登頂とは? わかりやすく解説

とう‐ちょう〔‐チヤウ〕【登頂】

読み方:とうちょう

[名](スル)山の頂上にのぼること。とちょう。「未登峰に—する」


と‐ちょう〔‐チヤウ〕【登頂】

読み方:とちょう

[名](スル)とうちょう(登頂)


登山

(登頂 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/17 07:09 UTC 版)

登山(とざん、: mountain climbing, mountaineering, alpinism)は、に登ることに楽しみを求め、登ること自体を目的とすること[1]。そのようなスポーツ[1]


注釈

  1. ^ うっかりテントのポール(柱)をザックに入れ忘れて、山中で窮地に陥る登山者も多い。
  2. ^ 登山の楽しみのひとつでもあるので、若干量ならば嗜好品も持ってゆく登山者も多い。
  3. ^ ただし、複数のウェアにフードがついている場合は反って邪魔になることもある。レイヤリングの中で1着だけフード付きのウェアにすると解決できる。
  4. ^ アパレルメーカーによってはスキンウェアまたはドライレイヤーと称する場合もある。いずれの場合でも汗をベースレイヤーに吸収させる役割を持つ。[要出典]
  5. ^ 冬山用には中綿やフリースを組み合わせてミッドレイヤーとしての役割も合わせ持つアウターもある。[要出典]
  6. ^ 体力や装備、あるいは天気図に関する技能・知識や、高山植物応急処置の方法、テントの設営技術等を、審査員がそれらの達成度を採点し、高校ごとに順位を決定する。隊列に遅れず登頂を目指すのも体力点として高得点ではあるが、他にもマナーや態度、知識や服装にも気を遣う必要がある。
  7. ^ 3〜4日間をテントで過ごし、食事も寝床もすべて自分達で持ち歩き準備しなければならない登山競技は、インターハイにおいては最も厳しい競技のひとつである。
  8. ^ 地方大会では実力の優劣をはっきりとさせるために重量規制があり、現段階では4人で60kgという規定がある。その60kg以外に、飲料として使用する、ケガの治療などとして使用するために綺麗な水なども要するため、実質70kgにも75kgにも及ぶことなどが多々あるという。
  9. ^ 厳密に言えば登山とトレッキング、ハイキング、ワンダーフォーゲルには細かい差異があるが、山岳での野外活動という点で共通している。
  10. ^ ナイロンザイル事件を参照。
  11. ^ 「行事」も「人事」も、ここでは、人間が行う事柄を指す。
  12. ^ ある主要な季語について別表現と位置付けされる季語を、親子の関係になぞらえて、親季語に対する「子季語」という。「傍題」ともいうが、傍題は本来「季題」の対義語である。なお、子季語の季節と分類は親季語に準ずる。

出典

  1. ^ ただしアルピニズムという語が生まれたのは19世紀後半であるとされている[4][6]
  2. ^ モーセシナイ山から十戒を授かり、神との契約関係に入ったとされる[5][7]
  3. ^ 山が美の対象として認識されるようになったのはルネサンス時代からであるとされる[10]
  4. ^ 翌年にはソシュール自身も登頂に成功した[10]
  5. ^ 羽根田治『山の遭難 あなたの山登りは大丈夫か』 (平凡社、2010年)は、近代登山以降という尺度で見た場合という観点からとして、この大正期から昭和初期、戦争によって下火になるまでの間のブームを、第1次登山ブームと呼んでいる[29]
  6. ^ 東久邇宮稔彦王秩父宮雍仁親王が登山に親しんだ[30]
  7. ^ 1925年(大正14年)長野県制定の登山者休泊所及案内者取締規則により山案内人の公的な資格認定が始まり、その流れは1953年(昭和28年)の長野県観光案内業条例に引き継がれた。この条例の資格を受けた者は、2001年(平成13年)は579人[31]
  8. ^ 登山者は非国民と呼ばれるなどの時代情勢になった[35]
  9. ^ アンナプルナはフランス隊による「人類初」の8000メートル峰登頂、エベレストはイギリス隊のエドモンド・ヒラリーとシェルパのテンジン・ノルゲイによる世界最高峰初登頂、マナスルの初登頂は槇有恒率いる日本山岳会隊の今西壽雄とシェルパのギャルツェン・ノルブによるもの。
  10. ^ 谷川岳の遭難死者数は2008年(平成20年)までに792人であり、「世界でいちばん遭難死者が多い山」としてギネス世界記録に認定されているという[40]
  11. ^ 羽根田治『山の遭難 あなたの山登りは大丈夫か』 (平凡社、2010年)は、近代登山以降という尺度で見た場合という観点からとして、このブームを第2次登山ブームと呼んでいる[42]。同書によれば、一般的には、このブームを第1次登山ブームと呼ぶ場合が多いという[43]
  12. ^ 「旅行会社のパック旅行のような[45]」形態のツアー登山の先駆けは、1970年代末頃と考えられる[44]
  13. ^ 2007年(平成19年)日本アルパイン・ガイド協会が日本山岳ガイド協会を脱会、2010年(平成22年)1月現在、山岳ガイドの資格認定を行う全国的な団体は2団体となっている[41]
  14. ^ 羽根田治『山の遭難 あなたの山登りは大丈夫か』 (平凡社、2010年)は、近代登山以降という尺度で見た場合という観点からとして、ここから続くブームを第3次登山ブームと呼んでおり[46]、このブームの始期は1980年代後半から1990年代初頭と認識するのが妥当ではないかとしている[47]
  15. ^ メンバーの体力・技術・経験からパーティの能力を考え、それに適合した山を選ぶ[8]
  16. ^ 極地法と反対に、少人数でメンバー交代をせず、行動開始地点から短期間で一挙に目的地に達する方法をラッシュタクティクスという[48][49]
  17. ^ 尾根をつたい、いくつもの山頂を歩いてゆくこと[56]
  18. ^ 「高山病」の発症リスクは体力の有無とは関係なく、また、高齢者より若い人に多く発症する症候群である[66]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 登山(とざん)とは - コトバンク”. 2018年12月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e 『大日本百科全書』「登山」徳久球雄 執筆。
  3. ^ a b コトバンク-マイペディア
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n アルピニズムとは - コトバンク”. 2018年12月22日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 平凡社 2011, p. 265.
  6. ^ Alpinism”. Merriam-Webster, Incorporated. 2018年12月23日閲覧。
  7. ^ モーセとは - コトバンク”. 2018年12月22日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 平凡社 2011, p. 267.
  9. ^ ヒストリア・アウグスタ ハドリアヌス 13。
  10. ^ a b c d e f g h i j k 平凡社 2011, p. 266.
  11. ^ a b 堀田 1990, pp. 10–18.
  12. ^ アルプスとは - コトバンク”. 2018年12月22日閲覧。
  13. ^ ママリーとは - コトバンク”. 2018年12月22日閲覧。
  14. ^ 堀田 1990, pp. 19–26.
  15. ^ a b c 菊地 2003, pp. 11–72.
  16. ^ a b c d e f g h i 大町山岳博物館 1974, pp. 260–273.
  17. ^ 山岳信仰-日本文化の根底を探る-. 中公新書. (2015) 
  18. ^ 丹沢の行者道を歩く. 白山書房. (2005) 
  19. ^ 山岳宗教史研究叢書. 名著出版. (1974-1985) 
  20. ^ 服部 2007, pp. 61–104, 105–155.
  21. ^ 服部 2007, pp. 136, 138–155.
  22. ^ a b 『山と高原地図 51六甲・摩耶・有馬』 昭文社〈エアリアマップ〉、1994年、小冊子p.12『登山史』。調査執筆:赤松滋。
  23. ^ a b c はま 1994, pp. 165–171.
  24. ^ 大町山岳博物館 1974, p. 2.
  25. ^ 大町山岳博物館 1974, p. 48.
  26. ^ 菊地 2003, pp. 60–62, 156–169.
  27. ^ 羽根田 2010, pp. 16, 18.
  28. ^ a b c 菊地 2003, pp. 74–125, 170–187.
  29. ^ a b 羽根田 2010, pp. 18, 25.
  30. ^ a b 羽根田 2010, pp. 18, 19.
  31. ^ 菊地 2003, pp. 178–180.
  32. ^ 羽根田 2010, p. 19.
  33. ^ 羽根田 2010, pp. 22, 24.
  34. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. “堀田弥一”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2021年11月24日閲覧。
  35. ^ a b 羽根田 2010, p. 25.
  36. ^ 羽根田 2010, pp. 25–26.
  37. ^ 羽根田 2010, pp. 29–30.
  38. ^ 羽根田 2010, p. 30.
  39. ^ 羽根田 2010, pp. 29–32.
  40. ^ a b 羽根田 2010, pp. 32–35.
  41. ^ a b c 羽根田 2010, pp. 236–238.
  42. ^ a b 羽根田 2010, pp. 29–30, 39.
  43. ^ 羽根田 2010, pp. 18.
  44. ^ a b 羽根田 2010, pp. 224–227.
  45. ^ 羽根田 2010, p. 225.
  46. ^ a b 羽根田 2010, pp. 50–53.
  47. ^ 羽根田 2010, pp. 52.
  48. ^ a b c d 極地法(キョクチホウ)とは - コトバンク”. 2018年12月22日閲覧。
  49. ^ ラッシュタクティクスとは - コトバンク”. 2018年12月22日閲覧。
  50. ^ a b c d レイヤリングシステム”. 株式会社モンベル. 2018年7月7日閲覧。
  51. ^ a b c d 「ステップアップ雪山登山2018 ②雪山レイヤリング術」『山と渓谷 (2017年12月号)』通巻第992号、山と渓谷社、東京、2017年11月、 92-117頁、 ASIN B0765RJDTP
  52. ^ 高橋庄太郎 『トレッキング実践学』エイ出版、2010年、50-51頁。ISBN 978-4777916047 
  53. ^ 『こどもと始める 家族で山登り: 安全に楽しむコツとテクニック』 CSP編、阪急コミュニケーションズ、2013年3月、76-77頁。
  54. ^ 土屋智哉 『ウルトラライトハイキング』山と渓谷社、2011年。ISBN 978-4635150248 
  55. ^ そこに低い山があるから 全国行脚し272の低山制覇/「低山倶楽部」隊長・加藤浩二『日本経済新聞』朝刊2017年1月22日中村みつを『東京まちなか超低山』(ぺりかん社)など[要文献特定詳細情報]ただし登山や散策の対象として認識されていないため放置され藪に覆われるなどしていて、却って登頂が困難な低山もある。[要出典]
  56. ^ 縦走(じゅうそう)とは - コトバンク”. 2018年12月21日閲覧。
  57. ^ 信州登山案内人を紹介します”. 長野県観光部山岳高原観光課. 2018年7月2日閲覧。
  58. ^ “八甲田山で雪中行軍遭難、大惨事に”. 佐賀新聞. オリジナルの2017年12月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171214072034/http://www1.saga-s.co.jp/koremade/timetrip/1902/02.html 2014年10月7日閲覧。 
  59. ^ 羽根田 2010, pp. 73–79.
  60. ^ 羽根田 2010, pp. 70–73.
  61. ^ 羽根田 2010, p. 71.
  62. ^ 平成20年中における山岳遭難の概況 (PDF)”. 警察庁生活安全局地域課. 2013年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月21日閲覧。
  63. ^ 中高年の山遭難増える 死者・不明は過去最多 J-CASTニュース 2010年6月9日 18:04、2022年1月22日閲覧
  64. ^ 羽根田 2010, pp. 77–79.
  65. ^ a b c 「富士登山 体調急変ご注意」『朝日新聞』2010年6月26日。
  66. ^ メルクマニュアル家庭版, 296 章 高山病”. 万有製薬, MERCK & CO., INC.. 2010年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月21日閲覧。
  67. ^ “海外メディアも人的被害の大きさ速報”. 産経新聞. (2014年9月29日). オリジナルの2014年9月28日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/anC5A 2014年10月10日閲覧。 
  68. ^ “御嶽山噴火、心肺停止の3人を発見 3日ぶり捜索再開”. 朝日新聞. (2014年10月7日). オリジナルの2015年9月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150924074735/http://www.asahi.com/articles/ASGB72SHFGB7UTIL006.html 2014年10月7日閲覧。 
  69. ^ “富士山登山、ヘルメット持参を 山梨知事、避難壕も検討”. デーリー東北. (2014年10月8日). オリジナルの2014年10月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141015223953/http://www.daily-tohoku.co.jp/news/m2014100801001437.html 2014年10月10日閲覧。 
  70. ^ 登山者の努力事項ご存知ですか?(制度PR資料)”. 内閣府. 2016年2月26日閲覧。
  71. ^ 避難確保計画の作成にご協力ください!(制度PR資料)”. 内閣府. 2016年2月26日閲覧。
  72. ^ a b c d 平凡社 2011, p. 268.
  73. ^ a b “登山前に「難易度評価」注意 遭難防止へ必ず確認を”. 『産経新聞』. (2017年8月8日). https://www.sankei.com/article/20170808-2Y2B76T2UZJ5PEI4BPC5VUPRF4/ 
  74. ^ 「強力 -富士登山案内人の軌跡─」展”. 富士宮市郷土資料館. 2018年7月2日閲覧。
  75. ^ ガイド協会とは”. 日本山岳ガイド協会. 2018年7月2日閲覧。
  76. ^ 全国山岳遭難対策協議会”. 日本スポーツ振興センター国立登山研修所. 2018年7月7日閲覧。
  77. ^ 登山道情報に関する協力協定を締結国土地理院(2017年12月12日発表)
  78. ^ a b c 登山”. 季語と歳時記-きごさい歳時記. 季語と歳時記の会 (2010年3月25日). 2018年2月25日閲覧。
  79. ^ 大辞泉[要文献特定詳細情報]
  80. ^ a b 夏の山(なつのやま) 三夏”. 季語と歳時記-きごさい歳時記. 季語と歳時記の会 (2011年2月5日). 2018年2月25日閲覧。
  81. ^ 大澤水牛 (2012年). “夏の山”. 水牛歳時記. NPO法人双牛舎. 2018年2月25日閲覧。



登頂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 16:16 UTC 版)

ブルジュ・ハリファ」の記事における「登頂」の解説

2011年3月28日フリークライマーアラン・ロベールブルジュ・ハリファ外壁登頂へ挑んだ尖塔先へ到達するまで6時間かけた彼はUAE安全法に従うため通常はフリーソロ・クライミング(英語版)を行うところをロープハーネス着用で臨む必要があった。

※この「登頂」の解説は、「ブルジュ・ハリファ」の解説の一部です。
「登頂」を含む「ブルジュ・ハリファ」の記事については、「ブルジュ・ハリファ」の概要を参照ください。


登頂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 01:34 UTC 版)

コジオスコ」の記事における「登頂」の解説

主たる登頂のルート二つあり、共に、登山容易である一つ目シャーロット峠を経由する方法で9 km歩くと山頂到着する1976年までローソン峠まで自動車にも道が開放されていて、山頂付近まで車で行くことができた。 二つ目スキーリゾートとしても知られるスレブドからも行く方法である。スレブドからは1930 m地点まで、リフト有料)が動いており、頂上までの距離も僅か6.5 kmに過ぎないリフト終点からは、植生保護するための木道或いは鉄網作られた道が整備されており、夏には美し花畑見ることができる

※この「登頂」の解説は、「コジオスコ」の解説の一部です。
「登頂」を含む「コジオスコ」の記事については、「コジオスコ」の概要を参照ください。


登頂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/22 03:23 UTC 版)

マンダラ山 (インドネシア)」の記事における「登頂」の解説

1959年9月9日オランダ探検隊マンダラ山初登頂した。

※この「登頂」の解説は、「マンダラ山 (インドネシア)」の解説の一部です。
「登頂」を含む「マンダラ山 (インドネシア)」の記事については、「マンダラ山 (インドネシア)」の概要を参照ください。


登頂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 01:00 UTC 版)

ピック・デュ・ミディ・ドソー」の記事における「登頂」の解説

1552年後にエール司教英語版)となるフランソワ・フォワ=カンダル率い登山隊によって初登頂なされたとされている真に登頂がなされたかどうか議論対象となっているが、1787年軍事測量者が登頂した際には、すでに山頂三角形ケアンがあったと指摘している。確実な記録として初登頂1979年10月2日記録されており、ギヨーム・デルフォーとその同伴者である羊飼いマチュー登頂した

※この「登頂」の解説は、「ピック・デュ・ミディ・ドソー」の解説の一部です。
「登頂」を含む「ピック・デュ・ミディ・ドソー」の記事については、「ピック・デュ・ミディ・ドソー」の概要を参照ください。


登頂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/21 21:32 UTC 版)

シドリー山」の記事における「登頂」の解説

シドリー山初登頂1990年1月11日ニュージーランド人ビル・アトキンソンよるもので、アメリカ合衆国南極プログラム科学調査隊の支援のもとで行われた

※この「登頂」の解説は、「シドリー山」の解説の一部です。
「登頂」を含む「シドリー山」の記事については、「シドリー山」の概要を参照ください。


登頂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/21 22:39 UTC 版)

イェルパハ」の記事における「登頂」の解説

アンデス山脈高峰の中でも最も登頂が困難な山の1つあるため、登頂に成功した人数僅かであるノーマルルート南西壁ルートで、通常ワラスから南へ向かい、チキアン(英語版)よりハワコチャ湖を経由してアプローチする初登頂1950年にデービッド・ハラーとジェームズ・マクスウェルによって成し遂げられ北側ピーク(イェルパハ・ノルテ)は1968年にグレイム・ディングル(英語版)とロジャー・ベイツによって達成された

※この「登頂」の解説は、「イェルパハ」の解説の一部です。
「登頂」を含む「イェルパハ」の記事については、「イェルパハ」の概要を参照ください。


登頂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/04 02:05 UTC 版)

2008年北京オリンピックのエベレスト登頂」の記事における「登頂」の解説

5月8日中国登山チームエベレストへの登頂に成功した合計36人聖火ランナー聖火リレー参加しそのうち12人が8,300メートルベースキャンプから登頂した。このリレーCCTV国営テレビで生中継され世界中で放映された。山頂ではオリンピックスローガンの旗が掲げられた。最初最後の聖火ランナーチベット人女性登山家だった。

※この「登頂」の解説は、「2008年北京オリンピックのエベレスト登頂」の解説の一部です。
「登頂」を含む「2008年北京オリンピックのエベレスト登頂」の記事については、「2008年北京オリンピックのエベレスト登頂」の概要を参照ください。


登頂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 21:01 UTC 版)

シュハラ山」の記事における「登頂」の解説

初登頂1888年、イギリス・スイス合同隊のU・アルマー、J・コッキン、C・ロス北東ルート成功させた。現在もこのルートは最も登りやすく、登山者も多いルートである。ベジンギの壁の完全横断1931年オーストリア隊のK・ポッピンガー、K・モルダン、S・シントルマイスターが初め成し遂げた

※この「登頂」の解説は、「シュハラ山」の解説の一部です。
「登頂」を含む「シュハラ山」の記事については、「シュハラ山」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「登頂」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「登頂」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

登頂のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



登頂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの登山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのブルジュ・ハリファ (改訂履歴)、コジオスコ (改訂履歴)、マンダラ山 (インドネシア) (改訂履歴)、ピック・デュ・ミディ・ドソー (改訂履歴)、シドリー山 (改訂履歴)、イェルパハ (改訂履歴)、2008年北京オリンピックのエベレスト登頂 (改訂履歴)、シュハラ山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS