黒田清輝とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 美術家 > 画家 > 日本の画家 > 黒田清輝の意味・解説 

黒田清輝 くろだ せいき

黒田清輝の肖像 その2

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

黒田清輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 16:19 UTC 版)

黒田 清輝(くろだ せいき、1866年8月9日慶応2年6月29日) - 1924年大正13年)7月15日)は、日本洋画家政治家位階従三位勲等勲二等爵位子爵通称新太郎(しんたろう)。名の清輝は、本名は「きよてる」だが、画名は「せいき」と読む。教え子からは「メートル(先生)」とフランス語(maître)で呼ばれた[1]東京美術学校教授帝国美術院院長(第2代)、貴族院議員などを歴任した。


  1. ^ 宮下規久朗『欲望の美術史』、光文社新書2014年、p 49.
  2. ^ 鹿児島市(1970) p.1066
  3. ^ a b c 巖谷小波『〈おとぎばなし〉をつくった巌谷小波 我が五十年』ゆまに書房 1998 p.12
  4. ^ 中嶋 繁雄 『明治の事件史―日本人の本当の姿が見えてくる!』 青春出版社〈青春文庫〉、2004年3月20日、183頁
  5. ^ 宮下規久朗『欲望の美術史』、光文社新書2014年、pp. 49-50.
  6. ^ 中嶋 繁雄 『明治の事件史―日本人の本当の姿が見えてくる!』 青春出版社〈青春文庫〉、2004年3月20日、184-185頁
  7. ^ 小泉順也「東京高等商業学校と黒田清輝 : 矢野二郎の肖像画をめぐる一考察」『言語社会』第11号、一橋大学大学院言語社会研究科、2017年3月、 45-61頁、 doi:10.15057/28633NAID 120006312403
  8. ^ 『官報』第8199号、明治43年10月19日。
  9. ^ 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂、29頁。
  10. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)119頁
  11. ^ 陰里鐵郎「黒田清輝-その人と作品」(三重県立美術館サイト)
  12. ^ 森本孝「黒田清輝と明治の洋画界」(三重県立美術館サイト)
  13. ^ (高階、1990)、p.99
  14. ^ 引用は(高階、1990)、p.101、による。
  15. ^ (高階、1990)pp.103, 109 - 110, 113 - 114
  16. ^ 引用は(高階、1990)、p.114、による。
  17. ^ a b c d 「黒田記念室沿革」『About KURODA Memorial Hall東京文化財研究所
  18. ^ 「黒田記念館」『東京国立博物館 - 展示 黒田記念館東京国立博物館
  19. ^ 『官報』第3893号「叙任及辞令」1896年6月22日。
  20. ^ 『官報』第999号「叙任及辞令」1915年11月30日。


「黒田清輝」の続きの解説一覧



黒田清輝と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

黒田清輝のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



黒田清輝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2022 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2022 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黒田清輝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS