ニフェジピンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 医薬品 > > 医薬品 > ニフェジピンの意味・解説 

ニフェジピン

分子式C17H18N2O6
その他の名称アダラート、ニフェジピン、プロカルジア、Adalat、Procardia、Nifedipine、1,4-Dihydro-2,6-dimethyl-4-(o-nitrophenyl)-3,5-pyridinedicarboxylic acid dimethyl、Oxcord、ニフェラート、ニフェジン、コルジピン、シチラート、Nifelat、Nifedin、Citilat、Cordipin、BAY-a-1040、BAY-1040、オクスコルド、2,6-Dimethyl-4-(o-nitrophenyl)-1,4-dihydropyridine-3,5-dicarboxylic acid dimethyl ester、1,4-Dihydro-2,6-dimethyl-4-(o-nitrophenyl)-3,5-pyridinedicarboxylic acid dimethyl ester、1,4-Dihydro-2,6-dimethyl-4-(2-nitrophenyl)-3,5-pyridinedicarboxylic acid dimethyl ester、Nifedipin、ニフェカルド、Nifecard、コリンファル、Corinfar、ニレーナ、Nirena、セパミット、2,6-Dimethyl-4α-(2-nitrophenyl)-1,4-dihydropyridine-3,5-dicarboxylic acid dimethyl ester、4-(2-Nitrophenyl)-2,6-dimethyl-1,4-dihydro-3,5-pyridinedicarboxylic acid dimethyl ester、Adalat-L、アダラートL、アダラートCR、2,6-Dimethyl-4-(2-nitrophenyl)-1,4-dihydro-3,5-pyridinedicarboxylic acid dimethyl ester、コリネールCR、Corinael CR、アタナール、Atanaal、アテネラート、Atenerate、アロトップL、Allotop L、アロニクスS、Alonix S、カサンミル、Casanmil、カルジオルフトL、Cardioluft L、キサラートL、Kisalart L、クノラミンL、Knoramin L、ケパクルL、Kepakuru-L、コバニフェートL、Kobanifate L、コバラート、Cobalat、コリネールL、Corinael L、コロジレート、Corodilate、シオペルミンL、Siopelmin-L、セパミット-R、Sepamit-R、Sepamit、ニフェスロー、Nifeslow、ニフェランタンCR、Nifelantern CRヘルラート、Herlat、ミルファジン、Milfadin、メノプリジンL、Menoprizin L、ラミタレート、Ramitalate、Adalat CR、アテネラートL、Atenerate-L、エマベリンL、Emaberin L、カサンミル-S、Casanmil-S、コバラートL、Cobalat L、トーワラートCR、Towarat CR、トーワラートL、Towarat L、ニフェジピンCRNifedipine CR、ニフェジピンL、Nifedipine L、ニフェラートL、Nifelat L、ニレーナL、Nirena L、ヘルラートL、Herlat L、ヘルラート-ミニ、Herlat-mini、ラミタレートL、Ramitalate L
体系名:2,6-ジメチル-4-(2-ニトロフェニル)-1,4-ジヒドロピリジン-3,5-ジカルボン酸ジメチル、4-(2-ニトロフェニル)-2,6-ジメチル-1,4-ジヒドロピリジン-3,5-ジカルボン酸ジメチル、2,6-ジメチル-1,4-ジヒドロ-4-(2-ニトロフェニル)ピリジン-3,5-ジカルボン酸ジメチル、1,4-ジヒドロ-2,6-ジメチル-4-[2-ニトロフェニル]ピリジン-3,5-ジカルボン酸ジメチル、1,4-ジヒドロ-2,6-ジメチル-4-(2-ニトロフェニル)ピリジン-3,5-ジカルボン酸ジメチル、2,6-ジメチル-4-(o-ニトロフェニル)-1,4-ジヒドロピリジン-3,5-ジカルボン酸ジメチル、1,4-ジヒドロ-2,6-ジメチル-4-(o-ニトロフェニル)-3,5-ピリジンジカルボン酸ジメチル、1,4-ジヒドロ-2,6-ジメチル-4-(2-ニトロフェニル)-3,5-ピリジンジカルボン酸ジメチル、2,6-ジメチル-4α-(2-ニトロフェニル)-1,4-ジヒドロピリジン-3,5-ジカルボン酸ジメチル、4-(2-ニトロフェニル)-2,6-ジメチル-1,4-ジヒドロ-3,5-ピリジンジカルボン酸ジメチル、2,6-ジメチル-4-(2-ニトロフェニル)-1,4-ジヒドロ-3,5-ピリジンジカルボン酸ジメチル


ニフェジピン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/29 05:24 UTC 版)

ニフェジピン (Nifedipine) は狭心症高血圧レイノー現象早産の際に用いられる血管拡張薬の一つである[1]ジヒドロピリジン英語版系のカルシウム拮抗薬に分類される[1]プリンツメタル狭心症英語版の治療に採用される。重症妊娠高血圧英語版の治療にも使用できる[1]。早期陣痛に使用するとステロイドをより長時間使用でき、児の肺の状態を改善し、母体を高度医療施設に搬送する時間を稼ぐ事ができる。速放軟カプセル剤[2]、徐放錠[3]、複合錠[4]がある。商品名アダラート。開発コードBAY a1040。


  1. ^ a b c d e Nifedipine”. The American Society of Health-System Pharmacists. 2015年12月19日閲覧。
  2. ^ a b c d アダラートカプセル5mg/アダラートカプセル10mg 添付文書” (2016年10月). 2016年11月5日閲覧。
  3. ^ a b c d アダラートL錠10mg/アダラートL錠20mg 添付文書” (2016年10月). 2016年11月5日閲覧。
  4. ^ a b c d アダラートCR錠10mg/アダラートCR錠20mg/アダラートCR錠40mg 添付文書” (2016年10月). 2016年11月5日閲覧。
  5. ^ Nifedipine Pregnancy and Breastfeeding Warnings”. 2015年12月25日閲覧。
  6. ^ アダラートの歴史”. バイエル. 2016年4月8日閲覧。
  7. ^ Corey, E.J. (2013). Drug discovery practices, processes, and perspectives. Hoboken, N.J.: John Wiley & Sons. p. 172. ISBN 9781118354469. https://books.google.ca/books?id=mIyxO5cLEAcC&pg=PA172 
  8. ^ 19th WHO Model List of Essential Medicines (April 2015)”. WHO (2015年4月). 2015年5月10日閲覧。
  9. ^ Hypertension: management of hypertension in adults in primary care. Clinical guideline CG34. National Institute for Health and Clinical Excellence (NICE), June 2006. Fulltext index. ISBN 1-86016-285-1.
  10. ^ Nifedipine for MAOI Hypertension? Reversing a Previous Recommendation”. Biological Therapies in Psychiatry (1997年3月). 2015年1月22日閲覧。
  11. ^ Grossman E, Messerli FH, Grodzicki T, Kowey P (1996). “Should a moratorium be placed on sublingual nifedipine capsules given for hypertensive emergencies and pseudoemergencies?”. JAMA 276 (16): 1328–31. doi:10.1001/jama.276.16.1328. PMID 8861992. 
  12. ^ Varon J, Marik PE (2003). “Clinical review: The management of hypertensive crises”. Critical care (London, England) 7 (5): 374–84. doi:10.1186/cc2351. PMC: 270718. PMID 12974970. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC270718/. 
  13. ^ Campagnolo, DI. “Autonomic Dysreflexia in Spinal Cord Injury”. eMedicine. 2011年7月14日閲覧。
  14. ^ King JF, Flenady VJ, Papatsonis DN, Dekker GA, Carbonne B (2003). Flenady, Vicki. ed. “Calcium channel blockers for inhibiting preterm labour”. Cochrane database of systematic reviews (Online) (1): CD002255. doi:10.1002/14651858.CD002255. PMID 12535434. 
  15. ^ Thompson AE, Pope JE (2005). “Calcium channel blockers for primary Raynaud's phenomenon: a meta-analysis”. Rheumatology (Oxford, England) 44 (2): 145–50. doi:10.1093/rheumatology/keh390. PMID 15546967. 
  16. ^ Ezri T, Susmallian S (2003). “Topical nifedipine vs. topical glyceryl trinitrate for treatment of chronic anal fissure”. Dis. Colon Rectum 46 (6): 805–8. doi:10.1007/s10350-004-6660-8. PMID 12794583. 
  17. ^ Ali, Mir Omar and Qazi, Samia (2007年9月19日). “Pulmonary Edema, High-Altitude”. eMedicine. 2007年11月25日閲覧。
  18. ^ “Morbidity and mortality in patients randomised to double-blind treatment with a long-acting calcium-channel blocker or diuretic in the International Nifedipine GITS study: Intervention as a Goal in Hypertension Treatment (INSIGHT)”. Lancet 356 (9227): 366–72. (2000). doi:10.1016/S0140-6736(00)02527-7. PMID 10972368. 
  19. ^ Poole-Wilson PA, Kirwan BA, Vokó Z, de Brouwer S, van Dalen FJ, Lubsen J (2006). “Safety of nifedipine GITS in stable angina: the ACTION trial”. Cardiovas Drugs Ther 20 (1): 45–54. doi:10.1007/s10557-006-6312-4. PMID 16552473. 
  20. ^ “Grapefruit juice-nifedipine interaction: possible involvement of several mechanisms”. Journal Clinical Pharm Ther 30 (2): 153–8. (2005). doi:10.1111/j.1365-2710.2004.00618.x. PMID 15811168. 
  21. ^ Nifediac package insert, TEVA Pharmaceuticals, Sellersville, Pennsylvania, August, 2009.
  22. ^ Baselt, Randall C. (2008). Disposition of Toxic Drugs and Chemicals in Man. Foster City, CA: Biomedical Publications. pp. 1108–1110. ISBN 0-9626523-7-7 
  23. ^ Luther, James M. (2014). “Is there a new dawn for selective mineralocorticoid receptor antagonism?”. Current Opinion in Nephrology and Hypertension 23 (5): 456–461. doi:10.1097/MNH.0000000000000051. ISSN 1062-4821. 
  24. ^ “[Pharmacology of 4-(2'-nitrophenyl)-2,6-dimethyl-1,4-dihydropyridine-3,5-dicarboxylic acid dimethyl ester (Nifedipine, BAY a 1040)]” (German). Arzneimittel-Forschung 22 (1): 1–14. (1972). PMID 4622472. 
  25. ^ Furberg CD, Psaty BM, Meyer JV (1995). “Nifedipine. Dose-related increase in mortality in patients with coronary heart disease”. Circulation 92 (5): 1326–31. doi:10.1161/01.cir.92.5.1326. PMID 7648682. 
  26. ^ Opie LH, Messerli FH (1995). “Nifedipine and mortality. Grave defects in the dossier”. Circulation 92 (5): 1068–73. doi:10.1161/01.cir.92.5.1068. PMID 7648646. 


「ニフェジピン」の続きの解説一覧

ニフェジピン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/04 05:33 UTC 版)

歯肉増殖症」の記事における「ニフェジピン」の解説

主に前歯歯肉乳頭発生し舌・口部へと進行していく。プラークコントロール良好であれば歯肉増殖抑えられる重度の場合歯肉切除術を行う。高血圧症狭心症治療薬であるカルシウム拮抗薬 ニフェジピンを服用する患者1520%発生する。ニフェジピンによる発生機序明らかにはなっていないが、歯肉溝のニフェジピン濃度血中それよりも高いことが関係していると考えられている。

※この「ニフェジピン」の解説は、「歯肉増殖症」の解説の一部です。
「ニフェジピン」を含む「歯肉増殖症」の記事については、「歯肉増殖症」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ニフェジピン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



ニフェジピンと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ニフェジピン」の関連用語

ニフェジピンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ニフェジピンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニフェジピン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの歯肉増殖症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS