三浦 環とは?

三浦 環 (みうら たまき)

1884〜1946 (明治17年昭和21年)
声楽家プッチーニが「世界でただ一人蝶々」と讃えたソプラノ歌手日本人初の国際的プリマドンナ
明治?昭和期ソプラノ歌手東京都出身。旧。日本オペラ創成期世界的プリマドンナ1904年明治34東京音楽学校卒。在学中の1903年日本人による初の歌劇オルフォイス」に出演10年帝劇歌劇専属歌手となる。15年大正4)ロンドン世界的指揮者ヘンリー・ウッドに見いだされ、欧米各地で「蝶々夫人」を公演して好評を博した。作曲家プッチーニは「世界でただ一人理想的蝶々」と激賞した。

 年(和暦)
1889年 (明治22年) 大日本帝国憲法発布 5才
1894年 (明治27年) 日清戦争 10
1903年 (明治36年) 江戸開府300年 19才
1904年 (明治37年) 日露戦争 20才
1907年 (明治40年) 足尾銅山暴動 23
1910年 (明治43年) 韓国併合 26
1918年 (大正7年) 米騒動 34
1923年 (大正12年) 関東大震災 39
1928年 (昭和3年) ■初の普通選挙実施 44
1932年 (昭和7年) 五・一五事件 48
1936年 (昭和11年) 二・二六事件 52
1941年 (昭和16年) ■対英米宣戦布告 57
1945年 (昭和20年) ポツダム宣言受諾 61
1946年 (昭和21年) 日本国憲法公布 62


 人物
寺田 寅彦 1878年1935年 (明治11年昭和10年) +6
大河内 正敏 1878年1952年 (明治11年昭和27年) +6
吉田 茂 1878年1967年 (明治11年昭和42年) +6
有島 武郎 1878年1923年 (明治11年大正12年) +6
鏑木 清方 1878年1972年 (明治11年昭和47年) +6
永井 荷風 1879年1959年 (明治12年昭和34年) +5
大正天皇 1879年1926年 (明治12年昭和元年) +5
市川 左団次二世 1880年1940年 (明治13年昭和15年) +4
石井 柏亭 1882年1958年 (明治15年昭和33年) +2
福原 信三 1883年1948年 (明治16年昭和23年) +1
高村 光太郎 1883年1956年 (明治16年昭和31年) +1
鳩山 一郎 1883年1959年 (明治16年昭和34年) +1
石橋 湛山 1884年1973年 (明治17年昭和48年) 0
東条 英機 1884年1948年 (明治17年昭和23年) 0
安田 靫彦 1884年1978年 (明治17年昭和53年) 0
武者小路 実篤 1885年1976年 (明治18年昭和51年) -1
平塚 らいてう 1886年1971年 (明治19年昭和46年) -2
山田 耕筰 1886年1965年 (明治19年昭和40年) -2
谷崎 潤一郎 1886年1965年 (明治19年昭和40年) -2
松旭斎 天勝 1886年1944年 (明治19年昭和19年) -2
柳 宗悦 1889年1961年 (明治22年昭和36年) -5
古今亭 志ん生 1890年1973年 (明治23年昭和48年) -6
山川 菊栄 1890年1980年 (明治23年昭和55年) -6

三浦環

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/14 22:50 UTC 版)

三浦 環(みうら たまき、1884年(明治17年)2月22日 - 1946年(昭和21年)5月26日)は、日本で初めて国際的な名声をつかんだオペラ歌手。十八番であった、プッチーニの『蝶々夫人』の「蝶々さん」と重ね合わされて、国際的に有名だった。元の名は柴田環(しばた たまき)、次いで藤井環(ふじい たまき)といった。


注釈

  1. ^ 出生地を「東京市芝区(東京・芝)」としているサイトも存在する[3]。但し、少なくとも東京音楽学校(現・東京芸術大学音楽学部)入学以降の時期には「東京市芝区」内に在住していた[4]
  2. ^ 「ピアノを瀧廉太郎に、声楽をユンケルに習う」というふうに記述するものも存在する[1]
  3. ^ この公演は東京帝国大学(現・東京大学)東京美術学校(現・東京芸術大学美術学部)、東京音楽学校の学生や卒業生たちにより催された。演目はグルック作曲『オルフェオとエウリディーチェ』で、三浦はこの主役にあたるエウリディーチェ役を演じた。なお、当時は未だ本格的なオーケストラは存在しなかったため、ピアノ伴奏により行われたとされている[5][7]
  4. ^ 関東大震災の救援活動を通じて集まった婦人団体から成る東京連合婦人会が、この“2001回目”公演を主催した。環が務めたタイトル・ロール(蝶々夫人)以外の主要キャストとして、海軍士官ピンカートン役には永田絃次郎と渡邊光のダブルキャスト、アメリカ領事シャープレス役には下八川圭祐が配された。このほか、演出は伊庭孝が担い、管弦楽は篠原正雄指揮中央交響楽団(現・東京フィルハーモニー交響楽団)が担っていた[13]
  5. ^ 前記“2001回目”公演から約7ヶ月後の1937年1月28・29両日に大阪市中央公会堂に於いて開催された環主演による『蝶々夫人』関西初公演では、環による邦訳歌詞が使われた。この大阪市内に於ける公演は、東京音楽学校(現・東京芸術大学音楽学部)卒業生で組織する「同声会」の大阪支部の主催により開かれたもので、開催時点で同支部の支部長を務めていた永井幸次大阪音楽学校(現・大阪音楽大学)の創立者としても知られている[15]
  6. ^ 当該リサイタルの開催にあたっては、当時入院していた大東学園病院の荘司医師が付き添っていたほか〔注射したりもしていた〕、舞台上へはマネージャーや弟子の手を借りながら登場していた。なお、舞台衣装として振袖を着用した[11][18][5]
  7. ^ 1回目の録音は4月5日に行われ、シューベルトの歌曲集『冬の旅』全曲を収録。2回目は4月9日に行われ、自身の十八番である『蝶々夫人』から“「ある晴れた日に」・「ハミングコーラス」・「操に死ぬるは」”、義太夫節『三十三間堂棟由来』(浄瑠璃『祇園女御九重錦』三段目)から「木遣歌」を収録、加えてプッチーニとの思い出についてのトークも併せて収録した。3回目は4月16日に行われ、「庭の千草」・「ケンタッキー・ホーム」・「ホーム・スイート・ホーム」等のポピュラー曲を管弦楽伴奏付きで収録している。これら計3回の録音のうち、2回目の録音では当時のNHK第1スタジオが使用され、管弦楽(クラウス・プリングスハイム指揮)が用意された一方、舞台裏には簡易便器も用意されていたという[19]

出典

  1. ^ a b c d 世界のプリマドンナ三浦環とは/プロフィール”. マダム・バタフライとは. マダム・バタフライ インターナショナル財団. 2016年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月21日閲覧。《》
  2. ^ a b c d e コンクールについて”. 静岡国際オペラコンクール. 2016年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月21日閲覧。《》
  3. ^ 酒井義夫(いずみ書房創業者) (2014年5月26日). “『蝶々夫人』の三浦環~今日はこんな日”. 児童英語・図書出版社 創業者のこだわりブログ. いずみ書房. 2016年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月21日閲覧。《》
  4. ^ a b 江本弘志『日本人歌手ここに在り!:海外に雄飛した歌い手の先人たち』文芸社、2005年、10頁。ISBN 483558922X
  5. ^ a b c d e f g h i j k 人間の記録27 三浦環”. 一般・図書館向け~文芸・読みもの. 日本図書センター (1997年6月). 2016年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月21日閲覧。《》
  6. ^ 「蝶々夫人」を1910-30年代に欧米で歌ったソプラノ歌手・三浦環の数奇な音楽人生坪井賢一、ダイヤモンド社、ダイヤモンドオンライン、2014.8.22
  7. ^ a b c 網倉俊旨 (2010年3月11日). “歩いてみよう、上野界隈・第二回「旧東京音楽学校奏楽堂」”. 春祭ジャーナル~東京・春・音楽祭. 東京・春・音楽祭実行委員会. 2016年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月21日閲覧。《》
  8. ^ 坪井賢一(ダイヤモンド社論説委員) (2014年8月22日). “「蝶々夫人」を1910-30年代に欧米で歌ったソプラノ歌手・三浦環の数奇な音楽人生(全6頁中2頁目)”. ダイヤモンド・オンライン. ダイヤモンド社. 2016年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月21日閲覧。 “かの残響、清冽なり――本田美奈子.と日本のポピュラー音楽史【第58回】”《》
  9. ^ 山田耕筰『自伝 若き日の狂詩曲』中公文庫中央公論新社)、1996年6月。ISBN 4122026245。「改版あり(初回刊行「2016年1月21日」・ISBN「4122062187」)」
  10. ^ 読売新聞』1922年8月3日(倉田喜弘『日本レコード文化史』東京書籍(東書選書 124)、1992年、113頁。ISBN 4-487-72224-1)。
  11. ^ a b c d e f g 坪井賢一(ダイヤモンド社論説委員) (2014年10月3日). “日本人初の世界的なオペラ歌手として活動した三浦環20年間の最盛期をたどってみた(全6頁中4頁目)”. ダイヤモンド・オンライン. ダイヤモンド社. 2016年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月21日閲覧。 “かの残響、清冽なり――本田美奈子.と日本のポピュラー音楽史【第61回】”《》
  12. ^ 三浦環 みうら たまき”. コトバンク. 朝日新聞社. 2016年3月13日閲覧。
  13. ^ 三浦環主演 グランドオペラ《蝶々夫人》”. 昭和音楽大学オペラ研究所オペラ情報センター. 昭和音楽大学. 2016年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月12日閲覧。《》
  14. ^ 日本人初の世界的ソプラノ、三浦環誕生(1884~1946)”. おんがく日めくり. ヤマハ. 2007年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月12日閲覧。《》
  15. ^ 大阪音楽大学創立100周年誌編集室. “関西音楽史のなかの大阪音楽大学(大阪音楽大学の歴史)”. 学校法人大阪音楽大学100周年記念事業. 大阪音楽大学. 2016年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月12日閲覧。 “ページ表示後、中程に掲載されている年表上部に並ぶタブのうち「1931年-1945年」タブをクリック”《》
  16. ^ a b 三浦 環”. 山中湖村ホームページ(旧). 山中湖村. 2008年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月12日閲覧。 ※ 現在はインターネット・アーカイブ内に残存
  17. ^ 工藤正義(三島由紀夫文学館). “人物「三島由紀夫・三浦環・徳富蘇峰と山中湖」”. 山中湖村エコツーリズム. 山中湖村エコツーリズム推進協議会. 2016年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月12日閲覧。《》
  18. ^ a b c d e f 『三浦環のプロフィール』:新字新仮名 - 青空文庫《→アーカイブ〔カード(表紙)作品本文〕》
  19. ^ a b c 坪井賢一(ダイヤモンド社論説委員) (2014年10月3日). “日本人初の世界的なオペラ歌手として活動した三浦環20年間の最盛期をたどってみた(全6頁中5頁目)”. ダイヤモンド・オンライン. ダイヤモンド社. 2016年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月12日閲覧。 “かの残響、清冽なり――本田美奈子.と日本のポピュラー音楽史【第61回】”《》
  20. ^ 寿徳寺・三浦環墓碑”. 山中湖観光協会. 2016年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月12日閲覧。《》
  21. ^ 寿徳寺”. 山中湖村観光課公式サイト. 山中湖村. 2016年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月12日閲覧。《》
  22. ^ 4.三浦環像~旧自由亭(「ナガジン」発見!長崎の歩き方) - 長崎市役所
  23. ^ a b c d e お蝶夫人三浦環、右文社、1947(昭和22)年5月10日
  24. ^ 千葉秀浦著作集国立国会図書館デジタルコレクション
  25. ^ 三浦環の怪寫眞『実話ビルディング : 猟奇近代相』武内真澄 著 (宗孝社, 1933)
  26. ^ 孔雀女『茶話 大正六(一九一七)年』薄田泣菫、大阪毎日新聞
  27. ^ 泉鏡花「年譜」補訂9吉田昌志、学苑 日本文学紀要第855号、2012
  28. ^ 若柳 燕嬢(読み)ワカヤギ エンジョウコトパンク
  29. ^ 柴咲コウ「エール」で朝ドラ初出演「うれしい」も世界的オペラ歌手役に苦戦「壁に…」基礎から声楽練習 スポニチAnnex 2020年2月3日閲覧


「三浦環」の続きの解説一覧



三浦 環と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三浦 環」の関連用語

三浦 環のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



三浦 環のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2020 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2020 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三浦環 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS