とうちょうとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > とうちょうの意味・解説 

当庁

読み方:とうちょう

官庁などにおける一人称。こちらの庁。銀行が「当行」、学校が「当校」と言う場合同じく外部対す場合用いられる施設としての庁舎を指す場合は「当庁舎」とも言う。

登庁

読み方:とうちょう

官僚役人などが職場出勤すること。反対に仕事終えて帰ることは「退庁」と呼ばれる

とう‐ちょう〔タウテウ〕【唐朝】

読み方:とうちょう

唐の朝廷また、時代


とう‐ちょう〔‐チヤウ〕【登庁】

読み方:とうちょう

[名](スル)職員役所出勤すること。「定時に—する」「初—」⇔退庁


とう‐ちょう〔‐チヤウ〕【登頂】

読み方:とうちょう

[名](スル)山の頂上にのぼること。とちょう。「未登峰に—する」


とう‐ちょう〔タウチヤウ〕【盗聴】

読み方:とうちょう

[名](スル)他人会話などをぬすみぎきすること。「電話を—する」「—器」

「盗聴」に似た言葉

とう‐ちょう〔‐チヤウ〕【等張】

読み方:とうちょう

2種溶液浸透圧等しいこと。特に、血液原形質液と等し浸透圧をもつこと。「—液」


とう‐ちょう〔‐チヤウ〕【頭頂】

読み方:とうちょう

頭のいただき。頭のてっぺんずちょう


頭頂

読み方:とうちょう
【英】:Vertex

頭蓋中央部の最も高いところ。Vertex元来渦巻きの意であるが、二次的に天頂その他もろもろの最頂点意味するようになったVertical(垂直)はその形容詞である。

とうちょう

出典:『Wiktionary』 (2021/09/27 05:27 UTC 版)

同音異義語

とうちょう



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「とうちょう」の関連用語

1
唐朝 デジタル大辞泉
100% |||||

2
登頂 デジタル大辞泉
100% |||||

3
頭頂 デジタル大辞泉
100% |||||

4
顱頂骨 デジタル大辞泉
100% |||||

5
金銭出納帳 デジタル大辞泉
96% |||||

6
電磁波盗聴攻撃 デジタル大辞泉
96% |||||

7
頭頂葉連合野 デジタル大辞泉
96% |||||

8
90% |||||


10
78% |||||

とうちょうのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



とうちょうのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2024 船戸和弥のホームページ All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのとうちょう (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS