 江戸開府300年 12
1904年 (明治37年) 日露戦争 13
1907年 (明治40年) 足尾銅山暴動 16才
1910年 (明治43年) 韓国併合 19才
1918年 (大正7年) 米騒動 27
1923年 (大正12年) 関東大震災 32
1928年 (昭和3年) ■初の普通選挙実施 37


 人物
武者小路 実篤 1885年1976年 (明治18年昭和51年) +6
平塚 らいてう 1886年1971年 (明治19年昭和46年) +5
山田 耕筰 1886年1965年 (明治19年昭和40年) +5
谷崎 潤一郎 1886年1965年 (明治19年昭和40年) +5
松旭斎 天勝 1886年1944年 (明治19年昭和19年) +5
柳 宗悦 1889年1961年 (明治22年昭和36年) +2
古今亭 志ん生 1890年1973年 (明治23年昭和48年) +1
山川 菊栄 1890年1980年 (明治23年昭和55年) +1
近衛 文麿 1891年1945年 (明治24年昭和20年) 0
河合 栄治郎 1891年1944年 (明治24年昭和19年) 0
芥川 龍之介 1892年1927年 (明治25年昭和2年) -1
西条 八十 1892年1970年 (明治25年昭和45年) -1
早川 徳次 1893年1980年 (明治26年昭和55年) -2
加藤 シヅエ 1897年2001年 (明治30年平成13年) -6

岸田劉生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/05 04:40 UTC 版)

岸田 劉生(きしだ りゅうせい、男性、1891年6月23日 - 1929年12月20日)は、大正から昭和初期の洋画家。父親はジャーナリストの岸田吟香


  1. ^ 岸田劉生の実家は、銀座2丁目にあった薬屋「楽善堂」。父 吟香の活躍ぶり! 中央区観光協会 2018年7月9日閲覧
  2. ^ 東松山市広報広聴課 (2017). “「特集 思索の道 高田博厚没後30年特別企画」”. 広報ひがしまつやま (6月号). http://www.city.higashimatsuyama.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/8/2017_06_0207_2.pdf. 
  3. ^ a b c 満鉄総裁邸の庭 - ポーラ美術館
  4. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)102頁


「岸田劉生」の続きの解説一覧



岸田 劉生と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「岸田 劉生」の関連用語

岸田 劉生のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



岸田 劉生のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2020 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2020 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの岸田劉生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS