山川 菊栄とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 評論家 > 評論家 > 日本の評論家 > 山川 菊栄の意味・解説 

やまかわ‐きくえ〔やまかは‐〕【山川菊栄】


山川 菊栄 (やまかわ きくえ)

18901980 (明治23年昭和55年)
女性解放思想家社会差別視点女性解放捉えた聡明さと強い意思持った女性運動家
大正・昭和期社会主義女性解放思想代表的理論家東京都出身女子英学塾卒。夫は山川均1911年大正10)堺(近藤)真柄らと赤瀾会結成18年平塚らいてう与謝野晶子との間で起こった母性保護論争に、差別のない社会でしか女性自立解放はないとする社会主義的論理参加23年関東大震災時に朝鮮人虐殺引き起こしたとして軍部非難第二次大戦後は労働省婦人少年初代局長就任自伝「おんな二代の記」。

 年(和暦)
1894年 (明治27年) 日清戦争 4才
1903年 (明治36年) 江戸開府300年 13
1904年 (明治37年) 日露戦争 14才
1907年 (明治40年) 足尾銅山暴動 17才
1910年 (明治43年) 韓国併合 20才
1918年 (大正7年) 米騒動 28
1923年 (大正12年) 関東大震災 33才
1928年 (昭和3年) ■初の普通選挙実施 38
1932年 (昭和7年) 五・一五事件 42
1936年 (昭和11年) 二・二六事件 46
1941年 (昭和16年) ■対英米宣戦布告 51
1945年 (昭和20年) ポツダム宣言受諾 55
1946年 (昭和21年) 日本国憲法公布 56
1951年 (昭和26年) サンフランシスコ講和条約 61
1953年 (昭和28年) テレビ放送開始 63
1956年 (昭和31年) 国際連合加盟 66
1960年 (昭和35年) 東京タワー完成 70
1960年 (昭和35年) 日米新安保条約調印 70
1964年 (昭和39年) 東京オリンピック 74
1968年 (昭和43年) GNP世界第2位 78
1970年 (昭和45年) 大阪万国博覧会 80
1971年 (昭和46年) 環境庁設置 81
1973年 (昭和48年) 第1次オイルショック 83
1976年 (昭和51年) ロッキード事件 86
1978年 (昭和53年) 日中平和友好条約 88
1978年 (昭和53年) 成田空港開港 88
1979年 (昭和54年) 第2次オイルショック 89


石橋 湛山 1884年1973年 (明治17年昭和48年) +6
東条 英機 1884年1948年 (明治17年昭和23年) +6
安田 靫彦 1884年1978年 (明治17年昭和53年) +6
三浦 環 1884年1946年 (明治17年昭和21年) +6
武者小路 実篤 1885年1976年 (明治18年昭和51年) +5
平塚 らいてう 1886年1971年 (明治19年昭和46年) +4
山田 耕筰 1886年1965年 (明治19年昭和40年) +4
谷崎 潤一郎 1886年1965年 (明治19年昭和40年) +4
松旭斎 天勝 1886年1944年 (明治19年昭和19年) +4
柳 宗悦 1889年1961年 (明治22年昭和36年) +1
古今亭 志ん生 1890年1973年 (明治23年昭和48年) 0
近衛 文麿 1891年1945年 (明治24年昭和20年) -1
岸田 劉生 1891年1929年 (明治24年昭和4年) -1
河合 栄治郎 1891年1944年 (明治24年昭和19年) -1
芥川 龍之介 1892年1927年 (明治25年昭和2年) -2
西条 八十 1892年1970年 (明治25年昭和45年) -2
早川 徳次 1893年1980年 (明治26年昭和55年) -3

山川菊栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/14 05:20 UTC 版)

山川 菊栄(やまかわ きくえ、旧字体山川 菊榮1890年明治23年〉11月3日 - 1980年昭和55年〉11月2日)は、日本の婦人問題評論家・研究家である。戦前、戦後を通じて女性運動の理論的指導者として活動し、労働省の初代婦人少年局長をつとめた[1]


注釈

  1. ^ 匿名の一ドイツ人外交官により書かれた。詳しくは、山川菊栄著『新装増補版 山川菊栄集 評論篇 別巻』(岩波書店、2012年)ISBN 978-4-00-028469-1 の巻末著者目録のp.2を参照のこと。その後、原著J'accuseをデジタルで見ることが出来るようになり著者Richard Grelingが判明した。

脚注

  1. ^ a b c d e f g 「江の島に「菊栄文庫」あす開設 神奈川」『朝日新聞』、1988年11月3日、朝刊 神奈川版。
  2. ^ 山川菊栄 麹町界隈わがまち人物館
  3. ^ a b 山川菊栄賞、34年の歴史に幕 女性問題研究者を支援”. 神奈川新聞カナロコ (2015年2月25日). 2024年3月10日閲覧。
  4. ^ 山川振作、田中寿美子 編『『山川菊栄集』第1巻』岩波書店、1981年、301頁https://dl.ndl.go.jp/ja/pid/12143136/1/1572024年3月3日閲覧 
  5. ^ 山川菊栄『武家の女性』岩波書店、1983年、p.10
  6. ^ 鈴木裕子『忘れられた思想家・山川菊栄-フェミニズムと戦時下の抵抗』梨の木舎、2022年3月10日、P122ー123頁。 
  7. ^ 井上輝子『日本のフェミニズムー150年の人と思想』有斐閣、2021年、48-53頁。 
  8. ^ 世相風俗観察会『増補新版 現代世相風俗史年表 昭和20年(1945)-平成20年(2008)』河出書房新社、2003年11月7日、22頁。ISBN 9784309225043 
  9. ^ 伊藤セツ『山川菊栄研究 過去を読み 未来を拓く』ドメス出版、2018年11月、408頁。 
  10. ^ 山川菊栄記念会『いま、山川菊栄が新しい! 山川菊栄生誕130周年記念シンポジウム記録』2021年7月12日、25頁。 
  11. ^ 山川菊栄記念会『いま、山川菊栄が新しい! 山川菊栄生誕130周年記念シンポジウム記録』2021年7月21日、26頁。 
  12. ^ 山川菊栄記念会『いま、山川菊栄が新しい! 山川菊栄生誕130周年記念シンポジウム記録』2021年7月21日、26-27頁。 
  13. ^ 伊藤セツ (2019年8月18日). “『婦人問題懇話会報』上での山川菊栄―1号から30号まで菊栄執筆の22篇 を概観して”. ウィメンズアクションネットワーク. 2023年10月28日閲覧。
  14. ^ 大佛次郎賞・大佛次郎論壇賞”. 朝日新聞社. 2024年3月10日閲覧。
  15. ^ 田中寿美子, 山川振作 編『『山川菊栄集』第8巻』岩波書店、1982年、287頁https://dl.ndl.go.jp/ja/pid/12143139/1/1512024年3月3日閲覧 
  16. ^ 山川菊栄記念会 編『たたかう女性学へ』インパクト出版会、2000年、322頁。 
  17. ^ 「山川菊栄の足跡たどる連続講座 生誕100年記念」『朝日新聞』、1989年12月13日、朝刊、17面。
  18. ^ 「山川菊栄生誕100年記念シンポジウム(情報クリップ)」『朝日新聞』、1990年10月30日、朝刊、16面。
  19. ^ 山上千恵子監督特集3:山川菊栄の思想と活動『姉妹よ、まずかく疑うことを習え』 今を生きる女性(姉妹)たちへ”. Women's Action Network (2017年8月11日). 2024年3月10日閲覧。
  20. ^ 山川菊栄文庫について” (PDF). 2024年3月10日閲覧。
  21. ^ かながわ女性センターの図書館、県立に統合の方針/神奈川県”. 神奈川新聞カナロコ (2013年8月27日). 2024年3月10日閲覧。
  22. ^ a b c 森田千世”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus(コトバンク). 2024年3月10日閲覧。
  23. ^ 「情報クリップ」『朝日新聞』、2015年1月5日、夕刊、7面。
  24. ^ 映画紹介”. ワーク・イン. 2024年3月10日閲覧。
  25. ^ 「与謝野晶子、色あせない 市民劇団、「母性保護論争」テーマに4度目の舞台 【大阪】」『朝日新聞』、2008年11月1日、朝刊、17面。
  26. ^ 「「母性保護論争」を現代に あす、立川で舞台 /東京都」『朝日新聞』、2009年6月19日、朝刊 多摩版、29面。
  27. ^ 「らんたん 第二部」 連載スタート記念 ◇ 柚木麻子さん特別インタビュー”. 小説丸 (2021年2月24日). 2024年3月10日閲覧。
  28. ^ 構想5年。柚木麻子が満を持して放つ女子大河小説!『らんたん』”. 小学館 (2021年11月4日). 2024年3月10日閲覧。


「山川菊栄」の続きの解説一覧

山川菊栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/25 03:39 UTC 版)

徳永恕」の記事における「山川菊栄」の解説

恕は、東京府立第二高等女学校4年のとき、友人看病出席日数足りなくなったために、落第している。このとき、新たに加わったクラスに山川菊栄がいた。恕が貸した木下尚江の『良人の自白』『火の柱』を夢中になって読んだと、山川菊栄は述懐している。このクラスで、頼もしい恕は「お父さん」というあだ名付けられた。

※この「山川菊栄」の解説は、「徳永恕」の解説の一部です。
「山川菊栄」を含む「徳永恕」の記事については、「徳永恕」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「山川 菊栄」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「山川 菊栄」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



山川 菊栄と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「山川 菊栄」の関連用語

山川 菊栄のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



山川 菊栄のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
江戸net江戸net
Copyright (C) 2024 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山川菊栄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの徳永恕 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS