エトナ火山とは? わかりやすく解説

エトナ火山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/22 14:17 UTC 版)

エトナ火山(エトナかざん、Etna)は、イタリア南部シチリア島の東部にある活火山。旧名をモンジベッロ (Mongibello) という。ヨーロッパ最大の活火山であり、独立した2つのチームがGPSを用いて2018年7月に行なった測定では標高は3,326m[1]であるが、活発な火山であるため標高の変化が早い。アルプスを除いたイタリアでは最も高い山である。山麓部の直径は140kmに及び、その面積は約1,190km2である。イタリアにある3つの活火山の内では飛び抜けて高く、2番目に高いヴェスヴィオ山の3倍近くもある。


  1. ^ a b イタリア語版it:Etna
  2. ^ 出典(火山麓扇状地): イタリアの火山とワイン - 京都大学鎌田浩毅、2017年2月閲覧
  3. ^ a b 出典 : エトナ火山 - 信州大学三宅研究室、2017年2月閲覧
  4. ^ 出典: ヨーロッパ火山紀行 第2章イタリア - 静岡大学 小山真人、2017年2月閲覧
  5. ^ 危険な火の山観光 シチリアでも死傷者 溶岩浴び46人死傷『朝日新聞』1979年(昭和54年)9月13日夕刊 3版 15面
  6. ^ “伊シチリア島のエトナ山噴火”. AFPBB News. (2015年12月5日). http://www.afpbb.com/articles/-/3069160 2015年12月6日閲覧。 
  7. ^ “イタリアのエトナ山噴火 間近でBBCが撮影中に”. BBC News Japan. (2017年3月17日). https://www.bbc.com/japanese/video-39300172 2019年1月8日閲覧。 
  8. ^ “伊エトナ山 噴火でM4.8「活断層に影響か」地割れや建物損壊 負傷者も…(動画)”. (2018年12月28日). https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/7/27773.html 2018年12月31日閲覧。 
  9. ^ “伊エトナ山、印ラジャスタンの砦群など世界遺産に登録”. AFPBB News. (2013年6月22日). http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2951846/10943945?ctm_campaign=txt_topics 2013年6月22日閲覧。 


「エトナ火山」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

エトナ火山のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エトナ火山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエトナ火山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS